個別記事の管理2023-01-07 (Sat)


こんにちは、マサヤです。

少し遅くなりましたが・・・、

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

長い間、お休みを頂きました。
ちょっと入院していまして・・・。
申し訳ありませんでした。

セックスのヤリ過ぎです。(笑)


さて、色々と話したい事はあるのですが、まずは日記から。


日記です。


寒くなり始めた頃・・・・

朝起きたら、体に異常な倦怠感が。
胃の裏辺りに痛いような重い感じがあり、熱が39℃もあります。
コロナに感染したのかなと思い、病院に行きます。

コロナ抗原検査は陰性、その後血液検査・・・、炎症反応有り、白血球が増加。
さらに検査。
なぁ~んと、腎臓が炎症を起こしていたようです。
即、入院。。
安静にして、点滴を受ける日々が始まりました。

初日は、母が心配して来てくれましたが、それ以降はコロナ感染の可能性があるので、控えるように言われます。
僕は、入院後はウンウンと唸っていましたが、4日目ぐらいから少し楽になってきます。
病室でジッとしているのも退屈に感じ始めます。


検診に来る看護師さんを見てると、誰かれ構わずナゼだかムラムラしてきます。(笑)
この病院の看護師さんはスカートではなくズボンですが、ズボンの方がお尻にピッタリしてエロさを感じます。

暇なので、数人のハメ友の人妻に退院したらセックスしようと、連絡しまくります。
すると人妻の中には、ふざけて自撮りでマンコの画像を送ってきたり、オナニー動画を送り付けてくる輩も。
僕が、動けないのを知ってて送って来るのです。
そんな僕は、余計にムラムラしてしまいます。

入院は、3~4週間と言われており、意外に長いです。

2週間ぐらい経った昼間に母が見舞いに来ました。

「マサヤ、どう? 調子は?」
久しぶりに母の笑顔を見ると心が安らぎます。
「うん、大分良くなった。まだ少し数値が高いから退院は少し先みたいだけどね。」
「そう。 まぁ、最近忙しかったみたいだから、これで少しゆっくりした方が良いわよ。」
「うん、ありがと。」

チビも元気で学校に行ってる様ですし、母も元気なので安心します。
しばらく母と雑談します。

母が僕の着替えなどを棚に入れようとして屈んだ瞬間、母の胸元から谷間が見えます。
赤のレースっぽいブラです。
今日の母は、厚手のワンピースを着て来ています。

当然の事ながら、僕の肉棒がピクッと反応します。
僕は、母の腕を引っ張り、母を近くに寄せます。
「ねぇ、お母さん、ちょっとで良いからシャブってよ。」
「えっ! ナニ言ってるの。」
「少しで良いからさ~、このままだと看護師さんを襲っちゃいそうだよ。」
僕は、哀れな子犬のような目で母に哀願します。(笑)

「でも、、看護師さんが来たらどうするの?」
「大丈夫だよ。さっき来たから、もう夕方まで来ないから。」
僕は、そう言いながらパジャマのズボンを下げます。
ビンビンに勃起した肉棒が、跳ね出ます。
「あら? 凄いじゃない。(笑)」
母は、僕の肉棒を見てニヤけます。

母は、僕の肉棒に手を伸ばし、握りしめます。
「あぁ、ガチガチね。凄く熱いし・・・、玉もパンパンで精子が溜まってるわね。」
「でしょ。もう2週間も出してないんだよ。(涙)」
「ははは、マサヤにしては溜めてるわねぇ~。(笑)」
そう言いながら、母は外から見えないように部屋のカーテンを閉めます。

「仕方ないわね。少しだけよ。」
母は、僕の肉棒を握りしめ、ネットリと僕の肉棒に舌を這わせます。
「うぅ、、しょっぱいわね。臭いし。 ちょっと拭くわよ。」
母は、除菌用のウエットテッシュで僕の肉棒を拭き出します。
「ああ、ごめん。洗って無いから。(汗)」
母は、カリの部分等を丁寧に拭いた後、再び舐め始めます。

母が、亀頭を口に含んだ瞬間、、全身に電気が走ったように快感が襲います。
「あぁ、、ぉ、お母さん。。気持ち良いよ。ぁぁ。」
久しぶりに感じる、亀頭を包み込む暖かい快感。
温かくネットリとした舌が、肉棒を這い回わります。

母は、ジュボジュボと肉棒をシゴキます。
時々、肉棒の根元から先端まで、ベロ~んと舌を這わせ、尿道をチロチロします。
「あぁ~、最高。幸せ~。。」
僕は、母の舌技を堪能します。

「ふふふ、今日は、舐める度にビクビクして可愛いわね。」
母は、僕の方を見ながらニヤケています。
「だから~、溜まってるからだって。」
「我慢汁も、ダラダラ溢れてくるわ。」
母は、尿道口の我慢汁をチュ~チュ~啜りながら言います。

僕は、母の胸元から手を突っ込み、乳首を摘みます。
「あぁ~ん、ダメよぉ。」
「少しだけ良いじゃん。」
僕は、勃起した母の乳首をコリコリと指で転がします。

そのうち、乳首だけでは我慢できなくなった僕は、母のワンピースの裾から手を中に突っ込みます。
そして、お尻を撫で、股間を指で擦ります。
「マサヤぁ~。」
「お母さん、ココ凄く熱くなってるよ。」
「もぅ~、仕方ないでしょ。」
「何だかんだ言いながら、僕のチンポ舐めながら股間を濡らしてるよね。お母さん。」

僕は、母のワンピの裾を捲り上げます。
「うわっ、イヤらしい下着履いてるやん。」
母は、赤のレースの下着を履いており、パンストでピッタリとお尻に密着しています。
母は、お尻をモジモジさせます。
「こんなイヤらしい下着履いて、ドコか行く予定だったの?」
「えっ、ど、ドコにも行かないわよ。」
母は、少しうわずった声で答えます。

(何か怪しいなぁ・・・。まぁ、良いか。)
僕は、そう思いながらも母の尻を撫で回します。
パンストの感触、そしてマンコ部分の熱く湿った感触が堪らなく良いです。

僕は、我慢できなくなり、母の口から肉棒を抜き、ベッドを降ります。
母の後ろに回り込み、パンストとパンティを同時に下げます。
「あんっ、、何するの? マサヤぁ~、ダメよぉ。」
僕は、しゃがみ込み、両手で母のマンコを拡げます。
ムわぁ~とマンコから熱気が伝わります。

「もぅ、ジュクジュクじゃん。」
僕は、母のマンコに吸い付きます。
「あうっ。」
母が、身体をピクつかせます。

「お母さん、声は我慢してね。外に聞こえちゃうよ。」
「ぁぁ、、あ、、あぁ、、うっ・・・。」
母は、声を堪えながら、お尻を突き出します。

僕は、夢中でマンコを吸い尽くします。
ジュルジュル、、チュ~チュ~。
「う、ぐぅ、、ま、マサヤぁ、、だ、ダメっ、、ダメよぉ。」
「ダメって・・・、こんな熟マン見せられて、我慢できるはず無いでしょ。」
僕は、立ち上がりながらパンツを脱ぎます。
母の唾液が乾ききってない、肉棒がギンギンに勃起しています。

「挿れるよ、お母さん。」
「だ、ダメよ。マサヤ。」
母は、マンコを手で塞ぎます。

「どうして? この後、誰かのチンポを挿れる予定でもあるの?」
「ば、バカっ。な、無いわよ。」
母は、僕の方を振り向きながら言います。

「マサヤ、ヤリ過ぎたから体調を崩したんでしょ? また腎臓に負担が掛かるじゃない。」
「少しぐらい、大丈夫だよ。それに、明後日から大部屋に移動だから、今ヤラないと暫く出来ないから。」
「そういう問題じゃないわよ。まだ、数値も高いでしょ?」
「大丈夫だって。軽く挿れるだけ、ちょっとだけだから。」
僕は、肉棒をマンコに押し当てます。

「もぅ~、無理しないで、少しだけよ。ね?」
「分かったよ。少しコスるだけね。」
僕は、母のマンコに肉棒を押し込みます。

「ぐぉぉぉ、、ぅぅぅ、ぉ、お母さんっ。」
僕は、あまりの快感に声が出てしまいます。
(うぉぉぉぉぉ、久しぶりの膣肉の感触、、凄いよ、、サイコ~。)

僕の肉棒に、ネットリと母の膣肉が絡み付きます。
「あぁ、ぁ~、うぅ、、そ、そんな一気に奥に突っ込まないでぇぇ。」
母は、身体をのけ反らしながら喘ぎます。

クチャクチャ、ヌチャヌチャと音が病室に響きます。
母は、ベッドの手すりを握り締めながら声を我慢しています。
僕は、パンパンと規則正しく腰を振り、快感に浸ります。
時折、腰を回転させ、肉棒で膣内をこねくり回します。

「ま、マサヤ、早く逝きなさい。看護師さんが来ちゃうわよ。」
「大丈夫だよ、しばらく来ないよ。久しぶりのマンコだから、もっと味わいたいよ。」
僕は、ワンピの上から母の乳房を揉みながら、マンコを突きます。

僕の勃起肉棒が、母の熟肉壺を掻き混ぜます。
「ぐぅぅ、イィ、、良いけどダメぇぇ、もう逝って、ねぇ、逝ってぇぇ、マサヤぁ」
「あぁ、、チンポが蕩けるよぉ、お母さん。本気セックスしたくなっちゃった。」

「退院したら、イッパイ出来るでしょ。 は、早くぅ。」
「分かったよ、お母さん。じゃぁ、出すからね。」
「あぁ、出して、、イッパイ出してぇ。」
僕は、母の腰を掴み、スパートを掛けます。

パンパン、パパパパン、軽快な音が病室に鳴り響きます。
「ぐ、ぐ、ぅぅ、ぃ、ぐぅぅ、ぅ。ま、マサヤぁぁ、、ぅぅ。」
「お、お母さん、逝くよ。」
僕は、母の腰を引き付け、肉棒を奥に突っ込みます。
と、同時にドプドプと精子を母の膣奥に吐き出します。

「あ~~ぁぁ、ぁぅ、、ぐぅぅぅ、ぁぁ。」
母は、身体をのけ反らします。
「あ、熱い、、奥に出てるぅぅ。マサヤぁ。」
母は、お尻と身体をビクンビクンさせています。

僕は、何度も肉棒を痙攣させながら、精子を母の子宮に放出し続けます。

「はぁ、ハァハァ、、いっぱい出たなぁ。」
僕は、ゆっくりと肉棒をマンコから抜きます。
ボタボタ、ボタボタ・・・、精子が勢いよく滴ります。

マンコから流れ出た精子は、床と母のパンティに滴ります。
「あ~あ~、お母さんの下着とパンストに精子が付いちゃったよ。」
「ハァハァ、、もぅ~、嫌ねぇ。出し過ぎよ。(笑)」
母は、どれだけ出すんだ。って顔で僕を見ます。

僕は、テッシュで肉棒とマンコを拭きます。
落ち着くと、僕は、パジャマを履くと、ベッドに戻ります。
母も身を整えます。
母は、ストッキングは脱いで、パンティだけ履きます。
「パンストは、脱いで帰るわ。」
「うん、その方が良いね。」
パンストにベットリと精子が付いていますから・・・。

母は、ベッドに横たわる僕の手を握ります。
「マサヤ、、気持ち良かった?」
「うん。最高に気持ち良かったよ、お母さん。」
母は、ちょっと照れた表情をします。

「早く治して、早く退院しなさいよ。」
「うん、分かったよ。あつ、1週間ぐらいで出れるよ、、、たぶん。」
「これだけじゃ足りないから・・・。もっと激しくして欲しいから、、ね。」
「ははは、そういう事ね。了解です、お母さん。」
母は、お尻をモジモジさせながら帰って行きました。

その約1週間後、僕は退院出来ました。


終わり・・・・

動画は、第2の大型新人の投稿動画がありまして・・・。
動画をUPしたのですが、最近FC2の悪い所が出まして、理由も分からず「凍結」されてしまいました。
まったく困ったもんです。
現在何とか公開できるようにしてますので、もうしばらくお待ちください。


それと・・・、
お年玉を、用意したのですが・・・。
ちょっと訳ありでして、検討しています。


今年もアダルト業界を取り巻く状況は厳しそうです。
昨年も、多くの逮捕者が出ましたしね。


そんな中でも、皆さんに楽しんで頂けるように頑張ります。
エロの火を消さないように ご協力もお願い致します。

今年もよろしくお願い致します。


マサヤより。。
* Category : 未分類
* Comment : (11) * Trackback : (-) |

* by ほんとうに、ありがとうございます。
こんにちは。外国であなたの投稿を楽しんでいる購読者です。あなたとお母さんの映像をもっと見たいです。あなたの投稿に本当にたくさんの喜びを感じています。 ほんとうに、ありがとうございます。 あなたのお母さんの映像をもっと見たいです。

* by 名無しさん
저는 당신의 투고를 구독하는 외국인입니다. 당신의 과거의 영상도 보고 싶습니다.

* by はや
ご自愛ください!動画も待ってます!

病室 * by ワタル
明けましておめでとうございます

ゆっくり精気を養って下さい

又サトミさんに放出した動画待ってます

写真は日記の病室ですか?

最高なシチュエーションです

お大事にして下さい

* by taka
何と!入院とは!
お身体ご自愛ください!

もう初期の頃の大学生マサヤ君とは
違いますからね笑
やりすぎは良いとして笑
メンテナンスもしないとですね!

* by 名無しさん
あけましておめでとうございます!
入院されてたのですね?
大丈夫ですか?

あまり無理なさらないように

* by エンリケ
あけましておめでとうございます。
体調はいかがですか?無理のないよう、まずは体優先で活動してくださいね。
今年も、楽しみにしています。

明けましておめでとうございます。 * by サトミさんとヒロミさんのファン
明けましておめでとうございます。
腎臓の炎症とは大変でしたね。
ご無理なきように。
いろいろな投稿者さんの動画が増えて愉しませて頂いておりますが、デカマラチョさん、その後の種付けはどうだっんですかね? とても気になります。
マサヤさんみたいに、ボテ腹母やボテ腹義姉との情交を拝見させて下さるのは、視聴している我々としても良いものを観させて頂いている感があります。
今後もお励み下さい(笑)。


* by デルトロ
体調崩されていたのですね😓
その間、サトミさんが大人しくしていたのか疑問ではありますが、お二人の絡みが続いているので安心しました。
今年も日記の更新を楽しみに待ってます。

* by 名無しさん
待ちに待ってた動画。楽しみです!

* by 名無しさん
あけおめです!

お体お大事に!!

コメント







管理者にだけ表示を許可する