個別記事の管理2009-10-18 (Sun)
20091018


続きです・・・・

それは、クミコも同じで、ビックリした表情で、僕を見ています。

「ちょ、ちょっと~!! お兄ぃ~!! 早く扉を閉めてよ。
妹は、脱いだ服で胸辺りを隠します。
「あ、ああ、ご、ゴメンっ。」
僕は、妹に言われて我に返り、急いで扉を閉めました。

僕は、慌てて自分の部屋に戻ります。
突然の出来事に、心臓がバクバクしています。
僕は、以前から言ってますように、妹にはまったく興味がありません。

しかし、ピンクのブラとパンティ姿の妹は、思ってたよりもスタイルが良く、ちょっとビックリしました。
知らないうちに、大人の女性になってた。と、いう感じです。
意外な事実に、ちょっとビックリです。

しばらくして、シャワーから出たクミコが、部屋のドアをノックしました。
「お兄ちゃん、開けて良い?」
「あぁ、イイよ。。」
風呂上りの妹が、ドアを開けます。

「クミ、さっきは、ゴメンな。居るって思わなかったから・・・。」
「う、うん。。イイけど・・・。」
妹は、ちょっと恥ずかしそうな顔をします。
「お兄ちゃんこそ、さっきはドコに居たの? 部屋には居なかったし・・・。」
「え。。あ、あぁ、、あの~、わ、和室で、寝てたんだ。。。あそこ。畳だから気持ちが良いだろ。」
僕は、しどろもどろで答えます。
母の寝室で寝てた。なんて、口が裂けても言えません。

「ふぅ~ん。そうなの。。ところで、お兄ちゃんは、今日どっか出て行くの?」
「いや。別に出て行く用事は無いよ。クミは?」
「私? 私は、これから遊びに行くよ。合コンがあるんだ。へへへっ。」
「合コン? お前、彼氏居るんじゃないの?」
「居るけど・・・。付き合いだよ。(笑)イイのイイの。。。」
そう言うと、妹は、自分の部屋に戻って行きました。

しばらくして、妹が、出かけて行きました。
僕は、ムラムラしてきて、オナニーを始めました。
ベッドに横になり、さっき見た妹の下着姿を思い出します。
ウエストがキュッと締まってて、胸の大きさは普通だと思いますが、谷間はありました。
若い女性の身体は、色気が無いので、今までは、興味が無かったのですが・・・。
もちろん、妹をオナニーのオカズにした事なんて一度もありません。

僕は、トランクスから肉棒を引っ張り出すと、手でシゴキ始めます。
(クミ・・・、結構良い身体してたなぁ~。。クミとHしたらどんな感じなのかなぁ~。)
色々と想像しながら、肉棒をシゴキます。
気分が高まってきて、興奮が止まりません。

僕は、肉棒を握り締めたまま、自分の部屋を出て、妹の部屋に入ります。
妹の部屋は、良い匂いがします。
僕は、何を血迷ったのか、タンスを開けて下着がないか探します。

(おっ!!
下から2番目の引き出しに、色とりどりの下着が、綺麗にたたんで(丸めて)並んでました。
僕は、興奮してきて、その中の薄青色のパンティを取り出します。
(クミは、こんな下着を履いているのか・・・。)
そう考えながら、その下着を肉棒に巻き、シゴキ続けます。
母にも、妹にだけは手を出すなと言われていますが、どんどん想像が膨らんで興奮してしまいます。
妹のパンティは、僕の我慢汁でベトベトになっていきます。

ガチャっ!!
その時、玄関の開く音が聞こえました。
「ただいまぁ~」
母の声です。

(あぁ、ヤバイっ。。)
僕は、慌てて自分の部屋に戻ります。
そして、母が僕の部屋の前を通るのを待ちます。

母が、僕の部屋の前を通った時、僕は、母の手を掴み部屋に引っ張り込みます。
「キャッ。。。あっ、ま、マサヤ。。。ど、どうしたの?」
僕は、何も言わず、母に、机に手をつかせると、後ろからスカートを捲り上げます。
母は、タイトスカートを履いていて、下は黒のストッキングと、黒のパンティです。
僕は、しゃがみ込んで、母の股間に顔を埋めます。
そして、パンスト越しにマンコの匂いを嗅ぎます。
「あぁ、ま、マサヤ。。。ちょ、ちょっと・・・・。」
母は、突然の事で、アタフタしています。

母は、外出していたせいか、マンコが蒸れてイヤらしい匂いがします。
僕は、パンストの股間部分を破ります。
「あぁっ、ま、マサヤっ。」
パンティの上からマンコを押すと、ズブッと、マンコに指が沈みます。

僕は、立ち上がると、パンティをずらしてマンコに肉棒を無理矢理挿入します。
「ああ、そ、そんな、乱暴な・・・。マサヤっ。。」
「お母さん、良いだろ。。僕、今すぐ突っ込みたいんだよ。。」
僕は、あまり濡れていないマンコに肉棒を押し込みます。
「あっ、い、イタッ。。。あぁ、ど、どうしたの? マサヤ・・・。」
「イイから、黙ってマンコを使わせてっ。。。」
「うぅ、乱暴にしないで・・・っ。」
「分かったから、お尻を突き出してっ。。。

母は、僕の机に伏せたまま、お尻を突き出した格好です。
もちろん服は着たままで、スカートを捲られ、パンストに穴を開け、パンティをズラして肉棒を突っ込まれています。
母にしたら、何が何だか分からない内に、肉棒を突っ込まれてる。って、感じです。

僕は、バックから、お尻を掴んで突きまくります。
母のマンコからは、すぐに愛汁が溢れてきます。
「あぁ、マサヤ。。。マサヤ。。あぁ。。。こ、こんな・・・。」
「あぁ~、、、気もちイイっ。。。あぁ~、(クミっ)。。。
僕は、目を閉じて、妹の下着姿を思い出します。
心の中で、妹の名前を叫びます。
ダメだと分かっていても、もう止まりません。

夢中で、腰を振ります。
僕は、母と繋がっている部分を見ます。
母のマンコからは愛汁が、フトモモを伝って滴っています。
(あぁ、クミのマンコもこんな感じなのかな。。濡れ易いのかな。。どんな形をしてるのかな。。)
などと、想像しながら腰を振ります。

そんな想像をしていたら、興奮し過ぎて逝きそうになって来ました。
「あ・・・・、い、逝きそうだよ。」
「ああぁん。。。もう逝っちゃうの? ねぇ、マサヤ。。。もう出るの?」
「う、うんっ。。」
「あ~ん。まだ、ダメっ。。我慢して。。もっと突いて欲しい・・・。」
母は、お尻を左右に振っておねだりします。

「あ~、もうダメ。。。出るよ。。。」
「イヤッ。。。マサヤ。」
僕は、そう言うと、母のマンコに思いっきり射精します。
「逝くッ!!」
「あぁ、ま、マサヤ~っ。」
母のマンコが、小刻みに痙攣して、肉棒から精子を絞り取ります。

僕は、マンコから肉棒を引き抜きます。
するとマンコから、ボタボタと精子が滴り落ちます。

「ハァ、ハァ。。。お母さん、お口でキレイにしてよ。」
そのまま、母をしゃがませて、肉棒をお口で掃除させます。
母は、頬っぺたを凹ませて、肉棒を吸い上げます。
「あ~ぁ、気持ち良かった。。」
「も~う、マサヤったら・・・。自分だけ、気持ち良くなって・・・。」

母は、股間にティシュをあてて、浴室に向かいました。
僕は、床に落ちた精子をティシュで拭きます。
何か、変な罪悪感と、虚しさが襲ってきました。

でも、僕は、この日から妹を変に意識するようになってしまいました。


* Category : 未分類
* Comment : (21) * Trackback : (0) * |

No title * by K.Y
だいぶ話しずれるけど妹との絡みもっと読みたいです!

No title * by マサヤ
MELONさん コメ感謝です^^ クミの前で、するのも興奮しそうですね。 現実的には、ちょっと・・・。 セイイチさん コメ感謝です^^ 下着は、そのまま忘れました。。 大失敗です。 マラこんさん コメ感謝です^^ これからも応援して下さい。 ヒロさん コメ感謝です^^ 妹とは・・・、中々出来ませんよ。 チュウバッカさん コメ感謝です^^ 何かイイ方法ないですか。(笑) 弟子さん コメ感謝です^^ 色々と想像されるのは、良いですが・・・。 現実は、厳しいです。 ひーさん コメ感謝です^^ お婆マニアですね。(笑)

No title * by マサヤ
慶治さん コメ感謝です^^ 本日、更新しました。 ママこんさん コメ感謝です^^ 確かに、年上の女性は大好きですよ。 もりもりさん コメ感謝です^^ さすがに、4Pは無理な気がします。 茶トランさん コメ感謝です^^ クミとは、Hしたいなぁ。と、この時点では思っていました・・・。 BUNさん コメ感謝です^^ これからも応援してください。 KTさん コメ感謝です^^ ストーリー通り行かないのが、現実です。(笑) EJさん コメ感謝です^^ この時は、母に悪いと思いながらも、止められませんでした。 岩田さん コメ感謝です^^ 通りすがりさんが、言ってないので、代わりに僕が。。 「GJ」(笑)

No title * by ひー
ま、母親、叔母、父ときたら妹だすしかないわなぁ。次はおばぁちゃんとか意外な方向に

No title * by 慶治
更新まだですか

No title * by 弟子
熟女好きでも妹がオカズになるのかなぁ?今回はちょっとつまらん、叔母さんの旦那が復習に燃えてまさやの母や妹を奴隷にしていくってのはどーだ?

No title * by チュウバッカ
ついに来ちゃった 妹クミちゃん やはり そしらぬふりして?風呂場で!あっみたいな…楽しみにしてます

No title * by ヒロ
ついにキター、妹との近親相姦予感!! たまらん。早くやってくれー

No title * by マラこん
ナイス岩田 エガちゃん かと 思ったぜ

No title * by セイイチ
今回の内容も息子が、 おっきくなりっぱなしの内容です!! 思わず、読みながら、 しごいてしまいそうな・・・ww 下着をその後どうしたのか、 すごく気になります!! ついに、妹とも、エッチする日が、 来るのですか?? ワクワクが止まりません!! あと、 無理やり犯すところも、 なんとも言えない興奮が!! 最高です!!! 次回が楽しみ!!

No title * by KT
妹とやっても興奮しないな。 母親を奴隷にして妹と絡むように命令する。 絡み始めた二人の部屋に偶然を装い混入。 そして3Pへ。 こんなストーリーでどうだ?

No title * by MELON
クミちゃん超危うし(笑)。個人的にはお母さんとのプレイの進展に興味がありますが、そこにどうクミちゃんが絡んでくるのか…。クミちゃんの前で見せつけ母子セックスする展開もあり? やばい感じでいいです。

No title * by 岩田
マサ――――!!!!!! 最高だぜ!!!!!!!!! マサ!!! しかし、 一言、言わせておくれよマサ… なぁマサよ。 お前どんだけ家族好きなんだよ―――――――――――――――――!!!!!!!!!!!!!!!!!! (↑前からこの台詞、言ってみたかっただけの岩田さんであった(笑)) ついに妹編に突入か~。 思い切ったストーリー展開ではあるが、 妹に行く前に 新キャラを登場させてもう少し掻き回してもよかったかもな☆ でもマサの事だ! 凄まじい展開待ってるぜ!!! マサは変態野郎だが、 愛してるよ。 でもなマサ、 家族四人でスワップナイトって展開だけは なしな!!! その時は 仏の岩田が重い腰を上げるぜ! これからも身体に気を付けて更新してくれな! 風邪にだけは気をつけろよ! 楽しみに待ってるよ☆

No title * by EJ
まさやさん!熱いなあ~! 妹への熱い勃起を母にぶつけられる。しかも強引さが興奮です。 妹はまさやさんの中で女として意識するわけですな。熱いなあ~。 お母さんもさぞ気持ちよかっただろうね!今後の展開に期待です!

No title * by KT
妹とやっても

No title * by BUN
ワクワクドキドキしながら今回も読まさせて貰いました。 次回も楽しみにしてます。 しかし、羨ましい

No title * by 通りすがり
岩田!! なんか言ってやれ!笑

No title * by 茶トラン
妹のクミさんを女として意識してしまったんだね。 今後クミさんとも関係を持ってしまうのかな? まさかお父さんとお母さんがいない隙にクミさんを襲ってしまうような展開になるのかな ?

No title * by もりもり
いつも楽しみに拝見してます。 妹に刺激され、母を思うがままに中出ししてしまうのに興奮してしまいました。 親子4Pに発展しないかドキドキしてしまいます。 今後の更新楽しみに待ちます。 私も参加したい笑。

No title * by ママこん
まさやさん すごいなあ。すごい展開してきたね。年上の魅力の方がいいと思うよ(^_^;)

No title * by 慶治
久美ちゃんとやる日は近いねたのしみにしてます

コメント







管理者にだけ表示を許可する