個別記事の管理2014-03-29 (Sat)
20140329


こんにちは、マサヤです。

今日などは、花見に行かれた方も多いのでは・・・。


お約束通り、日記の続きです・・・・

僕は、マンコから肉棒を抜きます。
肉棒も陰毛も、愛汁でベトベトです。
僕は、ゴムとリングを外し、近くに置いておいたタオルで、肉棒を拭くと、パンツとズボンを履きます。
そして、カチャカチャと音を立ててベルトをして、ドアを開けて外に出ようとした時。
「ぁ、ぁの~。 すぃません。」
母が蚊の鳴くような声で、声を掛けてきます。
そして母は、残っている力を振り絞るような感じで、言ったのです。

「ま、マサヤを、、、マサヤをよろしくお願いします。

僕は、黙って外に出ます。
そして、玄関先で、残っていたジュースを飲み干します。
先程の母の言葉が、胸に残っています。

10分ぐらい、ボ~ッとしてから家に入ります。
「ただいま~。 お母さん、どうだった?」
僕は、明るく振舞います。
「・・・・・・。」
母は、何も言いません。

「課長が、大満足だったって、喜んでたよ。
僕は、母の両手、両脚のテープを外し、自由にします。
そして、目隠しを外します。
母は、眩しそうに目をショボショボさせながらも、僕から目を逸らします。

「どう? お母さん、気持ち良かった? 課長の肉棒凄かった?」
「ぇ、・・・そ、そうね。。」
「お母さんも、何回も逝かされたんじゃないの?」
「・・・・。」
僕は自分で聞いていて、虚しくなってきます。

胸が締め付けられたように痛みます。

僕は、母を抱き上げると、母の寝室に運びます。
「あっ、ちょっと、マサヤぁ。」
「サービスだよ。」
そのまま、ベッドに降ろし寝かせます。

僕は急いで服を脱ぎ、全裸になります。
そして、母の横に寝転がります。
そのまま、母の胸に顔を埋めます。
「ぉ、お母さん。
母の身体が、少し熱いです。
母は、黙って僕を抱き締めてくれます。

僕は、母の乳首を口に含みます。
「あっ、マサヤ・・・。 私、汚れているから・・・。 シャ、、シャワーを浴びなきゃ。」
「良いよ。 このままで。。 お母さんは、汚れてなんかいないよ。」
「で、でも・・・。」
僕は、乳房を握りながら硬くなった乳首を舌で転がします。

母の柔らかい乳房の感触を手の平に感じながら、僕は子供の様に母の乳首を吸い続けます。
「あぁぁ、、マサヤぁ。。」
母は、僕の頭を抱きかかえます。

僕の胸は、せつない気持ちでイッパイなのです。
お母さんの最後の言葉が、頭から離れません。
あの状況で、あの言葉は出ないだろう。と、僕は思います。

あの母の一言に、母の愛情を感じ、僕は、涙目になります。
乳首が涙で、霞みます。(笑)

「どうしたの? マサヤ。」
「ぅ、、べ、べつに。」
「何か、急に甘えん坊さんね。」
母は、僕の頭を愛おしそうに撫でます。

僕は、手をマンコに伸ばします。
マンコに指を突っ込むと、熱くトロトロです。
「あぁ、マサヤ。。こんな私を、、、他の人に犯されたばかりの私を抱いてくれるの?」
「うん、抱くっ。 いや、抱かせて欲しいよ、お母さん。」
「マサヤ・・・。 あぁ、、来てっ、、抱いてっ。
「うんっ。」
僕は、我慢の限界だったので、愛撫そっちのけで、母のマンコにギンギンに勃起した肉棒を突き刺します。

「うぉっ、、ぉ、お母さんっ。」
「あぅっ。」
母の膣壁は、リングの真珠で揉みほぐされたのか、いつも以上に柔らかく肉棒をネットリと包み込んできます。

「ぁぁ、、ぁ、、す、凄いよ。 き、気持ち良過ぎだよ、お母さんのマンコっ。
母の熱く、柔らかくなった膣壁は、少しの隙間もなく肉棒に密着し、肉棒を包み込みます。
肉棒を押し込む時も、抜く時も、常に吸い付いてくる感じです。
まるで、真空マンコです。(僕の主観です)(笑)

「あ、、うぅぅぅ、、肉棒がトロけそうだよぉぉぉ。 お母さんっっ。」
今日の母のマンコは、凄い。
僕の肉棒に、いつも以上の快感を与えてくれます。

「ああ、マサヤぁ、、素敵っ、、素敵よ。 気持ち良いわぁ。マサヤぁ。」
「お、お母さん。」
僕は、母の舌を吸いながら肉棒を母のマンコに出し入れします。
結合部からは、ヌチャヌチャ、ヌチャヌチャと、イヤらしい音がします。

「ねぇ、お母さん。 お父さんの部下や課長の肉棒は気持ち良かったの?」
「ぇ、・・・ええ。」
母は、申し訳なさそうに答えます。

「僕、正直に言うけど、お母さんのマンコに部下の肉棒が刺さってた時は、凄く胸が苦しかった。 ・・・・以前は、どおって事なかったのにね。」
「ま、マサヤ。」
「僕、嫉妬してたんだ。 お母さんが取られた気がして・・・。
「あぁ、ご、ゴメンね。 マサヤ、許してっ。」
母は、僕の背中を撫でます。

僕は、身体を起こし、結合部を見ます。
「今は、お母さんのマンコには、僕の肉棒が入ってる。」
「ええ、そうよ。」
「お母さん、僕と、部下や課長と、セックスはどっちが良い? ねぇ?」
「もちろん、マサヤよ。」
「ホント? 課長の真珠肉棒は気持ち良く無かったの?」
「ああ、マサヤぁ。」

母は、僕の顔を見ながら、手で顔を撫でながら言います。
「あのね、マサヤ。 お父さんや部下の人、課長さんとのセックスは気持ちが良いわよ。身体が満たされるわ。 でもね、心と身体が満たされるセックスは、マサヤとだけなの。 分かる?」
「ぅ・・・・・。」

「マサヤに抱かれていると、心も気持ち良いのっ。 マサヤの肉棒が精子を吐き出して、私の中に流れ込んでくると心が安らぐのよ。 他の人では、そうはならないわ。」
「ぉ、お母さん。」
「だから、他の人とマサヤは、違うのっ。 私は、ず~っとマサヤに抱かれていたい。マサヤの妻でいたいのよ。」
母は、優しい目をしながら話します。

「う、浮気しちゃって言うのも何だけど・・・、アナタの妻で居させて欲しい。 アナタの精子を受け続けたいの。 ねぇ、お願いっ。」
僕は少し考えて返事します。
「い、良いけど・・・。 3つ約束して欲しい事があるんだ。
「えっ、、や、約束。。 な、何?」

「1つ目は、僕が良いと言わない限り、他の男とは寝ない事っ。」
「ええ、はい。もうマサヤ以外とは寝ないわ。」

「2つ目は、前にも言ったけど、もう1人僕の子供を産んでくれる事っ。」
「ええ、産むわっ。産みたいっ。」

「最後に、長生きする事。」
「ぁ・・・、ぁぁ、マサヤっ、、、愛してるわ。」
僕と母は、キスをします。
そして、激しく舌を絡め合います。

「じゃぁ、今回の浮気は許すよ。 仲直りだっ。 また、今から、僕の奥さんだよ。 イイね、サトミっ。」
「はぁぃ、アナタっ。
母は、嬉しそうに返事します。
僕は、母にもう一度キスをすると、身体を起こします。

そして再び、腰を動かし、母のマンコを突き始めます。
母のマンコは、さらに潤い、熱くなってきます。
愛汁が、止め処なく溢れます。

僕は、母のマンコに出入りする肉棒を見ながら思います。
(そうか・・・。お母さんとのセックスが心地良いのは、心が満たされるからなのかもしれない。他の女性とは、違う安心感があるもんなぁ。)
やっぱり、母は、僕の妻である前に、母なのです。

「あぁ、アナタぁ~、、イイぃっっ。。 気持ち良いぃぃ。」
「サトミぃ、どこが気持ち良いんだ?」
「ま、マンコ、、子宮よぉ。。 アナタの硬い肉棒が、奥まで入ってきて刺激してるぅぅのぉぉ。」
「こうか、これが良いのか?」
僕は、腰を掴み、肉棒を奥のほうまで押し込みます。
亀頭が子宮口を、グイグイと押し付けます。

「あぅぅ、、そ、そう、ソコ、、ソコっっ。 イイ、イイぃっ、ぁぁ、アナタぁぁぁ。」
「サトミっ、俺の肉棒、良いだろ? サトミの感じる所を刺激するだろ?」
「ええ!! そうよっ。あなたの肉棒だけなのぉぉ。 奥まで届くのは・・・。 もう、、もう、離したくないっっ。」
「サトミっ。
僕は、ガンガン突き捲くります。

「あぁ~~、、アナタぁぁぁ、、マンコが、熱いぃぃ。。 イイぃっっ、イイ、、気持ちイイぃぃぃ。。」
「サトミのマンコも凄いよ。 まるで、生き物のように肉棒に絡みついて来てるよ。。」
僕は、夢中で腰を動かします。
母も、身体をよじらせ、シーツを掴みながら、感じます。
ベッドが、ギシギシと大きく揺れます。

「うぉ、だ、出すぞっ。 精子を出すぞっっ。 サトミ、受け止める準備は良いか?」
「ええ、良いわよ、アナタっ。 来てっ、全部受け止めるわ。

「うぁ、、ぉぉ、、ぉぅぅ、、ぃ、逝く、、ぞっ。。」
「出してっ、イッパイぃぃ、、お、奥よぉぉぉ。。 私を、妊娠させてぇぇぇぇぇぇ。。」
「サトミぃぃ。」
「アナタぁ~~~ぁぁぁ。」
「逝くぅぅっ!!!
「あぅ! うぅぅぅぁぁ、、ぁぁぁ、ぁ、、ぁ、なぁ、、たぁ。。。。。  い、ぃぃ、、いくぅ、、ぅぅぅ。。」
僕は、思いっきり肉棒をマンコの奥まで押し込みながら逝きます。
亀頭が子宮口にメリ込み、凄い勢いで精子を吐き出します。
母は、身体を思いっきり仰け反らせます。

「あぁ、アナタぁ、、すごぉい、、ぁぁ、、子宮がぁ熱いっっ。。。」
「サトミっ、しっかり受け止めて。。 受精するんだっ。
「はぁ、ぃ。。 全部っ、キンタマの精子、全部出して下さい。」
僕は、母を強く抱き、キンタマを締め上げながら精子を子宮に流し込みます。
「ぁ、、ぁぁ、、アナタ・・・、で、出てるぅぅ。 で、てるぅ、、ぅぅ。」

僕と母は、しばらく抱き合ったまま動きません。

しばらくして、
「アナタ、、今日は、凄かったわ。 肉棒が子宮の中で凄く跳ねながら、射精してたわよ。(笑)」
「そう。。 最高に気持ち良かったから・・・。
「嬉しいぃ。 私も、凄く良かったわ。 子宮の中、精子でいっぱいだと思うわよ。 受精してると良いわね。(笑)」
「ははは、そうだね。 じゃぁ、抜くよ。」
僕は、母のマンコから肉棒を抜きます。

ゴポ、ゴポッッと、濃い精子が大量に流れ出ます。
「あ~、出てるぅ。。」
母が、手でマンコを塞ぎます。

僕は、ベッドから立ち上がり、母に言います。
「水飲んでくる。 お母さんも疲れたでしょ。 ちょっと休んだら。」
「うん。」
僕は、寝室を後にします。

僕は、リビングで、水を飲んでボ~ッとします。
母と仲直り出来た事への充実感でしょうか。
僕は、そのままソファで寝てしまいます。

「ん? あれっ。」
気が付くと、もう夕方です。
(あれ、寝ちゃった。。 お母さんも、まだ寝てるのかな? あっ、ダメだっ。お父さんが帰ってくる。)
僕は、急いで寝室に向かいます。

「お母さん、まだ寝てるの?」
「う、、う~ん。
母を見ると、額に汗をかいて、苦しそうです。

「えっ!! どうしたの? 大丈夫? お母さんっっ。
「う、うぅ。。・・・・・。
(こ、これは、ただ事じゃないぞ。)

僕は、救急車を呼ぼうとしますが、母が、ご近所に恥ずかしいからと止めます。
仕方なく僕は、母にパジャマを着せると、病院に連れて行きます。

母は、そのまま入院してしまいました。・・・





24時間コンシェルジュサービスが受けられる、ちゃんとした出会い系サイトです。
無料体験だけでもどうぞ。

ワクワクメール

登録しておくと良い事あるかも・・・。



実際の女性と話すのが苦手な方は、ヴァーチャルで・・・。

マダムとおしゃべり館

新しい女性が加入中です。

* Category : 未分類
* Comment : (32) * Trackback : (0) * |

No title * by 不倫マニア
入院かぁ…心配だね…ぅ~ん?それはさて置き、今 次の子をと考えるのはマズいんじゃない?部下の子かマサヤ君の子か、もしかしたら別の誰の子が分からん!今度はマサヤ君の子か確信出来る方が良いのでは?

No title * by たつ
25歳ですが日記読んで興奮しました! 母親羨ましいですね! やらせて欲しいです! って冗談ですが応援してます!お母さん大丈夫だったのかな?

No title * by カンドロイド
すごく感動しました!無事を祈ります!

No title * by ひなた
奥さんが入院ですか‥ 大丈夫ですか? 仲直りして良かったですね(^o^) これからはしっかりと管理していかないといけないですね\(^o^)/

No title * by たつー
さとみさんがきになりますね なにもなかつたらいいですね!

No title * by かおり
なんだかなぁ~ 前から思ってたけど、作り話しって思える箇所が随所にありますよね まぁせいぜい頑張って更新してくださいな

No title * by 愛読者です。
最速の更新アップ有難う御座居ますサトミ母さんと仲直り出来ておめでとうございます…サトミ母さんの体調変化が心配ですよねもし妊娠しているなら誰の種で…?

No title * by Oscuras
サトミさんの容態が気掛かりです。 もしかして妊娠してたのかな?

No title * by じゅじぇじよ
ブログ更新ありがとうございました。 今回もとっても刺激的でした! 奥様は大丈夫ですか?? 心配です…

No title * by ラッツ
初めまして。初めてかきます。いつも興奮させられながら読んでます。マサヤさんとさとみさんがうらやましです。これからも楽しみに読みますね。

No title * by 四谷氏
妊娠してて、お願い! 病気はイヤ!

No title * by 001
入院?大丈夫かなぁ?(>_<)

No title * by 河内男
サトミ母さんと仲直り出来て良かった。 だけど、急に具合が悪くなっての入院心配ですね。多分日記更新されてるので、大丈夫だと思いますが サトミ母さんと二人目とヒロミ叔母さんに三人目ができるといいですね。 次回楽しみにしてます。

No title * by 桃太郎
興奮しました!! サトミさん、大丈夫なんですか? 4月1日、楽しみにしてます。

No title * by なっつ
とりあえずモヤモヤは晴れて良かったけど、サトミママは大丈夫かな? 大事にしてあげてね。

No title * by ゲッツタンゴ
ど、どうなった???

No title * by 達矢
初めまして。最近知って完読しました。奥様は大丈夫だったんですかね? あと、最近ワクワクも初めました。昔はけっこうサイトやら伝言やらを使ってましたが久々すぎて満足させれなくて凹み気味…。

No title * by キア
サトミさん突然の事で心配ですね。大事にならなければ良いのですが。仲直り出来た矢先に心配ですね。

No title * by oyaji papa
仲直り出来たのは良かったけど、サトミさんに何があったのか?早く知りたい。

No title * by セイコ☆マン
サトミさん、どうなるの?

No title * by こうすけ
え😱サトミさんはどうなったの❓ 心配😢

No title * by イサム
久しぶりにコメントするよ(^^)/ 連日更新乙です。 何だかんだ言ってもマサヤは幸せ者だと思う。 実の母親が若くて綺麗で、しかも肉体関係を持っているだもん。 母親を嫌いな男の子っていないと思う。 徐々に嫌いになっていくと思うけど、最初から嫌いな男の子はいないよね。 これからもサトミママと濃密な時間を過ごしなよ。 ガンバレ! マサヤ! これからも応援するからね!!!

No title * by yoshi
仲直り出来て良かったです。 サトミさんはどうしたのか知りたい 続きをお願いします。

No title * by ヤマカン
今後の展開が予想もつかない! 楽しみにしてます。

No title * by ひろびろ10
先ほどコメしたひろびろ10です。 サトミ奥さん大丈夫ですか? 凄く心配です、落ち着いたら報告待ってます。

No title * by kotori
仲直りして良かったと思ったのに、急展開でサトミさんが入院とは。 リングでしたのが悪かったのか、精神的な苦痛かはわからないけど、サトミさんに大事が無ければ良いんですが。 妊娠、流産とかも。

No title * by ナナシの
……え? え?! だ、大丈夫ですか!? 大丈夫ですよね!?!

No title * by 今でしょ♪
お母さんが心配、なにも無ければいいけど、早く結果が知りたいです(T_T)

No title * by ガッツ利松
またまたお邪魔します 仲直りできて良かったですね。 でも,サトミさんが入院とは,どうしたのでしょうか 大丈夫なのですか? 心配です どのような状況かわかりませんが,早く良くなるといいですね。 お大事に,というか大切にしてあげてください。 PS 4月1日の「いつもの」も期待しています

No title * by 二匹の猫
もしかして リングのせい? リングの効果 女性によって違いはあるけれど 感動聞いてみたいな~

No title * by ヒロちゃん
マサヤさん、サトミさんはいったいどうしたんですか。気になります。教えてくだい。

No title * by ひっくん
こんばんは。 もう1人、赤ちゃんをですか! びっくり発言です。 でももっと、最後にお母さんが入院。 大丈夫でしょうか?

コメント







管理者にだけ表示を許可する