個別記事の管理2011-08-21 (Sun)
20110821-2


こんにちは、マサヤです。

少し、暑さが和らいできたような気がしますね。
これで、日記も集中して、書けるようになります。(笑)

今日は、途中で終わってた「思い出」の続きをUPしたいと思います。

「思い出 その1」は、100万アクセス記念に載せた日記です。
こちら↓
思い出 その1

さらに、
思い出 その2

1と2を読み返してから、今回のを読まれると良いと思います。


続きです・・・・

「大丈夫よ、マサヤ。。最初は誰でも早めに出ちゃうのよ。慣れてくれば、大丈夫っ。」
「僕、もっとお母さんのマンコを突きたかったけど・・・。気持ち良過ぎて、、、で、出ちゃったよ。我慢できなかった・・・。
「良いのよっ。。時間はちょっと短かったけど、気持ち良かったわよ。」
「お、お母さん。」
僕は、母の胸に顔を埋めます。
「あぁ、マサヤ。」
母は、優しく頭を撫でてくれます。

「ねぇ、、もっと、お母さんとHしたいよ。僕にもっと教えてよ。ねっ。」
「うふっ、、でも・・・、お母さん、、自身が無いの。。マサヤと同じ位の若い女の子と比べると、もうオバさんよ。それでも良いの?」
「うん。。良いっっ。僕は、若い子より、お母さんが良いんだっ。」
「ぁぁ、マサヤっ。嬉しいぃ。」
母は、僕にキスをしながら、僕の股間に手を伸ばします。

「あぁ、、凄いっ。。もう、こんなになってるじゃないの。出したばかりなのに。。
「だ、だって。。。」
「若いって凄いのね。今度は、私が上になるわね。」
そう言うと、母は勃起した肉棒にコンドームを被せ、そして僕の上に乗ってきます。
母は、肉棒に手を添えると、自分のマンコに宛がい、ゆっくりと腰を沈めます。
再び、肉棒が熱い肉壁に覆われます。
「あぁ、お母さん。。暖かい、、、っ。

母は、腰を器用に上下に動かします。
「あぁぁぁ、、、マサヤ~~っ。」
「お、お母さん。。」
母は、目を瞑り、腰を動かし続けます。
結合部に神経を集中し、快感に浸っているようにも見えます。
母の大きな乳房が揺れています。

僕は、母の腰を掴むと、下からマンコを突き上げます。
「あっ!! ま、マサヤ、、っっ。」
僕は、何も言わず、思いっきり腰を突き上げ激しく動かします。
2回も早く逝ってしまったので、今度こそはと思い、頑張ります。
「あ、、、ぁぁ、、ぁ、、ぁ、、ぁぁ、イヤっ。。ぁぁ、、ダメっ。。」
母は、僕に被さり抱きついてきます。

僕は、母のお尻を掴んで、下から突き上げます。
「お母さん、どう?」
「ぁぁ、良いわよ。。イイっっ。」
「お母さん、これからも僕と一杯エッチしてくれるんでしょ。」
「ぁぁぁ、、、そ、そんなにお母さんとシタいの?」
「うん。。シタいっ。毎日でもシタいよ。」
「・・・ええ、、良いわよ。シテあげる。」

肉棒をマンコに出し入れする度に、ヌチャヌチャと音がします。
僕は、腰を動かしながら母に話します。
「ぼ、僕さ~、いつか、、、お母さんのマンコに生で肉棒を挿れたいっ。」
「えっ、生って。。。だ、ダメよ。」

「生肉棒を突っ込んで、、そして、お母さんの中に、、、子宮に精子をぶちまけたいよ。」
「そ、、そんな事、、ダメに決まってるじゃない。で、出来ないわっ。」
「今じゃないよ。いつか・・・だよ。」
「今も、いつかも、、無いのよ。」
母は、僕の顔を見つめます。

「何で?」
「そ、それは・・・、親子でセックスするだけでも許されないのに、、ましてや、中出しなんて・・・。子供が出来たらどうするのよ。」
「う~ん、そうだけど・・・。ま、良いじゃん。。これは、僕の夢なんだから。僕が勝手に思ってるだけなんだからさ。」
「だ、だけど、、実の息子に中出し・・・されるなんて。。」
母は、そう言いながら自分から腰を振り出しています。
今から思えば、母は、僕に中出しされるのを想像して興奮したんだと思います。

「お、おぉ、す、凄いよ。お母さん。」
母は、身体を起こすと、自分で腰をグリグリと回転させ振り出します。
「あぁ、、お、、奥っ、、奥まで届くぅぅっ。 ぁぅ、、す、すご、、っ。」
「お母さん。お母さん~っ。」
僕は、母の胸を揉みしだきながら、下から母の痴態を眺めます。
さすがに3回目なので、長持ちします。

「あぁぁぁ、、イイっっ。マサヤ。。。こ、腰が勝手に動いちゃう。。と、、とま、止まらないの。」
「イヤらしいよ。お母さん。。。エロ過ぎだよ。」
「あぁぁ、、お父さんでは届かない所まで、肉棒が入ってきている~~ぅぅ。」
「ほ、ホント?」
「あぁ、ホントよ~。。子宮に当たってる~~ぅ。」
母のこんなスケベな姿を見るのは、もちろん初めてです。
僕は、今まで見た事の無い母のイヤらしい姿を見れた事に嬉しくなります。

「ぁぁ、、マサヤ。。。奥までガンガン来てるわっ。。凄い、、凄いわっ。
母は、ウンコ座りで腰を上下に動かします。
僕の肉棒が、母のマンコにズボズボと出たり入ったりするのが丸見えです。
(お母さんが僕の肉棒で悶えてる。。今までは、僕の想像だけだったけど、、、これは現実なんだ。僕は、お母さんとセックスしてるんだ。)
と、改めて感慨に浸ります。

「ねぇ、、お母さん。」
「な、なぁに。」
「ぼ、僕、、、今、お母さんとセックスしてるんだよね。」
「し、してるわよ。。母子でセックスしちゃってるわ。マサヤの肉棒が私のマンコに突っ込まれてるわ。」
母の声が興奮で、上ずっています。

「げ、現実だよね。。お母さん。」
「そうよ。現実よ。だって、熱いもの。。熱い肉棒が、私の中で脈打ってるっ。。現実よ。」
「ぁぁあ、、お母さん。。お母さん。」
「マサヤっ。マサヤ~~っ。」
「僕、お母さんの事、大好きだよ。中学の頃からお母さんとセックスしたかったんだ。」
「ああ、嬉しいわ。お母さんもマサヤの事、大好きよ。」
母が、ギュっとしがみ付いてきます。
そして、激しく舌を絡め合います。

「気持ち良いよ、、お母さん。。セックスがこんなに気持ちイイなんて・・・。」
「マサヤ。。。これは、お母さんとだから気持ちイイのよ。他の女性なら、こんなに気持ち良くないのよ。」
「そ、そうなの?」
「そうよ。。だから、お母さん以外とはセックスしたらダメよ。
「う、、うん。。分かったよ。」
母は、僕にキスをすると、再び激しく腰を振り出します。

「あっ、、だ、、ダメっ、、い、逝っちゃう。。マサヤ、、、お母さん、逝きそうよ。」
「えっ。。ホント? 僕の肉棒で、逝くの?」
「うん。い、逝きそうよ。」
僕は、滅茶苦茶に下から母のマンコを突き上げます。

「あぁ、、凄いっ。。もっと、、もっと、突き上げて。。」
僕は、軽くブリッジする位の勢いで突き上げます。
「あぁ~~ぁ、、そう、そうよ。。もっと突き上げなさい。お母さんのマンコを壊すぐらいの気持ちで~~ぇぇっ。」
「う、、うぅ、、お母さん、、逝ってっ、僕の肉棒で逝ってよ~~。

生意気にも母を逝かせようとイキがった途端、僕にも、もの凄い快感が押し寄せて来ます。
「だ、ダメだ。。で、出ちゃいそうだ。」
「あぁ~~ん。。イヤっ。。我慢して、マサヤ。。もう少し、もう少しでお母さん逝きそうなの。」
「で、でも・・・。」
「ダメっっ。。我慢してっっ。我慢するのよ!!お母さんを逝かせてっっっっ。」
「ああ、、う、、うぅうぅ。
僕は、必死で我慢します。

母の腰の動きが激しくなります。
「あ、あぅ、、ぅぅ、、凄いっ、、凄いぃぃ。。ま、マサヤ~~、、お母さん、逝っちゃう、、逝っちゃうわ~~ぁぁぁ。」
「お母さん、、は、早くっ。。早く、逝ってよ~~、お母さ~~ん。」
僕は、逝かないように、お尻の穴を引き締める感じで耐えます。

「い、、いく、、逝っちゃう~~、、あぁ~~、マサヤの肉棒で、、息子の肉棒で逝っちゃう~~ぅぅぅっっ。
と、同時に母の身体が硬直し、ビクンビクンと痙攣します。
僕は、こんなに激しく逝く母を見るのは初めてなので、ビックリします。
マン舐めで逝った時とは大違いです。
と、同時に金玉の辺りに生暖かい感覚が・・・。
おしっこか、潮か分かりませんが、マンコから何かが噴き出たようです。

「ぁぁぁ、、ぁ、ぁ、ハァハァ、、ぅぅ、、ハァハァァ。」
母は、僕に覆い被さり、グッタリしています。
時々、ピクッ、ピクッと痙攣しています。
「あ、、あぁ、お母さん、、、だ、大丈夫?」
「ぁぁ、大、、丈夫、、よ。。ハァ、、ハァ、・・・お母さん、マサヤに逝かされちゃった。」
母は、そう言うと僕にキスしてきます。

一旦、肉棒を抜きます。
「お母さん、気持ち良かった?」
「ええ、、すご~く気持ち良かったわ。。良く我慢したわね。」
「お母さんを逝かせたかったんだ。」
「も~~ぉぉ、、私の方が、マサヤから離れられなくなっちゃいそう。」
僕は、嬉しくなります。

「さぁ、今度はマサヤが、お母さんのマンコで逝って頂戴ぃ。
母は、下になるとマンコを両手で広げて誘います。
「う、うん。じゃぁ、生で挿れて良い?」
「ダメに決まってるじゃない。調子に乗らないのっ。

僕は、グチョグチョになっている母のマンコに狙いを定めます。
「お母さん、挿れるよ。」
「良いわよ。。おいでっ。」
僕は、再び、母のマンコに肉棒を突っ込みます。

「ああ、、やっぱり、お母さんのマンコは何度入れても気持ちが良いよ。」
「ぁぁ、マサヤ。 お母さんのマンコで逝って頂戴ぃ。」
「うん。」
僕は、腰を回したり、緩急を付けたりなんて忘れてしまい、無我夢中で腰を振ります。
僕の肉棒が母のマンコに出たり入ったり、単調な動きです。

「あぁ~~、、お母さんっっ。」
「良いのよ。。マサヤの好きなように動きなさい。好きなようにマンコを突いて良いのよ。」
「気持ちイイ。。気持ちイイよ。お母さんっっ。」
「あぁ、お母さんも気持ちイイわよ。 さぁ、キテっ。。

僕は、母にしがみ付き、腰を振り続けます。
「逝くよ、お母さん。」
「キテっ、、きてっ。。そのまま、そのままキテっっ。」
「お母さん、お母さん。」
「あぁ、、マサヤ、マサヤっっ。」
「お母さん、逝くぅぅぅ。
僕は、母の中で射精します。(と、言ってもゴム付です)

母は、僕を抱き締め、身体をさすります。
「マサヤ、、気持ちよかった?」
「うん、お母さん、、最高。」

母は、腰をズラし、肉棒を抜くと、僕の肉棒からゴムを外してくれます。
「あらっ、、3回目にしては、量が多いわね。
母は、ニコニコして言います。
僕は、恥ずかしくて下を向きます。

結局、僕が自分の部屋に戻ったのは、朝方でした。


この話は、もう何年も前になりますが、今でもハッキリと覚えています。
この日以来しばらくの間、父とクミが居ない時には、僕は母の身体を求め交わっていました。
学校をズル休みして朝から一日中セックスした事もありました・・・。

僕は、母とエッチすればスル程、母の身体にのめり込んで行きました。
それは、母も同じだったと思います。
思い出すと、少し恥ずかしいです。
僕も若かった・・・。(笑)

* Category : 未分類
* Comment : (20) * Trackback : (0) * |

No title * by マサヤファン
写真が誰かとか解説あるとうれしいです!

No title * by ふんどし
もとから遅いわ!

No title * by 台風
最近ペースが落ちてきましたね

No title * by E.T
いろんな体験談があるけどマサヤさんの体験談が一番興奮できます!

No title * by ポチ
最初なのでお母さんのほうに大分余裕があるみたいですね。 でも今では逆転してますよね~

No title * by 藤子
いや~ん…オ・ネ・ガ・イ

No title * by フジツボ
嫌です。

No title * by フジ
マサヤさんとお母さんの日常生活を書いて見てください。

No title * by なっつ
改めて最初から読み直したけど、興奮する内容だな~ やっぱり初めての経験は忘れないモンだよね。 素敵なお母さんに手ほどきして貰って羨ましい♪ アップお疲れ~

No title * by スマッシュ
マサヤさんの記事を読む度に ボクの肉棒も興奮して 溢れています。 1日中セックスなんて羨ましいです。 私も1日中セックスしたい(笑)

No title * by ゆうた
エロすぎます

No title * by 君の瞳に乾杯
おはようございます初めてコメントします。一番最初から、興味深く拝見しています。私は、京都府舞鶴市在住の五十代半ばの男性です。はっきり言って、もしマサヤくんの年齢で、自分に魅力的な母親がいて、マサヤくんのようなデカチンがあれば、母子相姦の関係になっていたと思います。お願いがあります?マサヤくんが、お母さんとアナルセックスをしたときに、デカチンを抜いたアナルの、大きく広がった写メを、送ってくれませんか?お願いします。ではまた

No title * by フルーツポンチ侍G
今回のトップ画はお母さんのようですねw 本当に若くみえるサトミお母さんですね^^

No title * by か~にゃん
凄い。 ズル休みして、1日中母親とセックス… 読みながら、汁が先から溢れてきました。 ヤバい(;^_^A

No title * by げる
久々のUPは、過去に遡って気になっていた内容でした 本当に、サトミママってエロい母ですね! いやぁ~!良い内容でした!

No title * by 亀千民
羨ましい。 興奮しますね。 投稿されていた寝取られ親父さんの奥さんと息子さんの最初はどうだったんでしょうかね。 マサヤさんと同じように何回もされたんでしょうね。 気持ち良いんだろうな。

No title * by ナシ
すげー記憶力。

No title * by ARK
投稿お疲れです! 毎回ビンビンしながら読ませて頂いてます 自分もいつかそっちの道に目覚めないかとヒヤヒヤです(笑) 次回も楽しみにしております(´∀`)

No title * by ご苦労様でした
やっと、更新してくれましたね 暑い中、お疲れ様でしたしかしながら、いつ見てもマサヤ君は羨ましい境遇に有りますね やりたくなったら熟したサトミママや若い蕾の妹さんとやれるし、たまに親戚の叔母さん(漢字合ってるかな?)と以前まではやれてたし…。 そう言えば、サトミママの妊娠報告はまだかな?マサヤファンの大半(たぶん…)は、まだかまだかと妊娠報告を待っていると思います。 今度の更新時は、また投稿編の続編をお願いしますね。

No title * by okeasta
いつもながらすばらしく感じる記事ですね! パンコキしたくなります。 トップの写真はモザイクしているけどいい感じで感じてますけど、お母様なんですか?

コメント







管理者にだけ表示を許可する