個別記事の管理2020-02-24 (Mon)


こんにちは、マサヤです。

お久しぶりです。
ご心配をお掛けいたしました。
皆様の温かいお言葉ありがとうございます。

インフルから完全復活しました。

チンチンの機能も、もう試しましたので大丈夫です。

今回は、その試し打ちの話を日記にしました。


それでは、どうぞ~


日記です・・・・

インフルエンザに掛かってしまいました。
しかし、予防接種を打っていたお陰か症状は意外に軽かったです。
仕事は、余裕を持って10日間ぐらいお休みを取っていました。
家で1人でず~っと寝ていたので、1週間を過ぎた頃には、股間がムラムラして来ます。

今日は平日で、インフルは治ったし、精子は溜まってるし・・・。
(よし、チンコが大丈夫か試し打ちを兼ねて、ミホさんにでも会うか。)
そう思った僕は、ミホさんに連絡します。

ミホさんも、暇だったらしく即OKの返事。
母と一緒に住んでいた時には、一度も会っていませんから半年以上ぶりです。

一宮のパチンコ屋の駐車場で待ち合わせします。
しばらくするとミホさんがやって来ます。
僕の車の隣に駐車します。
僕は、車から降りるとミホさんの車に乗り込みます。

「久しぶりですね、マサヤくん。」
「うん。そうだね。 寂しかった?」
「う~ん、どうかな。って、嘘。寂しかったわ。」
「素直じゃないなぁ。(笑)」
僕は、ミホさんに軽くキスします。

「さて、・・・今日は、久しぶりだし、、家に行こうよ。」
「えっ? 家? マサヤくんの?」
「違うよ。奥さんの家だよ。奥さんの家でハメたいんだよ。」
「え~っ、マジ~? 嘘でしょ?」
「嘘じゃないよ。マジだよ。」
突然の提案にミホさんは驚き、悩みます。

僕は、ミホさんの太ももに手を置き、内股を擦ります。
「イイじゃないの~、、奥さん。」
「・・・・。」
ミホさんが、ちょっと困った目で僕を見ます。
「今日は、奥さんの家じゃなきゃヤラないよ。ダメならこのまま帰る。」
「え~っ、、そんなぁ。」
ミホさんは、考え込みます。

「家には誰も居ないんでしょ。旦那さんは仕事だし、子供は学校でしょ?」
「そうだけど・・・、家かぁ。。」
「たっぷりサービスするから、ね、、良いでしょ?」
「もぅ~、・・・分かった。良いよっ。でも、散らかってるよ。」
「うん、良いよ。全然、気にしないよ。」
ミホさんは、車を走らせます。

本当は、ホテルでも良かったのですが、何か刺激が欲しくて。。
それに、ミホさんを完全に僕のモノにするには、コレしかないと思いまして。

僕は、ミホさんの家でハメれる事に股間が熱くなってきます。
15分ほどで、住宅街に入り、ミホさんの家に着きます。
立派な建売り?の住宅です。

「近所の目があるから、サッと入ってね。」
そう言いながら、ミホさんは車から降り、家の玄関の鍵を開けます。
僕は、車から降りると素早く家に入ります。
ミホさんも入り、玄関に鍵を掛けます。

僕は、リビングに入ると、部屋を見渡します。
「ここが、奥さんと家族の住む家かぁ~。」
壁には、お子さんが描いた絵がはってあったり、写真が飾ってあったり。
テレビに出てくるような、普通の家族の家のリビングって感じです。

「何か、ドキドキしちゃう。悪い事してるみたいで。」
ミホさんは、落ち着かない感じで立っています。
「ふふふ、悪い事してるんだよ。 あ、違う、、これからスルのか。」
僕は、ミホさんを抱き寄せるとキスをします。
「うふふ。」


ミホさんは、お茶を出してくれます。
一旦、リビングで一服です。
しかし、これからのプレイを考えただけで、胸が高鳴ります。
「普通の家族の家だね。」
「そうよぉ。普通よ。」
ミホさんは、ニコニコして答えます。

「これから、普通の家で、普通の奥さんにチンポを突っ込めれるかと思うと興奮するね。」
「え~、変な事言わないで。何か変態。」
「その変態が、好きなんだろ。」
僕は、ミホさんを抱き寄せ、キスをしながら胸を触ります。

「あっ、、ぁ、あぁ。。」
すぐに、熱い吐息を吐く、ミホさん。
「毎晩、ここで家族の団らんしてるんでしょ。旦那さんと子供と。」
「うん、、そ、そうだけど。」
僕は、手をスカートの中に入れ、パンスト越しにマンコを擦ります。

そして、ミホさんの耳元で囁きます。
「そんな場所で、今は、旦那以外の男に股間をイジられてる。」
「・・・・ぁ、、ぁぁぁ。」
「奥さん、もう、イヤらしい汁がパンスト越しに滲み出て来てるよ。」
ミホさんの股間は、パンティどころかパンストを超えて愛汁が染み出ています。

「ぁ~~、ぁぁ・・・・。」
「まだ、何もしてないのに。これから犯される事を想像して濡れてるの?」
「だ、だって・・・。」
僕は、股間のパンストを引きちぎります。
ビリビリッ、、ビリ~ッとパンストが破けます。
「あっ、あぁ~~ん。」

濡れたパンティには、マンコの形がくっきりと浮き出ています。
僕は、パンティをズラし、マンコを露わにします。
パンティにはベットリと愛汁が付いており、マンコもグチョグチョです。
「うぉ、、凄い、グチャグチャだよ。」
「いや~ん、恥ずかしい。」

僕は、恥ずかしがるミホさんを横目に、マンコにむしゃぶり付きます。
そして、愛汁を一気に啜り上げます。
ブチョ、、ズズズジュルルッッ。。
「あうっ、、あぁ、あぁん~~。」
ミホさんが、腰を浮かせます。
「あ~、美味しいっ。奥さんのマン汁、美味しいよ。」

僕はワザと大きな音を立て、マンコをシャブリ続けます。
「ああ、、スゴい、スゴいぃ、、スゴぉぉぃぃ。。マサヤく~ん、気持ちイイぃぃ~~。」
ミホさんは、大きな声で叫びます。
僕は、ミホさんが逝くまで、舐め続けます。

僕は、マン舐めでミホさんを逝かせた後、立ち上がります。
「交代だよ。舐めて。」
僕は、ズボンとパンツを脱いで、ソファに座ります。
ミホさんは、ヨロヨロと僕の前にしゃがみ込みます。

ガチガチに勃起し、そそり勃つ肉棒をミホさんは握ります。
「ぁぁ、す、すごぉい。大きくてカタ~ぁい。旦那とは、全然違う。」
ミホさんは、目を大きくして肉棒を見つめます。

「ほら、早く舐めて。」
「うん。」
ミホさんは、肉棒を咥えます。
ジュボジュボと咥えたり、ペロペロと裏筋を舐めたり。。
ミホさんなりに一生懸命舐めます。
「ねぇ、気持ち良い? マサヤくん。」
「うん、気持ち良いよ、奥さん。」
僕は、ミホさんの頭を撫でながら言います。
「最初の頃に比べると、格段に上手くなってるよ。」
「うふ。」

「チンポ、美味しい?」
「うん、美味しいっ。」
「チンポ舐めてて、マンコが疼いてくるかい?」
「・・・うん。」
「どうして疼くの?」
「えっ、、だってぇ~、これからこの大きなチンポが私の中に挿って来るかと思うと・・・。」
ミホさんは、お尻を左右に振りながら言います。

「ふふふ、欲しいの?」
「欲しいっ。だって、半年もお預けだったんだよ。欲しいわよ。」
「良いねえ、イヤらしい女になってきたね。」
僕は、ミホさんの口から肉棒を離します。

「じゃあ、挿れようか。」
「うん。」
僕もミホさんも、服を脱ぎ全裸になります。

「それじゃあ、寝室に案内して。」
「えっ?」
「ミホさんと旦那さんが寝てる部屋だよ。夫婦の寝室っ。」
「ど、、どうして? 寝室?」
ミホさんは、驚いた顔で訪ねます。

「どうしてって・・・、そこで抱くから興奮するんだよ。」
僕は、ミホさんを抱きながら囁きます。
「そこで奥さんを抱いて、旦那から奥さんを奪い、俺の女にするんだよ。」
「あぁ、、マサヤくん。
ミホさんは、トロんとした目で僕を見ます。

「2階なんだろ?」
「うん。」
ミホさんは、2階の夫婦の寝室に僕を導きます。

寝室に入ると、僕は厚手のカーテンを開け、白いレースのだけにします。
窓から陽が入り、部屋が明るくなります。
「さぁ、ベッドに上がって股を開きなよ。」
僕は、掛け布団をめくり、ミホさんを促します。
「ぅ、、うん。」
ミホさんは、少しためらいながらもベッドに上がり、脚を開きます。
脚の間のマンコは、ヌラヌラと光っています。

僕もベッドに上がると、ミホさんの脚の間に身体を入れます。
そして、肉棒を持ち、亀頭をマンコに当て擦ります。
「イヤらしいマンコだな。」
ヌチャヌチャという音と共に、ビラビラが亀頭に絡みます。
「あ~ん、、ねぇ、、早くぅ。」
「ん? 何が早くなの?」
「もぅ~、意地悪しないで。」
「ちゃんと言いなよ、奥さん。」
「早くチンポ挿れてっ。マサヤくんのチンポ挿れて~。」
奥さんは、自分から腰を押し付けてきます。

「仕方ないなぁ~。」
僕は、マンコめがけ腰を突き出します。
ヌプッと、底なし沼に沈むように肉棒がマンコに沈んでいきます。
「あぁ~~ん、キタキタぁぁ、、すごぉい、すごぉいっチンポぉ。」
ミホさんは、歓喜の声を上げます。

「どうだい、奥さん。」
「イイっ、、このチンポ、やっぱりイイっ。久しぶりのマサヤくんチンポっ。」
僕は、しばらくミホさんのマンコを味わうように腰を動かします。
ミホさんは、アエギ声を上げながら感じています。

久しぶりのミホさんのマンコを堪能すると。
(さて、そろそろ僕の女に仕上げますか・・・。)
僕は、心の中で思います。
今まで、ミホさんを自分好みに育てて来ましたが、ここで仕上げに掛かります。(笑)


僕は、ミホさんに命じます。
「バックでハメるから。尻突き出して。」
「う、うん。」
ミホさんは、言われた通り体勢を変え、デカ尻を突き出します。
僕は、手でパシッと、臀部を叩きます。
「エロいデカ尻だね、奥さん。」
「いや~ん。」
ミホさんは、嬉しそうにデカ尻を振ります。
僕は、デカ尻を前に興奮してきます。

「挿れるよっ、奥さん。」
興奮した僕は、勢いよく肉棒をマンコに突き刺すと、すぐに激しく腰を振ります。
「あ~ぁぁん、ぅぅ、、あんっ、、いぃ、、すごぉぃぃぃ。奥に突き刺さるぅぅ。」
「ぅぅ、気持ち良いよ、奥さん。 奥さんの膣壁がヌメってる。」
「あぁ、私も、私もっ、、気持ちイイいっ。」
奥さんは、ベッドに突っ伏したまま大きなアエギ声を上げます。

僕は、マンコを突きながら言います。
「奥さん、今頃、旦那さんは仕事してるよ。お子さんだって一生懸命勉強してるよ。」
「えっ・・・。」
「奥さんは、こんな事してて良いの? ねぇ?」
突然の事に、奥さんは戸惑います。

「ぁぁ、、・・・・ぃ、いぃ、、いいのっ。」
「ふふっ、昼前の明るい時間から、旦那さん以外の男のチンポ咥え込んで、、悪い女だね。」
「うぅ、、そんな風に言わないでぇ。」
ミホさんは、顔を左右に振りながら言います。

「じゃあさ~、ちゃんと謝りなよ。旦那さんとお子さんに。」
僕は、そう言いながらリビングらから持ってきた、写真立てをミホさんの顔の前に立て掛けます。
3人笑顔で写っている家族写真です。
「え~~、何でぇ。どうしてコレを。」
「下から持って来たんだよ。」
「ちょっ、と、、何、でっ、、ぅっ、あぅん、、ぁぁ、いぃっ。。」
僕は、マンコを深く突き上げます。

「優しそうな旦那さんじゃない。お子さんも可愛いのに。」
「・・・・・。」
「さぁ、謝りなよ。ちゃんと顔を見ながらっ。しないなら、止めて帰るよ。」
「そ、そんなぁ。ヒドいっ。」
「さぁ、奥さんっ。」
僕は、ミホさんの髪の毛を引っ張り、写真を見るように顔を上げさせます。

女性には背徳感を感じさせながらセックスすると、普通にスルよりも何倍も感じるという、マサヤ理論があります。(笑)

ミホさんは、顔を紅潮させ、たどたどしく言います。。
「ぁ、アナタ、、、サトシ(子供)ちゃん、、ご、ご免なさい。悪いお母さんでゴメンなさいぃ。」

同時に僕も、写真を見て思います。
(旦那さん、今ね、あなたの奥さんのマンコにチンコをぶち打ち込んでるよ。)と。
僕は、激しく興奮します。
デカ尻を両手で掴むと、肉棒を激しく打ち付けます。
「ぅぅ、、おぉぉ、、、奥さんっ。」
僕は、興奮し肉棒を乱暴に、メチャクチャにマンコを突き捲くります。
「あぁぁあああああ~~ぁ、、あん、あんっ、すごいっ、、すご、、イヤ、イヤ、、あ、、ぁぁぁ。。」
奥さんは、悲鳴にも似た声を上げます。

「そ、そんな、、乱暴に突かれたら、、私、、わたし・・・。」
「何なんだよ。」
「あ~~、ああ~~、ダメっ、、イヤっ、、感じる、感じちゃうぅぅ。」
僕は、パシ~ン、パシ~ンとお尻を叩きながら、マンコを突き続けます。
「このイヤらしい奥さんめ。マン汁をダラダラと垂れ流してっ、、尻穴もヒクヒクしてるぞっ。」
「あぁ~ん、、だって、だって~気持ちイイんだもん。オマンコ良いんだもん。」
僕もミホさんも興奮し、鼻息も荒く、声も大きくなります。

「旦那と子供に悪いと思いながら、そんな大きな声で感じまくって。」
「あぁ、ごめんなさい。でも、ダメなの、このチンポには勝てない。身体が、オマンコが求めちゃうぅ。」
「このチンポが、好きか?」
「す、好き、好きっ、大好きぃぃ。」
奥さんは、枕に顔を突っ伏しながら感じます。

僕は、腰の動きを止めることなく、マンコを突き続けます。
「ぁ、、ぁぁ、こ、壊れちゃう、、ぅぅぅ。」
「奥さん、俺、そろそろ逝くよ。」
「ぃ、ぃぃ、、イイよ。来てっ、来て。」
「じゃあ、ちゃんと言いなさい。旦那さんに。」
僕は、倒れてた写真立てを再び、ミホさんの顔の前に立てます。
「うぅ、な、なんて?」

「これから夫婦の寝室で、マサヤに中出しされ、マサヤの女になります。って、宣言するんだよ。」
「あ・・・ぁぁ。」
ミホさんは、僕の方を振り向きます。
目は潤み、顔は紅潮し、恍惚の表情に変わってます。
「さぁ早くっ、奥さん。」

ミホさんは、写真立てを両手でしっかりと掴みながら、写真の旦那さんに向かって言います。
「アナタ、、わ、私これから、ふ、夫婦の寝室で、、ぁぁ、、アナタと一緒に寝ているベッドでぇ。ぇぇ。」
ミホさんも、かなり興奮して声が上ずってます。
「マサヤくんに中出し、さ、されます。それで、マサヤくんの、ぉ、女になりますぅぅ。

結合部のパンパンパンという音が、ビチャビチャビチャに変わっています。
膣がギュぅぅと、肉棒を締め上げます。
「うぅぅ、締まるぅぅ。はぁはぁ、、奥さんっ。」
「あぁぁぁ、、もうダメぇぇ、、気持ち良すぎぃぃ、、頭がおかしくなっちゃうぅぅ。」
ミホさんは、頭を左右に振り乱します。
「ねぇ、逝って、逝って~、マサヤくん。早く中に出してぇぇぇ。女にしてよぉぉ。」
ミホさんは、外に聞こえるんじゃないかと思うくらい大声で叫びます。

「まだだよ、奥さん。あと1つ大事な事を旦那さんに伝えないと。」
「な、なに?」
僕は、奥さんの耳元で伝えます。

奥さんは、写真を握り締めながら、ジッと見つめます。
「さぁ、奥さん、しっかりと旦那さんに伝えて。。大きな声で。。早くしないと、俺、もう逝きそうだよ。早くっ。」
僕は、ず~っと腰を振り続けます。

奥さんは、快感の中、声を振り絞ります。
「ぁ、ぁ、アナタぁ、、これから、、何度も何度も、マサヤくんに、中出しさ、されるから・・・。」
ミホさんは、震える声で続けます。
「に、妊娠するかもっ。許してっ、アナタ!!」
ミホさんの身体が、痙攣します。
自分で言って、逝ってしまったのでしょう。

ミホさんは、写真を離すとシーツを掴みます。
「あ~~、、あ~~ぁぁ、、もぅダメっ、、ダメダメダメ、、変になっちゃうぅぅ。マサヤくん、、来てぇぇぇ。」
「ハァハァハァ、お、奥さんっ。」
僕は、ラストスパートを掛けます。

僕もミホさんも興奮は、最高潮です。
「奥さん、妊娠したら産むんだろ?ねぇ?」
「産むっ。マサヤくんの子供、産むわぁぁぁ。ぁ~ぁぁ、出してぇぇ、精子出してぇぇ。」
僕は、デカ尻を強く掴み、左右に広げます。
「奥さんっ、、逝くよ。」
「キテ、来て、、キテぇ~~~。奥に出してぇぇぇ~~~んん。」
「逝く!!!」
僕は、肉棒を押し込み、子宮を突き上げながら射精します。
何度も膣奥を突きながら、ドピュ、ドピュ、ドピュっと精子を発射します。
インフルで溜まった大量の精子を思いっきり吐き出します。
「あ~、気持ち良いぃぃっ。奥さ~~ん。」
僕は、あまりの気持ち良さに、大きな声を出しながら射精します。


「はぁはぁ、、はぁはぁ、。。 ぅぅ、奥さん。」
僕は、射精し終わるとゆっくりと肉棒を抜きます。
マンコから、ボタボタと精子がベッドに滴ります。

奥さんは、顔を枕に埋め、お尻を突き上げたまま動きません。
精子が出た後は膣口がパックリと口を広げています。

僕は、奥さんの横に寝転がります。

数分経っても奥さんは動きません。
「大丈夫、奥さん?」
「・・・だ、大丈夫、じゃない。。」
奥さんは、意識が朦朧とした感じです。

僕は、奥さんの体勢を戻すと、横に寝かせます。
僕と奥さんは、30分ぐらい横になります。

「あぁ、もう昼だ。何か軽く食べるのある? 奥さん。」
「ぅ、うん。もう少し待って、、身体が痺れて動かない。
「ふふふ、そんなに気持ち良かった?」
「良すぎて、身体が変になったわ。こんなの初めて。」

僕は、ミホさんの胸を揉みながら言います。
「もうこれで俺の女だから。毎回、中にしか出さないからね。」
「うん。」
「旦那とは、月2回なんでしょ。じゃあ、俺とは月4回はヤラせてよ。」
「うん。」
ミホさんは、淡々と返事をします。

ミホさんは、身体を起こすと、1階の台所に向かいます。
僕は、部屋を出て行くミホさんに声を掛けます。
「ねぇ~、昼飯食べたら、もう1回スル?」
「スルに決まってるでしょ。


昼食を食べた後、リビングでもう1発しました。
変態セックスで、ミホさんは完全に僕のモノに。
そして、僕のチンコも完全復活を遂げました。

終わり・・・・




追伸:
母が、女友達のブログのお手伝いをしています。
AVレビューのブログです。
まだ、始めたばかりで記事も少ないですが、良かったら訪問してあげて下さい。
マメに記事はUPされてます。
母は、コメントを欲しがっているようです。(笑)
冷やかしコメントして上げて下さい。
  ↓
今夜のオカズ




コロナが流行っているので外出は控えめに。
家で、奥様方とHな話をしましょう。

マダムとおしゃべり館

母子相姦ごっこで、オナニーも出来ます。


AV動画を見るなら「SOKMIL」

AV動画 ソクミル

レンタル屋に行かなくてもいつでも見れる。




この記事に問題がある場合は、
bosihkannote@gmail.com
まで、ご連絡下さい。

* Category : 未分類
* Comment : (8) * Trackback : (-) |

* by ダメダメボーイ
復活おめでとうございます
ところで「秘密の部屋」のキーワードは変更になったのですかね?
マサヤさんがインフルになった辺りから全くINできなくなりました

悪化しなくてなにより! * by ナオ
ナイスな展開の姫初めでしたね!笑

サトミさんとやりとりできたので感謝感激雨霰興奮MAXです!ありがとう!

いいっすね * by ひまわり
こういうNTRいいですね、しかも種付けはいい!!
孕ませて育てるって最高すぎ!

* by taka
マサヤ君のブログとサトミさんのブログと
楽しみが増えましたー!

回復おめでとうございます。 * by イマサン
お母さんと過ごした続きをお願いします。
次のお子さんはできたのですかね?

* by かず
旦那やお子さんに謝罪させながら後ろからガン突きすることほど燃えるものはありません。
まさに寝取りの醍醐味ですよね。
俺の子を産めと誓わせての中出しは背徳感と征服感で快感倍増だろうなぁ。やり損ねた…😅

快気おめでとう * by ガッツ利松
元気になってなにより

次は、前回の正月のお話し、続きをお願いします
結局、サトミさんとの「姫初め」はどうなっちゃったの❔

* by デル・トロ
完全復活おめでとうございます。
寝取りの種付けも燃えますね😍
新型コロナも流行してますので、サトミさん、お子様も含めて体調に留意してください。
日記の更新楽しみしています。