個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-12-23 (Fri)
20111223-1


こんにちは、マサヤです。

今週末は、冷え込むそうですね。
みなさん、クリスマスはどうお過ごしですか?
僕は、母とクミとで、ケーキを食べる予定です。

そう言えば、気が付かない内にアクセス総数が、「500万アクセス」を超えていました。
これも皆様のお陰です。
最近返事がおろそかになっていますが、皆さんのコメントに励まされてここまで続けてこれました。
これからも、マサヤファミリーを暖かく見守って下さい。
ありがとうございます。m(_ _)m



さて、今日は日記を更新します。


先日、母と買い物に出かけました。
冬物の衣服を買って自宅に帰る途中、母がホテルに寄って行こうと言いました。
「ねぇ、マサヤ。。久しぶりにどう?」
「えっ、、あ、、ぁぁ、良いけど・・・、身体は大丈夫なの?」
「うん。最近、安定してて調子良いみたいなの。」

2ヶ月ぐらい前から母は、つわりがヒドイのか体調が悪く、気分がイマイチの日が続いています。
僕は、少し不安でしたが、久しぶりに元気そうな母を見てホテルに入ります。

「わぁ、久しぶりよね。。ホテルは・・・。ねぇ、マサヤ。
「うん。そうだね。なんか、ホテルだと凄くイヤらしい気分になるよ。」
僕は、そう言いながらベッドに飛び乗ります。

母は、お風呂にお湯を溜めながらシャワーを浴びに行きます。
僕は、ベッドに横になってテレビを見ています。
しばらくして、母が出て来たので、今度は僕がお風呂に入ります。
僕がお風呂から出てくると母は、ベッドに居ました。

僕は、ベッドに潜り込みます。
「あぁぁ~ん。。久しぶりね。」
「うん。」
「このマサヤの肉棒が私の中に入ってくるかと思うと興奮してきちゃうわ。」
母は、僕の肉棒を握り、シゴキながら言います。
母は、僕に覆い被さって、キスしてきます。

そして、下に身体をズラし、僕の肉棒をシャブリ始めます。
「あぁ、久しぶりに舐めるマサヤの肉棒は、美味しいわぁ。」
母の顔を覗き込むと、本当に美味しそうに肉棒を舐め回しています。
肉棒を奥まで咥えたり、竿を舐め回し、尿道口から我慢汁を吸い出したりします。

「イッパイ我慢汁が溢れて来てるわよ。 気持ちイイの、マサヤ?」
「うん。やっぱり、お母さんのフェラは最高だよ。」
「うふぅん、やっぱりって・・・、他の誰かに舐められたの? 誰かと比べてるの?
「えっ。。ち、違うよ。。な、舐められてないよ。」
「ホント~? じゃあ、もうどれくらい溜め込んでるの?」
「う、、、1、、に、、。3週間だよ。」
「うそぉ~ぉ。。オナニーもしてないの? 嘘でしょ。」
「い、ぃ、、いいじゃん。そんな事どうだってさ。」
「何か怪しいわね。。でも、、別に良いけどね。 今日、たっぷりと精子を出してくれればね。(笑)」
「う、うん。頑張る。」
母は、ニヤリと微笑みながら僕の肉棒をシャブり続けます。

僕は、30分以上シャブり続ける母を止め、体勢を入れ替えます。
今度は僕が、母のマンコを舐めます。

妊娠している母のマンコは、以前よりも黒ずんでいるような、、黒紫色のような色をしています。
「お母さん、なんかマンコの色も変わっているような気がするよ。」
「そう。。妊娠すると色々と変化があるからね。。。乳首も黒くなってきたしね。・・・イヤ?」
「えっ、、全然大丈夫だよ。逆に少し燃えるかもっ。(笑)」

僕は、母の黒紫マンコを指で広げながら、下から上へと舌を走らせます。
時々、勃起したクリトリスを舌で突きます。

「あぁぁ、、マサヤっ、、気持ちイイぃぃ。 マンコが気持ちイイっっ。」
母のマンコから愛汁が溢れます。
僕は、舌で愛汁をすくいながらマンコを舐め続けます。
「ま、マサヤぁぁぁ。。もうダメ、、欲しいぃっっ。マンコが、ウズウズするっ。」
「じゃあ、もう挿れる?」
「うん。。頂戴ぃぃ。肉棒を挿れてっっ。

僕は、母のお腹に乗らないように、身体を起こしたまま肉棒をマンコにあてがいます。
「いいぃ? お母さん。」
「良いわよ。久しぶりだから、ゆっくり挿れてね。」
「うん。」

僕は、少しづつ肉棒をマンコに挿入します。
「あぅっ、、、い、、ぃ、、イイっっ。」
母は、少し身体を硬直させます。
「だ、大丈夫?? お母さん。」
「ぁ、ぁぁ、、良いよぉ。。ま、マサヤの肉棒が、、、ひ、久しぶりに・・・、ぁぁぁ。。」
母は、身体を反らしながら僕の肉棒を受け入れます。

僕は、根元まで肉棒を押し込むと、ゆっくりと腰を動かします。
ヌルッ、ヌチョ、、ヌルッ、ヌチョ、って感じで、肉棒がマンコに出入りします。
出たり入ったりする肉棒の竿に黒いビラビラが絡んで来ます。

「う、、ぅぅ、お母さん。。な、何か気持ちイイっ。。今までのお母さんのマンコと、ちょっと違うよ。
「あぁ、、マサヤ~ぁぁ。 わ、私もよぉ。。今までのマサヤの肉棒が入って来た時と、、何か違うぅ。」
何と表現したら良いのか分かりませんが、締りが良いというか、、引っ掛かるというか・・・。
妊娠すると、膣の具合も変わってくるのでしょうか。。。

「あぁぁ、気持ちイイ、、気持ちイイよ、お母さん。。」
僕は、以前とはちょっと違う、マンコを味わいます。

僕は、右手で母の黒ずんだ乳首をツマミながら乳房を揉みます。
すると、乳首から白い液体が湧き出してきます。
(えっ!! な、何?? え・・・・。
僕は、ちょっと驚きながら、手を離します。

「お、お母さん。。。ち、乳首から、、で、出たよ。 も、もしかして・・・。」
「ああ、オッパイかなぁ。 もぅ出てきちゃう? 赤ちゃんの為のミルクよ。」
僕は、乳首からプツプツって感じで出て来るミルクを見つめます。
もちろん初めてです。

「お母さん。。ちょ、ちょっと飲んでも良い?」
「ふふっ。。。ええ、良いわよ。」
僕は、母の黒乳首に吸い付きます。

「出る?」
「ぅ、、良く分からない。」
僕は、少し乳首を噛んだり、乳房を揉みながら思いっきり吸ったりします。
「あ! で、出た。・・・・なんか、変な味と言うか・・・、味がしない。」
「ふふふっ。そんなモノよ。」
僕は、肉棒を母のマンコに埋めたまま、乳首を吸い続けます。

「あはっ、マサヤが赤ちゃんの頃も、こうしてお乳を飲ませたわ。何か変な感じね。」
「お母さん。」
僕は、チューチューと乳首を吸います。

「大きな赤ちゃんね。(笑) もうすぐパパになるんだから、甘えてちゃダメよ。」
「えっ。」
僕は、母の言葉でドキッとしてしまいます。
(そ、、そうか・・・。赤ちゃんが産まれれば、僕はパパになるんだよな。 パパか・・・。)
僕は、少し考え込んでしまいます。

それを母は察知したのか、優しく言います。
「マサヤの赤ちゃんが、欲しいと願ってから中々出来なくて、一時は諦めかけたけど・・・、やっと出来て凄く嬉しいわ。幸せよ。ありがとうね、マサヤ。」
母は、僕を抱き寄せ、キスをします。
「お、、お母さんっっ。」
「さぁ、イッパイ愛して頂戴。また、体調がが悪くなったら、今度はいつ出来るか分からないから。」
「う、うん。」

20111223


僕は、身体を起こすと、再び腰を動かし始めます。
肉棒をマンコに出し入れすると、愛汁が湧き出てきます。
「あ、、ぁぁ、、マサヤぁ。 もっと、、もっとよぉぉぉ。」
「お、お母さんっっ。」
「あぁ、カリが引っ掛かる~~ぅ。気持ちイイ~~~ぃぃぃ。マサヤ~っ。
ホテルなので、遠慮なく大きな声で喘ぎます。

イヤらしく喘ぐ母の身体全体をよく見ると、妊婦さんです。(ま、当たり前ですが・・・)
僕は、妊婦さんとセックスするのは始めてです。

僕が、激しく突く度に、母の黒乳首と黒乳輪の乳房が揺れます。
お腹もほんの少し膨らんでいます。
(あぁ、この中に僕の子供が居るのか・・・。お母さんのお腹の中に・・・。)

「お、お母さん。。お腹の中の子は、僕の子だよね。」
「えっ。。急に何を言うの。。当たり前じゃない。マサヤ以外の種を入れてないもの。マサヤの子よぉ。」
「うん。そうだよね。僕が、お母さんを妊娠させたんだよね。。」
「そうよ。。マサヤが、私に種付けして妊娠したの。 お腹も出て、乳首も黒く大きくなっちゃって・・・、こんな身体だと興奮しない?」
「ううん、全然。イヤらしい身体だよ。黒乳首や乳輪もイヤらしいよ。。妊婦さんとセックスするのは初めてだけど・・・、興奮するよ。
僕は、息を荒げながら腰を振り続けます。

「ねぇ、マサヤっ。。お母さんのマンコ、気持ちが良い?? 妊娠マンコだけど、、緩くな~ぃ?」
「ゆ、緩くないよ。。ぁ、、気持ちイイよ。 お母さんの妊娠マンコっ。 ぁ、ぁぁ、、だ、ダメだっ。。こ、腰が勝手に動いちゃうよ。」
僕は、あまり激しくマンコを突いてはイケないと思いつつも、、あまりの気持ち良さに腰が動いてしまいます。

「良いわよ。。私は、大丈夫だから・・・、もっと突いてっ。マサヤっ。気持ち良くなってっ。」
「お、お母さんっ。」
僕は、あまり奥まで肉棒を突っ込まないように、腰を激しく振ります。
肉棒には、白く泡立った愛汁がベットリと絡みついています。

「お、お母さん。」
「な、なぁに。」
「も、もうすぐ、、ね、年末にお父さん、帰って来るよね。そしたら言うよ。。お母さんのお腹の中に僕の子供が居るって。。僕がお母さんを妊娠させたってね。ハッキリ言ってやる。」
「ぁぁぁ、、、ま、マサヤぁ。私も言うわ。。お腹の子を、、、マサヤの赤ちゃんを産むって。。。
「お母さん。」
僕は、母にキスをします。

「マサヤ、、うぅん。。。ぱ、、ぱ、、、パパぁぁっ。 愛してるわ。」
「!!」
僕は、ドキッとしながらも、母と舌を絡め合います。
「これから2人の時は、パパって呼んでもいいでしょ。ねっ?」
「ぁ、、う、うん。。なんか、恥ずかしいけど。。」
「うふっ、、パパ。。」

僕は、母の妊娠マンコの具合の良さに限界です。
「あ~、ダメだっ。。。妊娠マンコ、良すぎる~~ぅぅ。。逝っちゃうよ。」
「うん。。良いわよ。。キテっ。」
「今日は、黒乳首に掛けても良い??」
「あん、、イヤらしいわね。。。良いわよ。。」

僕は、ラストスパートで腰を振ります。
奥まで突っ込まず、マンコの入り口辺りで激しく腰を振ります。
「あぁぁ、、、凄いぃぃぃ、、パパ~~~。」
「さ、サトミ~~~っっ。」
「パ、、パパ~~っっ、、逝っちゃう、逝っちゃう。。妊娠マンコが逝っちゃう~~~ぅぅっ。。パパも逝って~~ぇぇぇ。
「あぁぁ、逝くよ、、サトミっっ。」
「パパ~、、パパぁぁぁ。。」
「逝くっっぅぅっっ。」
僕は、肉棒をマンコから引き抜きます。

そして母の胸に肉棒を持って行きます。
母は、両乳房を持って、寄せます。(乳首と乳首がくっつく感じ)
僕は、肉棒をW黒乳首に擦りつけながら射精します。

ドクッ、ドクッと白い精子が黒乳首に飛び散ります。
「ぁぁ~~ん。。熱い~ぃっ。。パパの精子、熱いわぁぁ。」
僕は、大量に射精すると、肉棒で精子を乳首に塗りつけます。

寄せた乳房の間に肉棒を差し込み余韻に浸ります。
「ぁ、ぁぁ、、気持ち良い~~。サトミっ。」
「私もよ、パパ。」
黒い乳首と乳輪がテカテカと光っています。

僕はベッドに横になります。

今回は、色々と興奮し過ぎて、早く逝ってしまいました。
それでも、母は満足してくれてたので、この日は、この1回だけで家に帰りました。


この時は、父にハッキリと言うつもりでしたが、今は・・・・。
正直言って、少々怖いのと、、どうなるのだろうという思いでイッパイです。
そんな父は、来週帰ってきます。


PS.
年末年始にUP予定の動画等は、再アップはしませんので見逃し無いようにして下さいね。


クリスマスからお正月にかけては、大チャンスです。
ナゼなら・・・、冬休み、クリスマス、寂しい、お金が居る、気分が高まる、、などなど女性が男性を求める理由が多いから。
その分、会える確率もUPしています。
 ↓
ワクワクメール

近い内に、ワクメの報告と動画をUPします。
お互いに頑張りましょう。(笑)

* Category : 未分類
* Comment : (27) * Trackback : (0) * |

No title * by megumi
はじめて見て驚きました。本当にあるんですね。 でも本当に子供産むのですか? まさやさんもお母さんも好きなことしてるからいいとして私は生まれてくる赤ちゃんがかわいそうで仕方ありません。 負の連鎖がつずきませんように。 いつか、後悔するときがくるとおもいます。 今は、若いから気にならないかも知れません。きっと年を重ねたときに子供の存在を後悔するときがきますよ。 私の知り合いに似たようなことがあり、負の連鎖になっています。子供の方に

No title * by KTK
ヒロミさん、コメ返しめっちゃうれしいです。サトミさんよりもずっとずっとヒロミさんが気になってました。マサヤさんがめっちゃうらやましいです。自分も愛知県に住んでます。なんかうれしい(*^o^*)

No title * by Kai
ヒロミさんに質問です。サトミさんの妊娠について、どう思われますか?

No title * by ヒロミ
か~にゃんさん、KTKさん、マットさん、okeastaさん、ヒロミさんヘさん。 ありがとう。 年甲斐も無く、喜んでいる私です。 う~ん、以前は身篭りたいと思っていましたが、今は・・・、やっぱり欲しいかな。 でも、以前ほど強い思いは無いですぅ。

No title * by ヒロミさんへ
イキなりですが、ヒロミさんに質問です! ヒロミさんもマサヤ君の子を身ごもりたいですか?たぶん、ブログを読んでいるほとんどの人達皆はそれを期待してますが…。 僕も勿論、その中の1人です。

No title * by okeasta
ヒロミ伯母さんの画 いっぱいくださいね!

No title * by マット
お~!ヒロミさん来ちゃいましたか。サトミさんと同じ位エロくてステキです。これからもお願いしますね

No title * by KTK
ヒロミおばさんのコメント、なんかめっちゃうれしいです。ヒロミおばさん、めっちゃいいです。

No title * by か~にゃん
うぉっと~ヒロミさん登場ですね。 凄く可愛いらしい方ですね。 まさやさんが羨ましい。

No title * by ヒロミ
皆さん、こんにちは ヒロミ伯母です。 初めてコメントするので緊張してます。 このような記事を見ると、ちょっと嫉妬しちゃいますよね。 でも、その分マサヤ君とのエッチの時に燃えちゃいます。笑

No title * by げる
マサヤ氏 いやいやぁ~!UP拝見してきました 今回の日記も勃起モノっすぅ~! サトミママ、妊婦でも性欲は尽きないのも凄いっすね マサヤ氏の肉棒の虜なんでしょうね! 実の息子の子も身篭り、肉棒の虜にもなり 女性の性って尽きることがないのでしょうか? ヒロミさんも、マサヤ氏の肉棒の虜になってしまい この日記を読みながらマンコに指が伸びてしまうんでしょうねぇ~! クミちゃんは、どうしているんでしょう? クリスマスの晩は、クミちゃんにもマサヤ氏の肉棒を? 非常に気になりますねぇ~!? 次回のUPも見逃さずにしたいっすぅ~!

No title * by 001
毎度毎度!エロい母上ですね! 姉妹で。。。ホントエロい(*^_^*) 最高姉妹! (*^_^*)

No title * by 吉岡明
然し物凄く咲いた黒すぐりですね。閉経してたら賛否両論はないんやろけど騒ぎ立てたくなるのが因果人やから大変ですよね。もうこうなると人でおることが神への冒涜なんかわからなくなってくるよね。それにしてもうちのおかんと同じ手の皺やから親近感が湧き見やすいです。変な味がする…味がしない…どっちなん ?

No title * by ごるご69
今日はワクメの女性からの返信率がメチャ高かったな。もちろん、先程まで19歳と楽しんで来ました。 明日も頑張ろっと。

No title * by 男爵
おまえマザコンか?

No title * by マット
マサヤさん久しぶりの更新有難うございます。サトミさんのお腹の子も順調ですね。セックス中に「パパ」「サトミ」と呼び合うのは毎回興奮しますね。プレゼント楽しみにしてます。

No title * by nob
待ってました。 お母さんの黒乳輪に黒乳首、最高に興奮しました!! 賛否両論でいろんなメールやコメント来ると思いますが、応援していますよ。 エッチは本能ですからね。 何度読んでも興奮しちゃいます。 年末年始の動画楽しみです!

No title * by タイト
初めてコメントさせていただきます。 お母さん、素敵なカラダですね。 ホントに?お母さん?なんですか~? 妊婦・母乳フェチの私にはたまりません・・・ これから変化していくお母さんのカラダ、また掲載してくださいね

No title * by フルーツポンチ侍G
お母さんはこれくらいでいいでしょう。次はクミちゃんを孕ませましょうw勿論、伯母さんも仲間はずれにしてはいけないから、種付け頑張って下さい。一族の女性たちをコンプリートして下さいねw

No title * by チャラ男
今回も大興奮でした。 うらやますぃ~

No title * by 尚
更新待ってました最後は全部自分の責任なので、自分とも周りともたたかうしかないですねお母さんを大切に

No title * by バカボン
2カップはでかくなるで 大変良いオッパイですね セックスは良いが お父さんの事を思うと良くないと思うが… よく考えてな ヒロミ叔母さんとお母さんと三人で話しあえば?

No title * by ニータン
産むのは自由だろうけども 母は離婚は避けられないだろうな 本当に2人になる覚悟もしといた 方が良いと思うな 妹が 上手い具合に間に 入ってくれれば良いけどね・・

No title * by か~にゃん
サトミさん。順調そうで安心しました。 妊婦とのセックスは、異様な興奮がありますよね。 分かります。

No title * by Lily
お母さんのオッパイ素敵だよ^^ もっともっと画像UPしてね

No title * by ケイジ
マサヤさん お母さんのオッパイいいですね~! 身体も細くて綺麗で、興奮しました。 年末年始の動画楽しみにしています!

No title * by okeasta
更新お待ちしておりました。 いつもながら興奮させていただきました。 母乳の味はどうでしたか? 私も飲んだことあります。 いつもの更新 楽しみにしております!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。