個別記事の管理2013-08-23 (Fri)
123456


こんにちは、マサヤです。

お盆も終わって、皆さん、夏バテなどしてませんか?


今日は、日記の続きです・・・・

マンコから愛汁がベッドに滴り落ち、染みを作ります。
母は、いつも以上に感じてるのか、愛汁の量が半端じゃないです。

しばらく突き上げた後、再び正上位に戻ります。
「ねぇ、マサヤ・・・。お願いがあるの。」
「ん? 何?」
母は、僕の顔を真剣に見ながら言います。

「妊娠させてっ。 私を孕ませて欲しい・・・の。
「ええっ!」
「お願いよぉ、マサヤ。。クミの生まれ代わりが欲しいの。 だから・・・。」
「・・・お、お母さん。。
母の願いが痛いほど分かります。
生まれ代わりなど・・・と、思いますが、それだけ、クミを失って母の心が寂しいのでしょう。

でも、妊娠すれば、また高齢出産になります。
もう、無理だろうとは、思いますが・・・。
「よし、2人目を作ろう、お母さん。
今は、母の気持ちが和らぐならと考え、母の提案に乗ります。

「あぁ、マサヤ。 ちょうど今日は出来易い日なの。 お願いっ。」
「じゃぁ、たっぷり突いた後、子宮に精子を流し込むからね。 それで良いよね?」
「あぁ、良いわ。」
母は僕を誘うように両脚を大きく開きます。
母のマンコは、愛汁でベチャベチャでパックリと開いています。
僕は、そのマンコに肉棒を刺し挿れます。
そして、一層激しく抜き差しを繰り返します。

僕は、両手で母の乳房を握り潰すように揉みながら腰を動かします。
少し乱暴なぐらいが、母は好きです。
「あぁ、すごぉい。。凄い、凄いぃぃ。マサヤの肉棒、すごぉぃぃのぉ。」
「お父さんとは、違うだろ?」
「ち、違うぅぅ。ま、マンコが痺れるぅぅ。・・・・ぁ、ぁぁ、、気が遠くなりそう。」
僕は、乳首を思いっきりツマミます。
「あぅぅぅ、、ぃぃ、、ぃぅぅ、、ぅぅ。。」
すでに母の両乳房は、真っ赤です。

僕は、母の腰を持ち、マンコを突き捲くります。
「あぁ~~~、すごぉ、ぉぉぉ、、ま、マサヤぁぁぁ。。
母は、両手を頭の上に挙げ、ベッドの枠?を掴みながらアエギます。
母は、脇の毛の剃り跡を晒しながら、乳房をブルブルと振るわせながら感じています。

そのイヤらしい姿に僕は、興奮します。
「ああ、お母さん。。子種が、、子種が上がって来た。。出そうだ、、出るよ。」
金玉がキュンと締まり、射精が近くなります。

「あ、、ぁぁ、、妊娠させて。。マサヤの子種で、種付けしてっ。」
「お母さん、、逝くよ。逝くよ。」
「あぁ、私も、、私も、逝くぅぅぅぅ。。逝く、逝くぅぅ。」
僕は、母をギュっと抱き締めます。
多分、僕と母は、同時に逝ったと思います。

僕の肉棒から精子が放たれると同時に、膣壁がギュッと締まります。
僕は、子宮口に亀頭が食い込むように奥に押し込みながら射精します。
「あぁ~~、マサヤの子種が流れ込んでくるぅ。。。ぁぁ、、、ぁ。。」
「お母さん、、、最高だよ。」
僕の肉棒は、母の膣の中で跳ねるように精子を吐き出し続けます。

しばらく余韻に浸りながら、僕と母は舌を絡ませ合います。
何かに憑り付かれたように、夢中で相手の舌を吸い、唾を飲み、舌を絡ませ合います。
それは長い長い時間です。
すると、僕の肉棒は再び硬くなります。

そして僕は、再び腰を動かし始めます。
「あんっ、マサヤぁ。もう? またシテくれるの?」
「うん。 ちゃんと、お母さんを妊娠させなきゃ。」
「嬉しいっ。頂戴っ、マサヤの精子を中に、もっともっと頂戴ぃぃっ。

今度は、母が上になります。
女性上位です。
肉棒を挿れようとした時、先ほどの精子がマンコからボタボタと僕の肉棒に垂れてきます。
「あっ。。」
母は、急いでマンコに肉棒を挿れ、精子が出て行かないように蓋をします。

母は、腰を動かします。
「あぁぁ、気持ちイイっ、、マサヤ。」
「お母さん、好きな様に動いてごらん。

母は、上下だけでなく前後に恥骨を擦り付けるようにして腰を動かします。
「あああ、はぁはぁ、、いぃ、、いぃぃ、、あぁはぁぁ、、イイぃっ、、マンコ、イイっっっ。」
マンコからは、愛汁なのか精子なのか分からない汁が、ブチュ、ブチュゥと肉棒に押し出されます。

母は、髪を振り乱し、狂ったように腰を振ります。
いつも以上の感じ方で、乱れっぷりです。
「あぁ、お母さん、イヤらし過ぎるよ。」
「あ~ん、、ダメなの? イヤらしい母親は嫌いなの?ねぇ? マサヤぁ?」
「ぅぅ、、そ、そんな事・・・、お、お母さん。」
「息子に種付けを頼む母親は嫌いなの? ねぇ? お父さんに頼まなきゃダメなの?」
「お母さんっっ。
僕は、身体を起こし、母に覆い被さります。

そして、マンコに力強く肉棒を打ちつけながら言います。
「お母さんは、お父さんの精子で妊娠したいのかい?」
「あぁ、し、したくないわよ。」
「じゃあ、誰の精子で妊娠したいんだ。」
「あぁ、マサヤっ。マサヤよっ。分かってるクセに・・・。。マサヤの子供が欲しいっ。」
「2人目が欲しいんだろ。」
「そうよ。また、マサヤの赤ちゃんが欲しいのよ~~~ぉぉぉ。」
「お母さんっ。」

僕は、母の腰を持ち、激しく肉棒を打ちつけます。
母も狂ったように身体をよじらせながら、アエギ声を上げます。
ベッドは、ギシギシと音を立て、汗と愛汁が飛び散ります。
そんな中、その傍らのベビーベッドでは、僕と母の愛の結晶の1人目がスヤスヤと寝ています。

「あぁ、出すよ。お母さん。精子が出るよぉぉぉ。」
「ち、頂戴ぃぃぃ、、ねぇ、奥よっ、、奥に出してよぉ。マサヤぁ。。」
「分かってるよ。」
「あぁ~~、マサヤぁ、私を妊娠させてぇぇぇぇぇ。。
「逝くぅ!!

母の叫びと同時に、僕は精子を再び母の子宮に流し込みます。
母は、身体中を痙攣させながら精子を受けます。
「あ・・・、、あ、、ぁ、、す、すご、、ぉ、、ぃ。。マサヤ、、ぁぁ、、ぁ。。」
「ハァ、ハァ、、、お母さん・・・・。」
僕も母も動けず、抱き合ったままジッとしています。
時間が止まったかのような中、僕の肉棒から吐き出された精子が母の卵子めがけて進んでいます。(多分(笑))

「ねぇ、マサヤ。。。これから毎日、シテっ。毎日、マサヤを感じていたいのよ。」
「ま、毎日?」
「だって、何もしていないとクミの事を思い出しちゃって、辛くなるから。
「そ、そうだよね。」
「だから、お父さんの目を盗んで、少しの時間でも良いから挿れてっ。明日からノーパンで居るから。ねっ?」
「う、、うん。。お母さん。。分かったよ。挿れてあげる。」
「あぁ、マサヤ、ありがとう。
僕と母は、シャワーを浴びます。


その日の夜、寝る前に母が僕に耳打ちしてきます。
「ねぇ、昼間の続きをするでしょ。」
「えっ?」
「もぅ~。。子作りよ。(笑) お父さんが寝たぐらいに来て。
そう言いながら、母は無邪気に笑います。

あれだけ激しく交わったのに、母はまだ足りないようです。
それとも本気で妊娠するつもりなのでしょうか。

夜中の2時頃、母の寝室に向かいます。
その前に、父の様子を覗きます。
父は、昼間の忙しさで疲れたのか、高いびきで寝ています。

母の寝室に入ると、母は裸で待っていました。
僕と母は、昼間の続きを始めます。
さすがに、隣の部屋に父が寝ているので、昼間の様に大きな声は出せません。
僕も母も息を殺しながら、交わります。

そして、この日3度目の精子を母の子宮に流し込むと、そそくさと自分の部屋に戻りました。






夏の思い出作りに。

ワクワクメール

この時期は、素人が多いそうです。



実際の女性と話すのが苦手な方は、ヴァーチャルで・・・。

マダムとおしゃべり館

母子相姦ごっこで、オナニーも出来ます。



* Category : 未分類
* Comment : (23) * Trackback : (0) * |

No title * by ケツ毛
↑御愁傷様

No title * by 実母子間から生まれました。
妹が死んだのに、なにやってるの?あなたにとって、妹ってその程度の存在なの? 俺みたいに、後々障害持つ子供生んで、何が楽しいの?将来、子供から殺意を抱かれるほどに恨まれるんだよ?

No title * by りの
はじめまして。 全部最初から読ませていただきました。 すげー興奮しましたよ! 画像や動画は古くて見れませんでしたが 雰囲気で伝わりましたよ。

No title * by 何このブログ。実話なの?
通りすがり

No title * by 通りすがり
何このブログ。実話なの?

No title * by トシ
マサヤ君、お母さんと愛し合い無事にチビちゃんも産まれたのだから、以前のように大切なお母さんを父親に奪われない用に! この際、お母さんとお父さんを離婚させて!! マサヤ君、お母さん、チビちゃんの三人で暮らしたらどうですか?それと!ヒロミさんも頑張って妊娠させて上げて下さいm(__)m。

No title * by junjyi
まだまだ寂しいですね 自分の狭い分別を押し付けては いけないな 来なきゃいいじゃん 気にしない気にしない

No title * by イサム
久しぶりに覗きにきたら更新していましたね。 感謝です。 毎日ですか・・・。 その場のみの言葉だと思いますけど・・・。 お父さんにはバレなく上手くやっていけてるのでしょうか? あるいは既に以前のように公認したとか・・・。

No title * by なっつ
日記の更新、御苦労さん♪ さとみママの希望はみんなの予想通りだね。 で、今頃はそろそろ動きがあってもいい時期になるだろうけどどうかな? ひょっとして親父さんも同じような気持ちでせっせと中出ししてるかもなぁ~ 親父の種に先をこされないように

No title * by アナルスキー
鬼畜なブログに本気で文句言うバカ お前に迷惑かからねえよ ウソっぱちだと言うコトに軽くふれるのでなく本気で物申すヤツ ならば見なきゃいいだろ このブログ楽しみにしてるヤツら みんな鬼畜 付け加えれば俺も楽しみ 俺含めて鬼畜 鬼畜どうしで仲良くしてるならよいが本気文句言うヤツはアホですよ 自分が良識あるとでも思ってんのか そんなヤツらは鬼畜以下だね 良く理解しろ

No title * by ゲッツタンゴ
お元気そうで何よりです。 やはり、動画が見たいです。

No title * by かわ
マサヤ様 こんにちわ 恐縮ですが今回のブログの画像をアップしたところ 変換がうまくできなかったため 再度画像を アップしていただけると幸いです

No title * by 774
>>5 言う事はわかりますが、実の娘を亡くしたんですよ。 普通の精神でおれるはずがない。 それをあなたのものさしで測って批判するのはどうかと思います。

No title * by ガッツ利末
日記更新待ってました 頑張れサトミさん、マサヤ君!

No title * by ヒロちゃん
俺もマサヤのお母さんに精子を入れたいです。そして妊娠をさせたいなあ。

No title * by さき
またお母さんと出来て良かったですね くみちゃんきっかけは寂しいですけど

No title * by ひなた
更新待ってました 動機はどうであれ、二人目しっかりと種を付けてあげましょう! そして二度と離れないようにお母さんにわからせてあげましょう! 続きを待ってます

No title * by あ
下衆 きちがい クズ人間 あんたら親子にはこの言葉がお似合いだな

No title * by 喝
娘が死んで少し自重するどころか、娘の死を口実にしてより激しく息子の身体を求めるとはなんともはや・・・・・ そんな事して出来た子を自分の生まれ変わりにされたら妹さんもたまったもんじゃない。草葉の陰で泣いてるよ。 実話とすれば最低の下衆母子だな。

No title * by Kids
お母さんのみならず、家族皆がクミちゃんの他界は辛かったですよね!! 寂しさの紛らわし方。。。。 ドーター!!妊娠(^_^.) 期待してますね!! 頑張って(^_^)v

No title * by 真
毎回、楽しみにしています。少しずつで、良いので頑張って下さい。また、クミさんの事は大変でしたね気を落とさず、頑張って下さい。

No title * by ame
書き込みを楽しみに待ってました。 応援してますからね! たまに動画もUPして下さいね。

No title * by 四谷氏
毎日だと逆に出来難いと聞いたよ。 我慢も必要!

コメント







管理者にだけ表示を許可する