個別記事の管理2012-02-25 (Sat)
20120224


こんにちは、マサヤです。

今日は、女性からの投稿を一つと僕のワクメ報告&動画です。

その前に、2つお話を・・・。

皆さんから、「寝取られオヤジ」さんについてよく尋ねられるのですが、あれから僕にも連絡が無いんです。
僕も気には掛けているのですが・・・。
また、連絡がありましたら報告させて頂きます。

母もお腹が大きくなってきて、体調が悪い日が多いので、中々エッチが出来ません。
エッチが出来なければ、日記に書くことも出来ないので、しばらくはヒロミ伯母さんや動画の更新が中心になりそうです。
話を作る訳にはいけないので。
ご了承くださいませ。
それでも、次回は正月の母との話を書こうと思っていますので、楽しみにして下さい。


それでは、東海地方の20代の女性からの投稿です。
(ほぼ、原文のままです)


私は、26歳の主婦です。
1年ほど前からこのブログを読ませて頂いてます。

今から2年前、私は2つ年上の主人と結婚しました。
義父と同居生活でしたが、主人も義父も優しく幸せでした。

ある日、義父が入院しました。
私は、出来る限り病院に訪れ、看病をしていました。
ある時、義父がトイレをしたいと言ったので、尿瓶を用意しました。
(今までは、看護師さんがやっていたようです。)

私は、布団をめくり、義父の股間に尿瓶を宛がったのですが、その時、私は驚くべきモノを見てしまったのです。
なんと、義父の男性器が牛乳瓶ほどの大きさだったのです。

私は、厳しい家庭に育ち、女子ばかりの学校で過ごしてきました。
男性とのお付き合いも、した事がありませんでした。
もちろん、主人とも見合い結婚です。
ですので主人が最初の男性で、主人以外の男性器は見た事が無く、それが普通だと思っていました。
今時、信じ難いかもしれませんが、私はそのように育ってきたのです。

義父の股間にあったのは、主人とは形も大きさもまるで違うモノだったのです。
私は、ソレを凝視したまま固まってしまいました。
本当にビックリしたのです。

義父の声で、我に返った私は、義父のトイレを済ませ、帰宅しました。
家に帰ってから思い出すと、ドキドキしてきました。
(ナゼ、あんなに大きいのだろう。(義父の平常時が主人の勃起時よりも大きいのです) 先っぽの形や色が違う。)
夜、寝る時も義父の性器が頭に浮かび、しばらくの間、頭から離れることはありませんでした。

それから何度か、病院に行きました。
ある日、また義父からトイレの要求がありました。
私は、前回のは見間違いではないかと思い、今度はしっかりと確認しようと思いました。
義父の病院衣をはだけると、そこにはやはり巨大な男性器がありました。
私は、恐る恐る掴むと、尿瓶に導きました。
摘まんだ感じもずっしりと重かったです。

私は、少し世間知らずの所があり、何も考えず義父に尋ねました。
「義父さん。男性器って、大きさや形が人によって違うのですか?」
「ん? ああ、形はともかく、大きさは人によって少し違うだろうな。」
「ふぅ~ん。そうなんですか・・・。」
「ははは、そうか。 カズフミは、子供の頃から小さかったからな。成長しとらんのか。(笑)」
「・・・・・・。」
「ワシのは、大きめだからな。ヒトミさんもビックリしただろう。コレで攻められたら極楽だぞ。(笑)」
私は、少し恥ずかしくなりました。
「なんだヒトミさん。顔が赤くなっとるぞ。なんなら試してみるか?(笑)」
義父は、笑いながら冗談を言います。

それから1カ月ぐらいして義父は退院しました。
元々、大工で体格がよく、体力がある義父は、すっかり元気になっていました。
ですが、仕事はしばらく休まれていました。
なので昼間は、義父と私だけです。

ある日、珍しく義父が昼間にお風呂に入りました。
夏の暑さで汗をかいたからかもしれません。
義父は風呂から上がると裸でウロウロと歩き回っています。

私は、ついつい男性器に目が行ってしまいます。
そんな私に気が付いた義父は、冗談ぽく言いました。
「ヒトミさん。そんな物欲しそうな顔をして。そんなにワシの一物が気になるかい?」
私は、無意識にうなずいていました。

義父は、ビックリした顔をしながらも、
「じゃあ、試してみるかい?
と、言ってきました。
私は、黙ってうなずきました。

実は、主人しかしらない私は、他の人がどんな風なのか少し興味がありました。
また、義父の男性器を見てからというもの、義父の様な大きな男性器だと、主人とどう違うのか気になっていました。

義父は、私に風呂に入ってから部屋に来なさいと言いました。
言われた通り、私はお風呂に入り、身体を洗ってから義父の部屋に向かいました。
その時の私には、抵抗感はまったく有りませんでした。

義父は、昔からよくモテたそうで、遊び人だったそうです。
義母が亡くなってから、何年も性交は無かったと思います。

私は、下着姿で義父の寝室に向かいました。
そして、義父に抱かれてしまったのです。

義父は、主人と違い、身体中を優しく触り、舐め回してくれました。
私は、初めて性器を舐められました。
震える私に、義父は優しく囁きながら挿入してきました。
義父の性器が入ってきた時は、裂けるのではないかと思うぐらい痛かったです。

でも、義父はそれが分かっていたのか、ゆっくりと少しづつ挿入してきました。
義父のが全部入ると、私の中は義父のモノでイッパイになりました。

そして、義父はゆっくりとピストンを始めたのです。
最初は、痛かったのですが、徐々に快感が込み上げてきました。
義父の性器がズンズンと突き上げてきます。
今まで感じたことのない感覚です。

「お、お義父さん・・・。
私は、あまりの快感に知らない内に義父に強くしがみ付き、背中に爪を立てていました。
私は、涙を流しながら声にならない声を上げていました。

悲しい涙ではありません。
感じた事の無い快感に涙が出てきたのです。

それからは、毎日昼になると義父に抱かれました。
何も知らなかった私は、どんどん快楽に溺れていきました。

義父はフェラの仕方、胸での愛撫の仕方など色々と教えてくれました。
(義父の男性器は大きいので、先っぽしか咥えられませんが・・・。

精子も初めて飲まされ、今では自分から要求するようになってしまいました。
義父に女の喜びを教えられたのです。
(パソコンでHなサイトも見れるようにもなりました。笑)

主人とも時々エッチはします。
・・・が、主人のプレイが幼稚に思え、全然感じなくなってしまいました。
主人が出張で2~3日家を空ける時は、義父にずっと抱かれています。

そんな私も、先月、妊娠している事がわかりました。
多分・・・、義父の子だと思います。

サトミさんに共感できる気持ちがあったので、こうしてメールしました。
もちろん私は産みます。

終わり


僕のワクメ報告です。
(興味の無い方は、スルーして下さい)

多くの方の要望により、会うまでをなるべく詳しく書きます。

1月は、ヒロミ伯母さんとも会えなかったので、ワクワクメールで女性をゲットすることにしました。
僕は、ゲットしようと決めた時は、約1時間おきぐらいに掲示板をチェックします。
新しい書き込みがあったら、少しでも他人よりも早くメールを送る為です。

そんな感じで、28歳の女性にメールを送り、計7回(往復14回)のメールのやりとりで会う事になりました。
感じの良い気がした(勘です)ので、逃すまいと慎重にメールのやり取りをしました。
独身でしたが、彼氏は居るとの事。
たまに、他の男性を見つけてはHしてるようです。

ランチの約束で会いました。
スタイルは普通、ルックスはお姉さま系。
ランチ後、ホテルに誘いました。
縁なしです。
僕の経験上、食事で会い、その後ホテルに誘えた場合は、縁無しが多いです。
断られた時は、縁を持ちかけてみましょう。
OKの場合もあります。

Sの気がある女性だったので、Hは、攻められっぱなしでした。
写真等は、撮らせてくれませんでした。


次の週、再びワクメで相手を探しました。

今度は、自称40代の女性。
人妻さんです。
メール数を確認したら、あまりメールをもらって無いようだったので送ってみました。
(メール数→ 5/15 とか、8/無制限 で、最初の数字が女性が男性からもらったメール数を示しています。)

計3回で会う約束が決まりました。
縁1.5です。
縁の場合は、決まるのが早いですよね。

待ち合わせ場所に来たのは・・・、プロフでは体型が「普通」と書いてあったのに、どう見ても普通では無い女性です。
会ってから、ホテルに行くのを辞める方もいますが、僕はそんな事言う勇気はありません。

とりあえず、ホテルに行きます。
服を脱ぐと、「おばさん」いや、「おばちゃん」です。(笑)
そんな相手でも立ってしまう・・・、僕。。。

逆に、リラックスして楽しめれました。
このおばちゃんは、動画を撮れました。


皆さんからの報告を見ても、ガツガツしてるとゲットできない事が多いみたいです。
気楽な気持ちで試してみて下さい。↓
ワクワクメール


動画もUPしときます。

投稿動画を2本↓ (詳細は、動画の情報を見てね)

投稿08

投稿09


僕がゲットしたおばちゃん↓
つなぎ合わせの動画になってしまいました。

ワクメ ゲットのおばちゃん


母との動画↓
これは約2年前の動画になります。
お婆ちゃん(父の母)の家に遊びに行った時に撮りました。

襖の向こうには、酔った父が寝ていて、上の部屋にはお婆ちゃんが寝ていました。
音を立てずにセックスしています。
僕も母も緊張しながら、ヤッテいるのが分かると思います。
(本動画は、早く消すかもしれません。家が写っているのは基本的にNGなので。)

母と お婆ちゃん家でハメ。




ここに僕の「母子相姦日記」が電子書籍(小説アドルト)で置いてあります。
一度覗いてみて下さいませ。

ヨミーバ
他の方の作品も多くありますよ。


今回も僕が女性をゲットしたのはココ。

ワクワクメール


実際の女性と話すのが苦手な方は、ヴァーチャルで・・・。

マダムとおしゃべり館

* Category : 未分類
* Comment : (48) * Trackback : (0) * |

No title * by okeasta
更新をお待ちしております!

No title * by 日本出身:ハンガリー橋本ハクター
だから?お前に関係あるか?って無関係やからインターネットじゃないか!ほならあれかぇ!あの~、いか刺しは包丁刺しとるから刺身なっとるけど、何で鮪は刺身やのに包丁入ってへん事になっとんのじゃコラァッ!…また骸にしてまった。さて、先月末に僕が兄とした会話を短編でご紹介します。 僕「なぁ、今日はオカンとせえへんの?」 兄「まぁな。そんな事よりTSUTAYA行けへん?少女時代のG借りたいねん。」 僕「ええけど。」 (※ここで免許ゲットしたての兄が和佳子の愛車のジャガーを借りる) ジャガーのエンジン「ヴォーン」 「スー」言うて走り出す。 ところで締め付けて、ボルトとプラグどちらでございますか?かこはん。

No title * by マサカ
マサヤは変態=マサカは恋熊

No title * by かこ
すまほさん ごめんなさい 母の お腹に娘が 居ると分かり 凄く嬉しかったです。 元気な赤ちゃんが 産まれることだけを 二人で 祈りました。 中絶は考えませんでした。 歳の離れた夫婦に 見えるようです。

No title * by すまほ
かこさん、僕が言った『良く決心~』や『中絶』等の意味ですがこれは今回の事ではなく娘さんを妊娠したの時の事です。 お母さんが娘さんを妊娠したと分かった時、かこさんは嬉しかったですか?

No title * by かこ
すまほさん 母は 娘が 兄弟が欲しいと 言うまでは 僕との 間の子供は 娘だけでと 思っていました この日曜日に 二番目を 授かるべく 愛し合いました 母が 言うには 二回目が 受胎できたかもと 確かに 喘ぎ声と締め付けは 良かったです ホントに 妊娠して欲しいです。

No title * by すまほ
かこさん、お母さんですが良く中絶しないで産む決心をしましたね。 最初から妊娠したら産む気でいたのですか?

No title * by かこ
マサヤさん お母さんどうですか。 僕は 娘を 従姉に 預けて ラブホに行きました 二回 母のお腹にだしました 娘が 居ないから 大きな声で 喘ぎ声を上げ肌を重ねて もしかすると 出来たかも。

No title * by いろは
おかあさんとの動画が一番見たいです。

No title * by はげおやぢ
のコンテンツは既に削除されているか、あるいは作成者によって公開禁止に設定されています。・・・ せめて、サムネイルでもみられたらいいんですけど。 その前の段階ではねられてしまいますね。 なんどか、友人申請をしたんですが、ナシのつぶてで・・・。 どうしたらいいんでしょ。

個別記事の管理2012-02-12 (Sun)
20120212-2



こんばんは、マサヤです。

本日、2回目の更新です。

しかし、寒い日が続きますね。
皆さん、体調は大丈夫ですか??

母は、あまり調子が良くない日が多いので、少し心配です。
調子の良い日は、気分転換にホテルに行ったりしてますが・・・。

画像を見ると分かると思いますが、お腹も少し出てきました。


さて、皆さんにお知らせが2つあります。

2月末に「母子相姦日記」が電子書籍として売り出される事になりました。
詳しくは、また後日お知らせします。

そして、もう一つは・・・。

な、なんと

あの有名なAVメーカーの「SOFT ON DEMAND」さんから、「母子相姦日記」のAV化の話を頂きました。
信じられません。

現在、AV化に向けて調整中です。
(もしかしたらボツになるかもしれませんが・・・(笑))

楽しみです。


あ、こんな話より、「動画を早くしろ」との声が聞こえてきそうです。

動画をUPしました。


ヒロミ伯母さん 騎上位正面

妹 クミ

ヒロミ伯母さん アナル or マンコ?


そして、「いつもの」も・・・。

PCユーザーの方に、「いつもの」です。

いつもの
(PCユーザー専用)

それでは、風邪など引きませんように気を付けて下さいませ。



とにかく、やってみなければ美味しい思いは出来ません。
チャレンジあるのみ。

ワクワクメール


実際の女性と話すのが苦手な方は、ヴァーチャルで・・・。

マダムとおしゃべり館

母子相姦ごっこで、オナニーも出来ます。
* Category : 未分類
* Comment : (71) * Trackback : (0) * |

No title * by だー
更新まだかなー

No title * by ママっこ
まさやは変態

No title * by へらちょんぺ
パスワード 『ガラムマサヤ』

No title * by dd
うpしたの消えてますよ

No title * by 荒木晃
パスワード バカボンは優しい

No title * by バカボン
マサヤ君 邪魔くさいかもしれないが 友人申請方法 再記入してあげてか。パスワードもな。

No title * by おっぱい
マサオは変態

No title * by 白川潤
パスワールドお願い申し上げます。まさらは返信

No title * by りゅう9999
申請のお返事メールが来ないんですう、よろしくお願いします。

No title * by ゲロ
マサヤは大変

個別記事の管理2012-02-12 (Sun)
20120212



こんにちは、マサヤです。
お久しぶりです。
雪の被害も多いみたいですが、皆さんの所は大丈夫ですか?


今日は、日記の続きです・・・・

前回の日記はこちら↓
晩餐 その1


その後、僕もお風呂に入ります。
肉棒を入念に洗いながら、この後、竜也さんを酔わせて眠らせ、横でヒロミ伯母さんをバックから犯す事を考えてたら、半立ちになってしまいます。

お風呂から上がった後、再び達也さんとお酒を飲みます。
竜也さんは、かなり飲んでいて酔っています。
「じゃあ、私もお風呂に入って来ますね。」
ヒロミ伯母さんが、お風呂に向かいます。



(ん・・・。ん?? アレ・・・。)
天井が見えます。
僕は、キョロキョロします。
壁に掛かった時計を見ると・・・、7時。。。
カーテンの隙間から光が差し込んで来ています。
(あれ、、朝・・・、寝ちゃった? え~、、何か、ヒロミ伯母さんがお風呂から出てきた辺までは覚えているんだけど・・・

僕は、ボ~ッとしている頭をフル回転させ思い出そうとします。
が、それも数分で止めました。
思い出せないからです。

僕は、ソファに寝て、毛布が掛けられていました。
部屋は、デロンギっていうオイルヒーターが入っていたので、寒くはありません。

僕は、ソファに腰掛け、何をする訳でもなくボ~ッとしています。

ガチャ、、パタパタと足音がして、ヒロミ伯母さんがリビングに入ってきました。
「あ、おはよう。。起きてたの?」
「う、、、うん。あ、僕、昨夜寝ちゃった? 良く覚えて無いんだけど・・・。」
「もぅ~、そうよ。。知らないうちに、寝ちゃってて、、、何度起こしても起きないんだもの。。せっかく楽しみにしてたのに・・・。竜也さんより先に寝ちゃうんだもの~。」
ヒロミ伯母さんは、少しふくれっ面で言います。
どうやら、僕は竜也さんよりも先に酔ってダウンしたみたいです。

ヒロミ伯母さんは、僕の横に座ります。
「うふっ、、今から、スル?
ヒロミ伯母さんはニコニコしながら言います。
「う~ん・・・、竜也さん、起きて来ないかなぁ??」

飲んだ次の朝って、以外に早く目が覚める事がありますよね。
僕は、竜也さんが起きて来ないか心配です。
「じゃあ、ヤメとこっか。」
ヒロミ伯母さんは、ソファから立ち上がります。

僕は、パッと、ヒロミ伯母さんの手を取り、引き寄せソファに押し倒します。
「やっぱり、シタいよ。昨夜は、中途半端で終わってるし。」
僕は、ヒロミ伯母さんのパジャマを捲り上げます。
プルンっと、現れた乳房に吸い付きます。
「ぁぁん、マサヤぁ~。」
ヒロミ伯母さんは、僕に抱き付いてきます。

ガチャ、、、パタ、パタ・・・。
「!!!」
ドアを開ける音と、廊下を歩く音が聞こえます。
僕とヒロミ伯母さんは、慌てて離れます。
僕は、ソファに寝転がり、寝た振りをします。
ヒロミ伯母さんは、立ち上がり、台所に小走りで向かいます。

ガチャ・・・・、竜也さんは、トイレに入ったようです。
(フ~ッ。。。びっくりした・・・。)

しばらくして、竜也さんがリビングに入ってきました。
「おぉ、ヒロミ。マサヤ君は、まだ寝てるのか?」
「え、、えぇ、そうみたい。。起こしてあげてよ。」
「ああ。」

「おい、マサヤ君。。起きろよ。」
竜也さんは、僕を起こします。
僕は、目を擦りながら今起きた振りをします。
「あ、、、ぁぁ、僕、寝ちゃったんだ。」
「おう、そうだぞ。。風呂に入ってノボせたのか、あれからすぐに寝ちゃったからな。」
竜也さんは、満面の笑顔で答えます。

その後、3人で朝食を食べます。
「今日は、年末も近いし、買い物に行くか。なぁ、ヒロミ。」
「ええ。そうね。」
「マサヤ君も一緒に行くかい?」
「行くわよね、マサヤ君。。マサヤ君は、私の荷物持ちだもの。」
「ははは、、良いですよ。」
僕は、買い物に付いていく事になりました。

ショッピングモールに着くと、しばらくの間3人で行動していましたが、人が多く混んでいたので別行動する事になりました。
竜也さんは、服や日用品を買いに行き、僕とヒロミ伯母さんは食料品を買いに向かいました。

僕は、ヒロミ伯母さんの後を付いて、食料品売り場に向かいます。
ヒロミ伯母さんのプリプリしたお尻と少し短めのスカートから伸びる黒ストの脚を見ていたら急にムラムラしてきました。

僕は、ヒロミ伯母さんの横に並ぶと、耳元で囁きます。
「ねぇ、ヒロミ伯母さん。。僕・・・、凄くシタいんだけど。。。」
「えっ。。何を??」
「何をって、セックスだよ。」
ヒロミ伯母さんは、少し驚いて僕を見ます。

僕は、手をヒロミ伯母さんの腰に回し、歩きながら言います。
「ヒロミのマンコに肉棒を突っ込みたい。今すぐ、ヤリたいよ。」
「もぅ~~、マサヤったら・・・。」
ヒロミ伯母さんは、嬉しそうに笑います。

早速、トイレでしようと向かいましたが、混んでいてムリです。
「どうする、マサヤ?」
「う~ん。。。車の中でスル? 鍵持ってる?」
「うん。」
ヒロミ伯母さんが運転してきたので、カギは持っています。

車は、立体駐車場の隅に止めてあります。
僕は、車の中でハメる事にしました。
竜也さんの車はバンタイプで、後ろは荷物を置くために、フラットになっています。
そして、後方の窓は黒いので外からは見えません。

僕とヒロミ伯母さんは、後方に乗り込みます。
僕は、狭い中でヒロミ伯母さんを押し倒します。
昨夜と今朝、良い所でお預けを喰っていたので、もうヤリたいばかりです。
肉棒がウズウズしています。

僕は、慌てながらヒロミ伯母さんのスカートを摺り上げます。
黒いパンストに包まれた紫色のパンティが露わになります。
恥骨辺りが、プックリとして、今にもイヤらしい匂いが漂ってきそうです。
「あぁ、イヤらしいよ。ヒロミ伯母さん。」
「あ、、ぁぁん~、、マサヤったら。」
「今日も、イヤらしい下着だね。どうして?」
「ふふっ、、、何となく・・・ね。」
「嬉しいけど・・・でも、竜也さん、何か言わない?」
「大丈夫。竜也さんには見せないもん。(笑)」

本当なら、ゆっくりパンストの上から匂いを嗅いで、舐めたいのですが時間がありません。
僕は、急いでヒロミ伯母さんのスカートとパンスト、パンティを脱がせます。
もう我慢の限界なのと、早く済ませなければという思いから、焦ります。

紫色のイヤらしいパンティには、うっすらと染みがあり、愛汁が糸を引いています。
マンコは、テラテラと光って濡れています。
「あぁ、、ヒロミ。。。もう、こんなになってる。」
「あぁ~ん、私も欲しいのぉ。。早くぅぅ。。キテぇぇ。」
僕は、急いでズボンとトランクスを脱ぐと、ヒロミ伯母さんの脚の間に身体を入れます。

そして、亀頭でマンコをクチャクチャとイジり、愛汁を亀頭に塗りつけます。
「ああ、、早くぅぅぅ。。ねぇ~。。」
「うん。」
僕は、肉棒をマンコに宛がうと、一気に押し込みます。
ブチュゥゥっと、マンコに肉棒が吸い込まれます。

「あぅぅぅぅ。。。」
ヒロミ伯母さんが僕にしがみ付いてきます。
「あぁ、、ひ、ヒロミぃぃ。」
「ぁぁ、、マサヤぁぁ。。。す、すごぉぃ。 すごぉぃよぉぉ。」
ヒロミ伯母さんの膣は、熱くクネクネと蠢き、僕の肉棒に絡み付いてきます。
しばらく動かずにジッとしていると、マンコから熱い愛汁がジ~トと、溢れてきます。
「あぁ~~、気持ちイイっ。」
「あ~~ん、私もっ。」

車の中なので、あまり激しく動く訳にもいきません。
車が揺れるとバレるかもしれないからです。
僕とヒロミ伯母さんは、抱き合ったまま、僕が腰をクイックイッと動かします。

とにかく、シタくて堪らなかった僕は、必死で腰を動かします。
「あぁ、、、ぁぁぁ、、、ぁ、、ぁぁ、、ぃぃ、、、ぁぁ。。」
ヒロミ伯母さんが押し殺したようにアエギ声を出します。

僕もヒロミ伯母さんも服を着たままなので、肌の温もりはあまり感じません。
だからなのか、いつも以上に結合部が熱く感じます。
「あぁ、、マサヤぁ。。これが欲しかったのぉ~。。マサヤの熱い肉棒が・・・。
「シタかったんだろ、、ヒロミぃ。」
「うん、そぅ。。 ず~~っとシタかったのぉ。」
「ぼ、、僕もだよ。。ヒロミのマンコで、肉棒を擦りたかったよ。」
「コスってぇぇ。。いっぱい、いっぱいコスってぇぇぇ。」
僕は、服の上からヒロミ伯母さんの乳房を揉みながら、腰を動かします。
「ぅぅ、、硬いぃぃ。。ガチガチだよぉ~。マサヤの肉棒、ガチガチぃぃ。

ヒロミ伯母さんも僕も、興奮しながらも声を押し殺し、話します。
「ハァハァ、、、た、、竜也さんのは、、こんな風じゃないのかい??」
「あぁ、違うぅ、、違うのぉ~~ぉぉ。。大きさも、、熱さも、硬さも違うのよぉぉぉ。」
ヒロミ伯母さんは、強く抱きついてきます。

「マサヤの、、マサヤの肉棒が、、好き~~っっ。」
「ヒロミぃっっ。」
僕とヒロミ伯母さんは、激しく舌を吸い合います。

「ぁぁ、、マサヤぁ、、私、こ、、こんな所で、スルのも初めて。」
「ふふふ、、ヒロミ、、、興奮するかい?」
「する。しちゃうぅぅ。。」
「近所の人や、、、知り合いに見られちゃうかもよ。ヒロミが旦那さん以外の肉棒を咥え込んでるトコ。」
「ぁぁぁ~~ん、、イヤぁぁ~~ん。。」
ヒロミ伯母さんは、僕の腰に手を回し、マンコに引き寄せます。
それに合わせて、僕の腰の動きが力強くなり、車が少し揺れだします。

「見られるのが嫌なら、、、、止めるかい?」
「嫌っ、、イヤっ。。シテっ、、続けてぇ。 私の中に精子を吐き出すまで、コスってぇぇ。」
僕は、体を起こします。
周りを見渡すと、人は歩いて居ないようです。
時々、後ろを車が通過する音が聞こえるぐらいです。

僕は、ヒロミ伯母さんのマンコを突きながら言います。
「ひ、ヒロミ。。車に中年夫婦が歩きながら近づいてるぞ。。」
「ぇぇ・・・・。」
「大きな声で、今何してるか言うんだ。。車外に聞こえる声でっ。」
もちろん、これは嘘です。
近くに人は誰も居ません。

ヒロミ伯母さんを興奮させ、さらに、僕への忠誠心を確認する為のプレイです。
「さぁ、ヒロミ。」
「ぁ、、、い、、今、せ、、セックスしてますぅ。」
「そんな言い方じゃダメだっっ。。それに、もっと大きな声でっ。」
「わ、私は、、、今、、マンコに主人以外の肉棒を突っ込まれてます~~ぅぅ。」
ヒロミ伯母さんは、大きな声で叫びます。

「おっ、、中年夫婦がこっちを見たぞ。 さぁ、竜也さんと僕のどっちが良いか言うんだ。」
「ぁ、ぅぅ、、しゅ、、しゅ、、、主人より、、マサヤの肉棒の方が良い~~~ぃぃ。好きなのぉぉ~~ぉぉっ。」

僕は、ヒロミ伯母さんに覆い被さると、耳元で言います。
「こっちを見ながら、車の後ろを歩いてる。これから、どうされるか言えっっ。早くっ。」
僕は、ヒロミ伯母さんを抱きしめながら、思いっきり腰を振ります。
車が、大きく揺れ、ギシギシと音を立てます。
結合部からは、クチャクチャと音がしています。

「ぁ、、あぁ、、今から、主人以外の精子を、、な、中出し、、ぃぃ、、ま、マサヤの精子を子宮に出してもらいますぅ~ぅぅ。」
ヒロミ伯母さんは、興奮し、大きな声で叫びます。
「見てるぞ。。中年夫婦が僕たちを見てるぞ。」
「あぅ、、あぅ、、見てっ。。見てっ。マサヤとなら良いのぉぉ。。」
「悪くて、、、イヤらしい奥さんだね。」
「ぁぁ、、そうよ。 私、マサヤのせいでイヤらしくなったの。。もう我慢はしない。。・・・嫌い?」
「ううん。。大好きだよ。」
僕は、腰を振りまくります。

「あ~~、、ダメだっ。。で、出るっ。。。
僕もかなり興奮していましたので、ヒロミ伯母さんのイヤらしい姿に限界を迎えます。
「出してっ、、、キテキテ来てぇぇ。。頂戴、、頂戴、、精子を頂戴ぃぃ。」
「ヒロミぃぃぃ。」
「あ~~ぁぁぁ~~、ぁぁ。。。きて、、、ぇぇぇ。。。」

ヒロミ伯母さんは、僕のお尻に手を回し、自分のマンコに引き寄せます。
肉棒が、根元までマンコに突き刺さります。
「ううう~~~っっ。」
僕は、ヒロミ伯母さんの奥深い所に射精します。

「あぁ~~~ぁっ、、マサヤぁ~~ぁぁ。出てるぅ。。出てるぅぅぅ。」
僕とヒロミ伯母さんは、強く抱き合います。
僕の肉棒が、ヒロミ伯母さんの膣の中で、痙攣しながら精子を吐き出し続けます。

「ハァ、、ハァ、ハァ・・・。」
僕とヒロミ伯母さんは、逝った後の余韻に浸りながら、舌を絡ませ合います。
クチャクチャと、舌を吸ったり、噛んだり・・・。
その間、ヒロミ伯母さんの膣は、大人しくなった肉棒を優しく包み込んでいます。

肉棒を抜くと、ドロッと白い精子が垂れてきます。
「あっ、、シートに付いちゃうよ。」
僕は、急いでティシュを取るとマンコに宛がいます。

ヒロミ伯母さんは、少し拭いた後、パンティを履きます。
「中の精子は残しておきたいの。」
僕の精子を少し、子宮の中に残しておくようです。

僕とヒロミ伯母さんは、身なりを正して食品売り場に急ぎました。
数十分後、竜也さんと合流します。
この後、昼ご飯を食べに行ったりしました。
この日、ヒロミ伯母さんは、ず~っと僕の精子を子宮に残したまま行動しました。



PS.
今晩、動画といつものをUPする予定です。



* Category : 未分類
* Comment : (9) * Trackback : (0) * |

No title * by 纐纈電化ショップ有松駅前店
 これ、竜也さんにバレたら、ただじゃ済まないでしょうね。  本当におばさんとの性行為がバレたらどうなるか知りたいです。

No title * by 吉岡明オールスターズ/まさやの性器はみんなの夢
まだこんなに楽しめるものが地球にはあったんやっていう感動がありますね。ここまでのドル箱社会人は他にはおらん!一方ではこんなもんカフェでの独り言と批判する人居てはりますけどそんなんぶつぶつ喋ってる独り言としても聞いてみたら面白いと思わせたら勝ちやないかっていう。思うのは25年生きた男性が蠢く事ってあんまりないと思うんですけどまさはんならそれを蠢いてまうっていう凄さね。ほんで更に凄味を増してるのが45年生きた女性の口内が体液臭い言うのがまたこれギネスでも枠無いやろっていう。レグザの重ね撮りより凄いよって。五十前の男性に至っては何に化けるねんと。ほんで姉妹の最も年長のもんが今度はなんやねんと言う猛追も去ることながら子供も作らんとパソコンセックスジムやろー。お前の保護者は何してんねんとなぁ…。 ところで 4人家族の長男。 父49歳、母46歳、妹23歳。親戚48歳 僕は、25歳の設計士。 19歳の時に初めて、実母とHしました。現在も、信者の心を盗んでは関係を続けています。って直した方がいいんじゃないすか?

No title * by マサヤ
か~にゃんさん カーセックスって興奮しますよね。 KTKさん 動画UPしましたよ。 最近、ヒロミ伯母さんのファンが増えてるみたいです。 吉岡明さん いつもコメントありがとうございます。 バカボンさん はい。2人揃って変態です。(笑) かっぱさん 熟女って、何か良いですよね。 sousouさん ドキドキすると興奮しちゃうんです。

No title * by sousou
ドキドキだねo(^o^)o

No title * by かっぱ
わくわくするね、うp。 http://xhamster.com/movies/760247/japanese_mature_kozue_marui_pt_2_uncensored.html なんていいかも。

No title * by バカボン
カーマン○したんかいな!マサヤとヒロミは、依存症やな?守護霊は色情魔が憑依しとるかもな?バカボンが除霊したろか?さもないとヒロミ伯母さんは×2になるで!? これで い~のだ!どっち?

No title * by 吉岡明ー彼処の若旦那シリーズ
社会人の和佳子の事で困惑しています。 ここ最近、和佳子は風呂上りに毎回兄の部屋に向かいます。 脱衣所でしっかり体を拭いていないせいか、濡れたヒートテックに乳輪がばっちり透けて浮き出ています。視線を固定ながら警告を発すると「やっぱオカンのでも気になるん?」 と兄を弄りだす始末です。 こんな調子で二~三時間もそんな状態で居直られては堪ったもんゃありません! まさやはん!どうかこの倉木麻衣道端アンジェリカ酷似の母をやっつけるにはどうしたらいいのでしょうか。有権者の人達に問いたい。 ヒロババァにお伺いなんですが、前の旦那の精子がバシャバシャしてて気に入らなかった末に捨てられた乾燥未亡人の時期がありましたね。竜也じぃの精子はこってり感凄いんすか?

No title * by KTK
やっぱりヒロミ伯母さん最高です。ヒロミ伯母さんいい(*^o^*)

No title * by か~にゃん
まさやさんのエントリーを読みながら、にゃんことのカーセックスを思い出しました。