個別記事の管理2010-08-11 (Wed)

こんにちは、マサヤです。

日記の更新です。


前回の続きからです・・・・

朝、目が覚めると、時計は11時を指しています。
身体がダルいです。

昨夜の事を思い返します・・・。
(昨日の事は、夢じゃないよな・・・。はぁ~、、、僕もクミも酔っていたけど、、、ちょっとヤリ過ぎたかな・・・。あ~、あんな事しなきゃ良かったかな。。。やっぱり、母との事は秘密にしといた方がよかったかなぁ・・・。)
考えれば考えるほど、後悔の念が湧いてきます。
(ま、でも、いつかは、バレる事だし、まぁ良いか。)
僕は、前向きに考えるようにします。

リビングに行くと、母がテレビを見ながらソファに座っています。
「あ、おはよう、マサヤ。
「おはよう。」
僕は、冷蔵庫からオレンジジュースを取り出し、コップに注ぎます。
コップを持って、母の横に座ります。
「クミは?」
「クミなら、朝早く、自分のアパートに戻ったわよ。」
「あ、そう。。。お父さんは?」
「お父さんは、さっき帰ってきて、寝ているわ。」

母は、コーヒーを飲みながら、
「今日は、2日酔いでキツイわ。。身体が、ダルいの。」
「僕も少ししんどいよ。 夕べは、激しかったからね。(笑)」
「うぅ、、、私、あまり覚えてないのよ。」
「えっ、お母さん、凄かったよ。僕の肉棒を離してくれなかったよ。」
「ウソ~。本当?」
この様子なら、クミが見ていた事は、完全に知らないでしょう。
僕は、安心しました。

僕は、次の日、自分のアパートに帰りました。



7月15日・・・・

12日の月曜日から、母が、僕のアパートに来ています。
今週は父が、出張だからです。

この日も、僕が帰ると、すでに夕食の準備が出来ていました。
僕は、シャワーを浴びてから、夕食を頂きます。

母と2人で、夕食をします。
「ねぇ、マサヤ。」
「うん?」
「お盆は、2人でどこか旅行にでも行かない?
「え~、ドコ行っても混んでるよ。それにお父さんも休みでしょ。」
「う~ん、そうだけど・・・。」
「お盆は、皆で、おじいちゃん家(お父さんの実家)に、行くんじゃないの?」
「う~~ん、お父さんは、そう言ってたけど・・・。」
「でしょ。 2人で旅行は、9月か10月にしようよ。。僕、有給を取るからさ。」
「え~っ。ホント? じゃあ、その時にしましょ。 約束よ。」
母は、嬉しそうに微笑みます。

夜11時頃、母がお風呂に入る前に、聞いてきます。
「ねぇ、マサヤ~。 今夜は、どうするの~? ・・・疲れてるの?」
「う~ん。」
母が、僕のアパートに来てからまだ一度もセックスしてません。
僕は、仕事が忙しくて家に帰るとドッと疲れが出て、ヤル気が湧かず、ずっと断っていたのです。
でも、もう母とは、あの日以来、2週間近く、セックスしてない事になります。
(そろそろ、しといた方が良いかな・・・。明日一日頑張れば、休みだし・・・。

「お母さん、今夜は、愛し合おうか。」
「うん♪ 分かったわ。」
母は、ルンルンで、お風呂に向かいます。

母が、お風呂に入っている間、僕は、ブログのコメントを見せる準備をします。
しばらくして、母がお風呂から出てきました。

「ねぇ、ど~~ぉ?」
僕は、振り向いて母を見ます。
母は、フトモモ丈の黒のパンスト(柄入り)、黒のレースのパンティ、黒の半カップのブラを身に付けています。
「おぉ~~。凄いよ、お母さん。。。イヤらしい。。
母は、僕の横に来ると、甘えながら言います。
「マサヤ、こういうの好きでしょ。。。ねぇ~~、今日はイッパイ愛してね。」
「うん、分かったよ。 でも、その前にコレを見てよ。」
僕は、はやる心を抑えつつ、母に、動画をUPした時のブログとコメントを見せます。
もちろん、僕に都合の悪いコメントは、見せませんが・・・。(笑)

母は、UPされた動画を見て、驚きます。
「え~~っ、こんなのを載せたの? 皆が見たの? 恥ずかしいじゃない。」
「良いじゃん。。。でも、皆のコメントを見てごらんよ。」
「えっ。」
「皆が、お母さんのマンコを見て、コメントを書いてくれてるよ。」
母は、興味しんしんで、皆のコメントを読みます。

僕は、パソコンを覗き込んでる母を後ろから抱き、胸を揉みます。
半カップのブラなので、ブラを外すことなく、乳首をイジれます。
僕は、母の耳元で、
「ねぇ、、、何て書いてある?」
「あ、、ぁぁ、、、は、恥ずかしいわ。」
母は、モジモジしています。

「良いから、教えてよ。 皆は、お母さんのマンコ、どうだって?」
僕は、後ろから乳首をコリコリと摘みながら聞きます。
母は、身体をよじりながら答えます。
「ぁぁ、、みんな、、私のマンコ、イヤらしいって・・。」
「そうだね。。。みんな、お母さんのマンコ見て、オナニーしたって書いてあるよ。」
「あぁ、、そ、、そん、な。。い、、イヤらしい・・・。」
「ねぇ、何人もの男性のオナニーのオカズになるって、どういう気分なの?」
「あぁ、、わ、分からないわっ。」
僕は、母のパンティに手を突っ込むと、すでにグッチョリ濡れています。

「あぁ、お母さん。。。もう、こんなに濡れてるじゃん。」
「だ、だって・・・。」
母は、振り向くと、僕にキスをしながら、僕を押し倒してきます。
もの凄い勢いで、舌を絡めてきます。
「ん、、んん、、ぁぁ、、ま、マサ、ャ。。。」
「ちょ、、っ、、お、、お母さんっ。」

母は、僕の身体を舐め回し、最後には、肉棒を咥え込みます。
僕は、身体をズラしつつ、母のお尻を顔の上に持ってきます。
69の体勢になり、お互いの性器を舐め合います。

僕は、母のパンティをズラしながらマンコを舐めます。
時々、パンスト越しにフトモモを舐め回します。
パンストフェチの僕にとっては、このパンストのザラザラ感は堪りません。

僕は、指をマンコに突っ込みながら、クリを吸い上げます。
母は、呻きながらも、口から肉棒を離しません。
母のマンコから指を抜くと、愛汁が糸を引くぐらい、トロトロになっています。

僕は、そろそろ挿入しようとして、身体を起こし、母を横にしようとしますが、母は、肉棒を咥えたまま離しません。
「いや~ん。。。もっと、シャブりたいっ。。もっと先汁を啜りたいの。」
母は、そう言うと、肉棒を握り締め、先っぽから溢れ出る我慢汁をチューチュー吸います。
「お母さん、肉棒が好きなんだね。」
「あぁ、だって、、、久しぶりの肉棒だもの。。。もっと舐めていたいの。」
母は、美味しそうに肉棒を舐め続けます。

「今週、お母さんが来てから、ずっとシテないよね。欲しかったの?」
「あぁ、そうよ。マサヤったら、求めて来ないんだもん。。寂しかったわ。。。ず~っと、マンコが疼いてたのよ。」
「まさか、僕が会社に行ってる時に、オナニーしてたとか・・・?」
「・・・知らないっ。。バカっ。

それから母は、ネットリと僕の肉棒を、15分以上舐め続けました。
「マサヤ。。。もう、マサヤと繋がりたいっっ、、頂戴っ。。。」
もう充分堪能したのか、母は、身体をクネらせながらオネダリします。
僕は、母の脚を開き、パンティをズラすと、マンコはパックリと開き、ピンク色の膣口がヒクヒクしています。

僕は、肉棒をその膣口に、一気に突き刺します。
「あぅ~~~、、ぅぅ、ぅぐ、、あ、、、あぁぁぁ、ぅぅぅ、、ぐっ、、ぁぁ。。」
母は、声にならない声をあげて、身体をのけ反らします。
イヤらしい下着を付けたままの母を犯すのは、興奮します。

僕と母は、汗だくになりながら交わります。
もちろんパンティには、愛汁が染み渡ってます。
「ハァハァ、、ねぇ、お母さん。。。コメントに、、みんな、、、お母さんとヤリたいって、書いてあったね。」
「ぇぇ、、・・・・・・。」
「ねぇ、どう思った? この、、今、僕が突っ込んでるマンコに、みんなも肉棒を突っ込みたいんだって・・・。」
「・・・あぁ、、イヤらしいっっ。。みんな、私とヤリたいの。。。突っ込みたいの?。」
「ああ、そうみたいだよ。お母さん。」

母の表情が一層イヤらしく変わった気がします。
母は、舌で自分の唇を舐め回しながら、、さらに、自分で胸を揉みしだきながら言います。
「あぁ、、、突っ込まれたいっっ。。。色んなチンポを突っ込まれたいわっ。。」
「えっ。。」
皆さんのコメントを読んで、母は、色々と想像してしまったのでしょうか。。。
母の意外な言葉に、僕はビックリします。
「口や、マンコに、、チンポを突っ込まれてみたいっ。」

僕は、少しムッとしながら、嫌味っぽく言います。
「じゃあ、ブログを読んでる皆に、貸し出そうか・・・、それとも、3~4人で輪姦した方が良いかな・・・。」
「あぁぁ、、シテっ。。マサヤの好きにしてっっ。。。」
母は、時々、このような事を口走ります。
僕が興奮すると思って、ワザと言っているのか、それともついつい本心(浮気心)が出てしまうのか分かりません。
僕としては、「嫌よ。マサヤだけよ。」と、言って欲しかったのですが・・・。

ムカ付いた僕は、
「みんなのチンポをこのマンコで、シゴイてやるのか? 大勢の男を逝かせてやるのか?」
「あぁ、、イイわよ。。私の、、、私の、マンコで、、色々なチンポを射精させたいっっ。。おクチでも、逝かせたいっ。。」
「ほ、、ホントに、、、ホントに良いのかっっ?」
「えええ、、、動画じゃなく、直に私のマンコを味わって欲しい。。。」
「・・・・・・。」
「あぁ、、、そして、、「悪い母親だ!!」って、虐められながら、マンコを突かれたいの~~~っっ。」
「うっ、、うぅ、、お、お母さん。」
「マサヤの見てる前で、お仕置きされたいの。。。私達の関係を知ってる人に・・・。何本ものチンポを次から次へと、突っ込まれ、、たぃぃ、、、ぁぁぁ。。
母は、快感で身体を痙攣させてます。

多分、母の言葉は、興奮する為に発しているのです。
いつもなら母のH言葉に付き合う僕ですが、、、今日は僕の気持ちが付いて行きません。
僕は、複雑な気分で腰を振り続けます。
母は、目を瞑り、想像の世界に浸っているのでしょうか・・・。
母のマンコからは、愛汁が溢れ続けます。

「ねぇぇ~~、マサヤっ。。どうせなら、マサヤよりチンポのデカイ人がイイわっ。」
僕は、この言葉で、カチンときました。
半ギレです。(笑)
嫉妬した僕は、母の乳房を鷲掴みにし、思いっ切り、握り締めます。
「この淫乱女!! 息子のチンポだけじゃ満足出来ないのか?」
僕は、母のパンティを引きちぎり、破り捨てます。
そして、乳房をグチャグチャに潰しながら、勢いよく腰を叩きつけます。

「あぅぅぅぅ、、うっ、、ハァ、、ああ、、す、、凄いっ。。こ、、壊れ、、ちゃ、、う~~~っっ。」
母の乳房は、握り締めた指の後が残るぐらい、真っ赤になっています。
「このっ、、、このっ、、淫乱母親めっ。」
僕は、恥骨が痛いくらいに肉棒を押し込み、叩きつけます。
さらに、乳房を叩きます。

「あ、、、あぐぅぅ、、あっ、、ぁぅぐぅぅぅ、、だ、、、ダメ、、ぇぇぇ、、ぁぁぁ、ぁ。」
母は、身体をヨジリ仰け反ります。
「ま、、、ま、、さゃ、、っ。。」
僕は、母のマンコが壊れるぐらい、メチャクチャに肉棒を激しく出し入れします。

「あ、、ぁぅ、、い、、いぐっ、、逝っちゃう~~~~っ。
母は、大きな声を出すと、一瞬息が止まり、身体を痙攣させます。
と、ほぼ同時に、僕も、母の子宮に、大量の精子を吐き出します。
その直後、マンコから潮(おしっこ?)が溢れます。

母は、グッタリと気を失ったようになってます。
肉棒を抜くと、大量の精子が溢れ出します。
母のマンコは、だらしなく開き、精子を垂れ流しながら、ヒクヒクしています。
布団が、潮と精子で凄い事になっています。

僕は、母のマンコも拭かず、そのまま眠りについてしまいました。
母も寝てしまったと思います。


7月16日

次の日の朝、重い身体を引きずりながら出勤します。
母は、珍しく、まだ寝ていました。

通勤途中で、一通のメールが送られて来ました。
「おは! お兄ぃ。 今日の夜、お兄ちゃんのアパートに遊びに行って良い??
クミからです。
あれ以来、一度も連絡が無かったのに・・・。

(お母さんは、今日の昼に家に戻るし・・・、夜は暇だな。)
僕は、スグに返信します。
「OKだよ。 晩飯を食べに連れていってやるよ。 お洒落して来なくて良いからな。(笑)



続きます・・・・
* Category : 未分類
* Comment : (41) * Trackback : (0) * |

No title * by 梁
マサヤくん、はじめまして。 この本文見ながらオナってました(*^_^*) 一緒にイキました。 気持ち良かったですよ! 今後も楽しみにしていますね

No title * by ストレーガ
マサヤ君、こんにちは。ストレーガです。この度はマサヤ君のブログでいろいろとお騒がせしマサヤ君に悲しい思いをさせてしまった事を当事者の1人としてお詫び致します。申し訳ありませんでした…。 今後は静かにブログを見て行きます。 追伸:1日も早く妹さんとのカラミを期待してますね。

No title * by マサヤ
こんにちは^^ 多くのコメントありがとうございます。 いつも励まされています。 僕からのお願いです。 コメントの内容は自由ですが、訪問者さん同士で、言い合うのは止めて頂けないでしょうか。 やはり、見ていて心が痛みます。 ワガママなお願いですが、どうぞよろしくお願いします。 m(_ _)m

No title * by 吉岡キラー
マサヤさんは、正直、母と妹との3Pをしてみたいですか?

No title * by ハナクーソン
己のポコチン自慢という愚行をする奴らがたまにいるからいけない。ここでそんなことをしても仕方ないだろうに。

No title * by 電池っち
うぉ~!なんかすごいことになりましたなwてか家族で4P出来んじゃん! 更新待ってます

No title * by とも
いよいよ妹さんとですか?お母さんと3Pもいいでしょうね?

No title * by セブン
中傷している2人他の所にいけ。 ここは、マサヤさんの日記へのコメントするところだ。

No title * by ジェイソン
今日は、13日の金曜日その2の、更新待ってます!

No title * by マサヤさんファン
みんなでマサヤさんのブログを楽しみましょう。 互いに中傷しあわず楽しめたらと思います。

No title * by しん
人妻さんへ、あなたの主人と比べて見ては! ご主人より俺はセックスがうまいですよ。 それになにがキモいのかな!人妻さんは旦那に内緒で日記を見てるとはね 欲求不満なんですか? 俺が人妻さんをイカせてあげようか?潮も吹かせてあげますよ。返信待ってます。

No title * by 吉岡明
妹からの電話の着信音は何ですか

No title * by 人妻
やっぱりきもい ていうか文章がアホでわかりづらい ペーパーの芯より二センチ長いのか短いのかわからない きっと短い

No title * by しん
『しんさんきもい』と書いた人!なんできもいのかな!あなたは何歳? 俺の曲がったチンポ奥さんに入れてあげようか! 俺のサイズはトイレットペーパーの芯より二センチ位の長さです。太さも 二センチ位かな太いのは さとみさんはきもいとか 言わないはずですけど ねっ人妻さん!

No title * by 名無し
楽しみにしてます

No title * by ぬくぬく
まさや氏の父には悪いが父は蚊帳の外で頼む 父には興味がないのでね

No title * by 人妻
しんさんきもい

No title * by 草介
いよいよ妹さんを犯すんですね。 お母さんみたいに淫乱なんですかねー

No title * by ・・・
左に曲がってる…とコメントに書いてる人が居ますが 右に曲がってる人が珍しく 気持ちが良いらしいですよ。 ほとんどの日本人が右利きなので セ〇ズリしすぎると左に曲がると聞いたことがあります。

No title * by 純也
マサヤさん、何度見ても興奮しますよ! 付き合ってる彼女の息子さんが、盆休みで帰って来るそうです。2日間は他の家族が居ないそうで・・何も無いのは分かっていても、妄想して妬いてしまいます。 また、父親とさとみさんとマサヤさんの絡み・・・今度は、実際に3人での、又は、妹さんを入れての4人でのプレイを期待してます。・・失礼します。

No title * by 小説家
これはフィクションではなくて本当の話でしょうか??? 官能小説としては頗る面白いのですが… もし真実なら恐ろしい一家ですよ! マサヤさん!早く目を覚まして下さい。真面な結婚いや、人生がおくれませんよ! 貴方の将来のお子さんが同じ道を歩まぬように… 真実でないことを祈っています!!!

No title * by しん
早く更新してください もう溜まりません。 さとみさんに僕のコメント見たのでしょうか? 感想聞きたいのですが! さとみさんはまさや君よりでかいチンポが良いと日記で言って折りましたね なんだか俺はかなりショックマサヤ君より小さいからただ俺のは僕が真下を見たら左に曲がってますさとみさんに必ず伝えてください。そしてこんな事言われたいです『しんさんの曲がった チンポしゃぶりたいの~ その後私のマンコに入れて貰いたい。』っそんな事言われたいな~ 一回本で読みましたよ 俺見たいに曲がってるチンポが一番感じるらしいですよ。当たる所が違って さとみさん今からまたセンズリします

No title * by 熟男
前回のコメントで妹さんとの進展を期待してましたが、今回もまたまたお母様だったんですね。 お母様のプレイ中の妄想のうわ言ですが、あくまでもマサヤさんの興奮を誘ってのことだと思いますよ。 しかしマサヤさんがしたいのなら、何でも言うことを聞くでしょうね。 どんなプレイもマサヤさんのためなんですよ。 マサヤさんの興奮が暴走してしまってどんどん進んでしまうと、マサヤさんの精神状態もコントロールできなくなる可能性もありますよ。 マサヤさんも前に乱交プレイを経験していますが、最中は興奮しても、相手とのコミニュケーションが上手くできなくて後味の悪い思いをしたことがあるじゃないですか。 私にも経験があるんですが、「貸し出し」をした時に、一人で今頃どんな事をされてるのか?を考えると正常な状態では居られませんよ。 帰ってきて、どんな事をされたのかを聞いても、言葉で説明を受けても100パーセントは信じられなくて・・・。 まだマサヤさんのプレイは、自分の目で見ていることですから程度は軽いと思います。 妹さんとのこと、更新を楽しみにしています。

No title * by 閻魔大王
地獄絵図の始まりだ~~~! マサヤ君の子供をお母さんと、妹に産ませる!最高~! 頑張れ!期待してるぞ!日本一いや世界一の近親家族! 犬畜生より凄いぜ!!!

No title * by 為五郎
興奮しますねぇ~。二人のセックス場面が、見えるような文章ですね。 次はいよいよ妹さんかな?。ワクワクドキドキして待っています。

No title * by しんご
さとみさんの、まんこにツッコミたい。

No title * by たら@
つ…ついに… 物凄くワクワクする…そのうち妹の動画とかも… まぁあまり深く期待せずに待ちます(笑) ゆくゆくは母と3Pになりチ@ポの取り合いになるのかなぁ… 続きが楽しみ♪

No title * by 博多大介
今度メールでいろいろと話をしませんか?

No title * by つよし
しかし、おかんとのプレイ興奮するー!!自分も下着フェチなもんでエロ下着をまとってのプレイなら尚更!ちなみに今回の内容を読んで、自分の以前の不倫相手であった年上のお色気ムンムン彼女が大の年下のイケメン好きであって、よく年下としたい!とか、可愛い顔の高校生の童貞を食べた~いとか何とか聞かされて嫉妬心を煽られまくったのを思い出しました(笑)あと、今回のザーメン垂れ流している画像は、おかんですか?もっともっと、おかん画像と声入りの動画が見たい!!まさやん、よろしくねっ♪

No title * by ポニョ
いゃ~ァ、今回も良かった!素晴らしい! いよいよ妹クミちゃんとの相姦が幕を開けるようですね。期待してますよ! 呪われた忌まわしい性欲の一家の物語を。

No title * by げる
マサヤ氏、母との情交素晴らしい表現多々で下半身も反応しちゃいます! ドンドン淫乱になるサトミ母の悶え方が異常に興奮しちゃいますね! もっとタップリとサトミ母の子宮にザーメンを注入して孕ませて欲しいっす そして、遂にクミ妹さんとの扉が開きそうっすね! こっちも楽しみっす! 続きのUPを楽しみにしております!

No title * by 純也
完全にマサヤさん劇場に嵌まってしまってしまいました。 今、50歳になる人妻と付き合ってます。 マサヤさんの影響を受け、今夜、彼女とのセックスに、いきなり、彼女の息子さんと3Pしているシチュエーションでプレイしました。 息子さんは、私よりもかなり大きなデカマラという設定で楽しみました。 彼女は、その設定に嫌がりましたが、私がマサヤさんのお父さん役で、~父の前~ の時のように、息子さんと彼女が激しいセックスをするというふうにしたら、そんなの嫌と言いながら、今までにないヨガリ様でした。いつもより早く、激しく逝った彼女でした。 しかし、もうこんなの止めて!と言った彼女でしたが、 まんざらでもなかった感じでした。 私も、なんか凄いスピードで究極のセックスに進んでいる気がします。これも、マサヤさんのブログに出会ったお陰だと思います。こんな燃えるセックスが出来るようになったのも、マサヤさんに感謝です。 今回、妹さんとの発展かと思ってましたら、またまたお母さんだったので、私たちのセックスのおかずに使わせてもらいました。 まだ彼女には、このブログはしらせてませんが、時期をみて一緒に楽しめたらと思います。 4Pというコメントが幾つかありましたが、私も、親子で4Pをしてくれることを、マサヤさんの今後に期待してます。 長々と済みません。マサヤさんのお陰で、楽しい夜になりました。ありがとうございます。 ・・・失礼します。

No title * by がっくん
興奮しました、お母さんは淫乱だね。久美さんとの続きが楽しみです、更新待ってます

No title * by ボン
1ヶ月前ぐらいにこのブログを知ってからハマってしまって毎回チェックしています。 毎回毎回内容が凄くなっていきますね(笑)

No title * by 秘密
今度、マサヤくんのお母さんをお買い物で見かけたら声を掛けちゃうよ(o^∀^o)。 で、セックスしちゃうよ。でも、コンドームを着けてセックスしないとね…! 性病が心配だからね(o^∀^o)。

No title * by セブン
次回クミちゃんとセックスするのかな?父さんも交ぜて4Pしたと言う報告も期待してます。 早めの更新待ってます。

No title * by チュウバッカ
ついに来た?妹クミちゃん 食べるのは夕食だけじゃないでしょ

No title * by 純也
待ってましたよ!マサヤさん、本当にお母さんとのセックスが一番興奮しますね。 また、お母さんも欲張りですね! マサヤさんのデカマラ以外の、 更に大きなデカマラが欲しいなんて、 マサヤさんも妬けちゃいますよね。 今、私のがガチガチビンビンです。こんなに興奮させてくれるマサヤさんは、ヤル事も凄いですが、とにかく 文章がまた凄いですね。 次回は妹さんですか? 正直、あまり興味無かったんですか、なんかこのままでは、マサヤさん劇場にどんどん引き込まれていきそうです。 個人的に、お母さんとの結合動画を楽しみにしています。 ・・・失礼します。

No title * by imajin
補足ですw度々すまないね。先程のメールでちょっと言葉が足りない部分があった。ぶちこむのは勿論、口もあるが、クミちゃんのマ○コだからね(笑)

No title * by imajin
今日の更新はお母様には悪いが、前菜のようなものだねwついに来たようだね…私から言うことは唯一つ、クミちゃんにマサヤさんの肉棒をぶち込みなさい GO!GO!マサヤ

No title * by 001
いよいよ。。。 妹と一発!∩^ω^∩ 顔射の後だけに萌えますね燃える? どっちだろう?(爆笑 4P5Pの前夜祭だ!

コメント







管理者にだけ表示を許可する