個別記事の管理2015-11-22 (Sun)
20151122


こんにちは、マサヤです。

3連休、皆さんはいかがお過ごしですか?
11月だというのに、暖かいですよね。

更新が少し遅れて、皆さんから心配のお声を頂いています。
今日は、書きかけの日記ですが、UPします。

短いですが、お許し下さいませ。



日記の続きです・・・・


高橋夫妻の家から自宅に帰った、その夜。。

久しぶりなので母から求めてくるかと思いきや、、母の体調がすぐれないとの事で早めに就寝。
もちろんセックスは無し。
昼間に、高橋奥様とさんざんヤリ捲くったので、少しホッとしながら床に就く僕です。


次の日からは、今まで通りの生活に戻ります。

しかし、高橋奥さんの事で後ろめたい気持ちも有り、何となくギコチない僕です。
それに、母が元カレとどうなったか知りたいのに、直接聞けないのも、態度がギコチなくなる理由の一つでもあります。


そんな中、9月に入って、母が時々、実家に帰るようになります。
理由は、お婆ちゃんの体調が気になるからとの理由です。

「うん、良いよ。 ゆっくりしてきなよ。 気を付けてね。
僕も、一緒に行けば良いのですが、何となく躊躇してしまいます。

母とチビが、お婆ちゃん家に行った時は、僕は1人で過ごしています。
(当たり前ですが・・・)
今までは、いつも3人一緒にだったのに、少しづつすれ違いが多くなってきた気がします。



9月下旬・・・・


夜、布団に入り、母から求めて来たので、交わります。
9月に入って2回目の交わりです。

僕は、知らない内にパイパンになっていた、母のマンコを舐め回します。
「どうして剃ったの?」
・・・なんて、聞けるはずも無く、僕は、黙ってパイパンマンコを左右に広げ、舌を差し入れ舐め上げます。

「あぁぁ、アナタぁ、イイっ。 あっ、そ、ソコ、、ソコっ。」
母は、いつものように身体を退け反らしながら、僕の頭を掴み、アエギます。

「アナタぁ、私もっ、私もアナタの咥えさせてぇぇ。
そう言いながら母が、身体をズラして来るので、僕も身体をズラし、69の体勢になります。
母は、僕の肉棒を掴むと、最初から激しく吸い上げます。

「あぁ、う、ぅ、うぐぅ、うぅ、、ぅぅ。」
母は、僕の肉棒を根元まで飲み込みます。
亀頭が、母の喉奥に当るのが分かります。
あの夏の日から、母が僕の肉棒を喉奥まで咥える事が多くなりました。

母が肉棒を、喉奥まで咥えると、愛汁がどんどん溢れてきます。
「あぁ、凄い愛汁だよ、、サトミぃぃ。」
僕は、その溢れる愛汁を啜り、飲み干します。

母のフェラは、激しさを増してきます。
それに合わせて、僕も激しく母のマンコを指と舌で愛撫します。
「うぅ、ぃ、、ぐぅ、、ぅぐぅ、、いぐぅぅ。。」
母は、肉棒を喉奥に咥えたまま、マンコを舐められながら、絶頂に達し身体を痙攣させます。

僕は、少し違和感を感じます。
なぜなら、以前は、母が肉棒を喉奥に咥えて逝くなんて事は、ほとんど無かったからです。

明らかに、あの夏の日(お盆辺り)から母のセックスが変わった気がします。
やはり、元カレの影響でしょうか。。

僕は、そんな事ばかり考えながらセックスしてしまってます。
当然、あまり興奮せず気分が乗りません。

僕は、身体を痙攣させている母を仰向けにさせると、ベチョベチョのマンコに肉棒を押し込みます。
「あうぅ。。」
母は逝ったばかりのマンコに肉棒を挿入され、一瞬身体を強張らせます。

僕は、痙攣が残るマンコを突き捲くります。
「あぁぁ、イィっ、、アナタぁ、、良いのぉぉ、、マンコ気持ちイイっっ。
母は、身体をクネらせながら感じています。

そんな母をよそ目に、どこか醒めた感じで腰を動かす僕が居ます。
確かに、母のマンコは気持ち良いです。
でも・・・・、気分が乗らないのです。


フト、、高橋奥さんとの交わりを思い出します。
母とセックスしてる時に他の女性を思い出すなんて、今までには無かった事です。
でも8月は、ほとんど高橋奥さんと交わっていましたから。。
あの暑い日に、お互いに汗だくになりながら、激しく求め合い、交わった快楽は忘れられません。

母だけでは無く、僕も変わったという事でしょうか・・・。


それでも現在は、僕と母は、一応は愛し合って一緒に生活を共にしている仲です。
なので、いつまでもこんな事ではダメだと思い、僕は、母を抱き締めながら聞きます。

母のマンコに肉棒を挿入したまま、話をします。
ナゼか、普段面と向かって話せない事でも、交わった状態だと話せるものです。(笑)

僕は、意を決して聞いてみます。
「さ、サトミぃ。」
「ん? 何? アナタ。」
「サトミ、お盆の時、同級生達と飲みに行ったろ? あの時、、何も無かったの?」
「ぇ、、え?? 何も無かったって・・・、ど、どういう事?」
「だから、、例えばさ~、、同級生の中に元カレが居て、飲み会の後にホテル行ったとか・・・?
「な・・・っ。」
急に母が、動揺します。
僕をジッと見つめていた母が、急に目を逸らせます。

「そ、そんな、、無いわよ。 あるはず無いでしょ。 そんな事・・・。 バカねぇ~。
明らかに動揺が見られます。
僕は、横を向いた母の顔を自分の方に向けながら言います。

「サトミ。。 今、僕とサトミは、繋がっているんだよ。一つになっているんだ。 こんな時に嘘は付かないでよ。」
「ぇ・・・。」
僕は、自分の事は棚に上げて、母を問い詰めます。

すると母は、急に僕に抱き付いて来ます。
そして耳元で、小さな声で言います。
「アナタぁ~~、ゴメンね。しちゃった。。」
「・・・・・・。

(あぁ、やっぱり・・・。)
何となく覚悟はしてましたが、心のどこかで、「母は、浮気はもうしないだろう。」と信じてる僕が居たのも事実です。
肉棒から、血の気が引いていきます。(笑)

「だ、、誰とシタの?」
僕は、心を落ち着かせながら尋ねます。
「ぇ、え~と・・・、昔付き合ってた男性っ。」
「それって、お墓で会った人?」
「ぇ、ええ。 うん。そう。」
「あぁ、やっぱり。 何となく普通の関係では無い様な気がしたんだよな。」
「・・・・。」
母は、申し訳なさそうな顔で僕を見ます。

「いつセックスしたの?」
「え~っと、、の、、飲み会の後・・・。」
「どうして? ナゼそんな事になったの?」
僕は、その時の様子を詳しく聞き出します。

母は、飲み会で酔ってしまい元カレに送ってもらう事になったそうです。(タクシーで)
途中で、母は寝てしまい(記憶を無くした)、気が付いたらホテルのベッドの上。
身体に変な感じがすると思ったら、元カレが母のマンコを舐めており、成り行きでそのままセックスしてしまったそうです。


続く・・・・


続きは、早いうちにUPするよう努力します。


PS.
僕に携帯からメールをくれる人が居ますが、返信しても戻ってきてしまいます。
パソメールを受信できるように設定してくださいませ。







秋は、人恋しい季節。
独りでマンコを慰めてる人妻さんが多く居ます。

ワクワクメール




実際の女性と話すのが苦手な方は、ヴァーチャルで・・・。

マダムとおしゃべり館

母子相姦ごっこで、オナニーも出来ます。
* Category : 未分類
* Comment : (53) * Trackback : (0) * |

No title * by 匂いフェチ
しかし、それにしても今回の写真エロすぎませんか⁉凄い刺激的でこれだけでイケそうです

No title * by ジェイク
こんにちは。 42匂いフェチさんの意見とほぼ同じですね~。 サトミさんは、ただの「肉便器」に成り下がってしまいましたね。 余程の話し合いをしない限り治らないでしょうね。 どこかで、真の愛情から母子相姦と言う背徳感のみに変わってしまったのでは? このまま進むのであれば、今迄とストーリーの趣旨が変わってしまいますね。 性の趣向は多様ですから、それはそれで新たなファンが出来ると思いますよ。 もう少し動向を拝見してみます。 前にも書きましたが、「全てはマサヤさんの腹一つ」ですよ。

No title * by カラス
子供の事を考えてというが、サトミさんは考えていないから浮気した。それが事実だしまさやさんもそう。だが、現実問題踏み込めない領域と踏みこめる元彼。サトミさんと元彼を再婚させて、まさやさんは新しい相手を見つけた方がいい。サトミさんが本気でまさやさん好きならばこういう事をしない。子供が可哀想と思うな。わかってて関係持っての結果だから、まさやさんは悪くない。

No title * by 名無し
初コメです。 しかし中々更新しないブログですね みなさんかなり待ってるでしょ^_^; 言わないだけで内心イライラしてるでしょうね まあそれだけ楽しみにしてますので よろしくお願いします。

No title * by こんのすけ
まさやさん、ヒロミ叔母さんの近況が知りたいです。ヒロミ叔母さんの大ファンです。しとやかででもえっちなヒロミ叔母さんが一番(≧∇≦)

No title * by もぅ
今月はクリスマスなので動画のプレゼント期待してます!(笑) ヒロミ叔母さん登場しないかなぁ…(笑)

No title * by たつー
今のまさやくんとさとみさんがすごく気になる! 賛否はありますが応援しています!

No title * by ガッツ利松
どうしたんでしょう,マサヤ君 日ぎます記の更新 気を持たせぎます なんかあるのかと疑心暗鬼になってしまいます もしかしたら引っ張るだけ引っ張って,期待を持たさせてつまんない展開になったら,永年のファン・応援者が減っちゃうよ メールも回答ないし

No title * by エンド
遂に元カレの虜ですね まさやさんも高橋夫妻とやってるので同罪ですけどね。 寝取られ願望が遂に叶いましたね。 まさやさんあなたも高橋夫妻の虜ですね。 いいじゃあないですか? 再婚だけしないで今の関係で普通に生活して性生活は別にしてまさやさんも そうだけど奥さんも願望はありましたよ。だから流れに任せてだかれたんですよ。 もし取り戻すならいやいいですね。 対策を取らなかったまさやさんにも責任あるし高橋夫妻とやってるんですから 次の日記楽しみにしてます。

No title * by たむたむ
何度もblogを拝見させていただき本当にこんなこがあるのかと思う内容ばかりで いつも楽しみに拝見させてもらってます。 僕も複数の人妻を飼ってますので近々blogアップしたいと思います。 また来ますね!