個別記事の管理2011-09-17 (Sat)
10-48-33_651775


こんにちは、マサヤです。

今日は、普段?の僕と母を書きます。・・・・
ちょっと、面白くないかもしれませんが、お許し下さいませ。

僕がムラムラすると、母に迫ってセックスするのですが、母が生理で出来ない時があります。
そのような時は、母にフェラなどで抜いてもらうのですが、最近は手コキで抜いてもらう事もあります。

つい先日も手コキで抜いてもらいました。

母が、リビングのソファに座ります。
僕が母に膝枕してもらい、ソファに横になります。
僕は、母の乳房を吸います。
そして母は、手で僕の肉棒をシゴくのです。

僕は、母の乳首をチューチューと吸います。
ワザと音を出しながら吸います。
すぐに乳首が硬くなります。

母は、僕の顔を見ながら頭を撫でます。
「もぅ~~、マサヤったら、甘えちゃってぇ。。。
「ぅん、、良いじゃん。」
「うふっ、、でも、こうしてると赤ちゃんみたいね。マサヤが小さい時を思い出すわ。」
「僕、小さい時は、こうしてお乳を吸ってたの?」
「そうよ。でも、今みたいに、イヤらしい舌使いはしなかったけどね。(笑)」
母は、僕のホッペにキスをします。

母は、手を僕の股間に伸ばします。
そしてトランクスから、肉棒を引っ張り出すと、ゆっくりと手でシゴキ始めます。

「あぁ、お母さん。」
僕は、母の乳房に顔を埋めながら、乳首は咥えたままです。
母の乳房の感触を顔全体で感じます。
「あぁ、、もう、ガチガチにフル勃起してるわよ。マサヤ。
母は、シゴく手のスピードを早めます。

「あぁ、気持ち良いよ、お母さん。」
「ふふっ、、もう先っぽから我慢汁が出てきてる。」
母は、肉棒を絞りあげ、指先で尿道口を擦ります。
そして、尿道口から出てきた我慢汁を亀頭に広げます。
「マサヤ、、、もうヌルヌルになって来てるわよ。イヤらしい肉棒ね。」
「だ、だって気持ちイイから・・・。

僕は、赤ちゃんの様に乳房に顔を埋めながら甘えます。
母は、肉棒から金玉の方へ手を滑らせます。
そして、優しく金玉を撫でながら、揉み始めます。
「あぁ、マサヤの子種袋・・・、何かパンパンよ。溜まっているの?」
「うん。。溜まっているよ。先日、お母さんとヤッて以来、出してないからね。」
「ええっ、じゃあ、1週間近く出してないの?」
「うん。。そういう事になるね。」
「じゃあ、ココに1週間分の子種が溜まっているのねぇ。」
母は、優しく金玉を揉みほぐします。

母の目がトロンとしてきます。
「あぁ、マサヤ。。キスしてっっ。」
母は、顔を下げ、僕にキスしてきます。
僕と母は、舌を絡め合います。
母の手は、僕の肉棒と金玉から離れません。

「ぁぁ、もうはち切れそうなぐらい勃起してる。。。金玉もパンパンで苦しそう。。ゴメンね、私のマンコが使えなくて。。」
「うん。」
「もう少し経てば、また使えるから。そしたら、また私のマンコでイッパイ精子を出してね。
「うん、お母さん。」

母は、自分の手にツバを採ると、僕の肉棒にツバを塗ります。
母は、肉棒をシゴく手を早めます。
クチャクチャ、クチャクチャと音がします。

「私のツバと我慢汁で、ベトベトよ。。何かイヤらしいわ。」
「イヤらしい肉棒を握ってて、、お母さん、マンコが疼いて来るんじゃない?」
「はぁぁ、、疼くっ。。疼いてるわよ。。ああ、挿れたい。。このぶっとい肉棒をマンコにぶっ刺したいわぁ。あぁ、出来ないのがもどかしいの。」
母は、そう言いながらも、肉棒をシゴキ続けます。

母は、肉棒を強く握ったり弱めたり、亀頭を手で包み込んで擦ったり、絶妙の手技で肉棒を愛撫します。
僕は、母に膝枕されたまま、母に身を委ねます。
「あぁぁぁぁぁぁ、、ぁぁぁ、、イィっ。」
僕は、あまりの快感に腰が浮きます。
「うふふ、、マサヤったら、身体をヒクつかせてる。仰け反るほど気持ちイイのね。」
母は、脚を突っ張らせ、仰け反る僕を見て面白がっています。

「マサヤ、、、もうすぐ出るんじゃない?。。肉棒が熱いっっ。。亀頭も膨らんで来てるわぁ。
「お母さん、、もっと、、もっと強く握ってっっ。」
「ああ、、、こう? これで良いの、マサヤぁ。」
「あぁ、、そう。。そのまま、強くシゴいてっ。。あぁ、、イイよ。。イイぃっっ。。」
僕は、母の乳首に吸い付きます。
母は、右手で肉棒を、左手は僕の頭を撫でています。

「うぅぅぅぅ、、もう少し、、もう少しで逝きそうだよ。お母さんっ。」
「あぁ、出してっ。。お母さんが、出るトコ見ててあげるから、ねっ、、出してぇぇぇ。」
「み、、見てくれる?」
「うん。。見てるわ。。マサヤの肉棒から、真っ白な精子が吹き出るトコ。ちゃんと、見てるから・・・思いっきり出すのよ。」
そう言いながら、母は凄い勢いで、肉棒をシゴキます。

10-48-15_013634

「あぅぅぅ、、で、出るよ。。お母さん、出ちゃうよ。。出る出るぅぅっ。。」
「あぁ、吐き出しなさい。。イッパイ出しなさいぃぃぃ。」
「あぅっ!! イクッっっ!!」
僕は、身体を退け反らしながら、射精します。

「ぁぁぁ、、凄いっ、、凄いわぁ。。マサヤ。」
精子は、僕の胸の辺りまで飛んできます。
「あぁ、凄いぃ。。ドピュドピュって、出てる。止まらない。。ぁぁ、、ドロドロの精子が止まらないわよぉ。」
「ハァ、ハァ、、ハァ、、お母さんんん。」
「凄い量・・・、ホントならコレが、私の子宮に注がれたのね。 ぁぁ、凄いわぁぁ。
母は、僕の肉棒を強く握ったままです。

僕は、頭を上げて股間辺りを見ます。
確かに、凄い量の精子が出ています。
下腹部、肉棒、そして母の手が、白い精子でベッチョリです。

「マサヤぁ~~、、舐めて良い?? マサヤの精子、舐めたいっ。」
「うん。良いよ。」
母は、手についた精子を舐め、その後、肉棒とお腹に付いた精子を舐めとります。
「あぁ、美味しい。。マサヤの精子、濃くて美味しいわよ。」

「どう、気持ち良かった?? マサヤ。」
「うん。気持ち良かったよ。」
「ねぇ、、今度は、お口でシテあげようか?
「えっ。スグは無理だよ。。もう少し後にしてよぉ~。」

結局、この日は2回抜いてもらいました。


PS:
今週は、3連休の方も多いのではないでしょうか。
明日ぐらいに、「いつもの」をUPする予定です。
取り逃さないようにして下さいね。

僕へのメールで、ワクメでの報告が増えています。
ある方の報告ですと、今の時期は、夏休みにお金を使いすぎた女性が助けを求めてる場合が多いんですって。
普段は、あまり来ない初心者っぽい主婦がゲット出来る事が多いそうです。

今週は僕もがんばって見ます。

ワクワクメール


実際の女性と話すのが苦手な方は、こちらで練習を・・・。

マダムとおしゃべり館

* Category : 未分類
* Comment : (11) * Trackback : (0) * |

No title * by てる
僕高校生ですが約2年前から母と肉体関係してます、母は一回僕の子供妊娠して堕胎しましたそれは後で母から聞いたんだけど僕が中学生の時で関係して半年目あたりだそうです、今は週に2回位で関係してます

No title * by ぴっぴ
いいなあ私も、愛する人と一緒に住んでラブラブしたいなあ 最近急に寒くなってきたから、体調には気をつけてねマサヤくん

No title * by ダルライザー
めぐみと言う人に乗せられた感はありますが、今後も含めて進展する気は無いですよ。 遠くに住んでいますし、年に1、2回しか会わないので、今は何とも思っていません。

No title * by 秋雨
ダルライザーさんて確かお姉さんか妹さんと関係を持ちたいと言ってた方ですよね? 確かめぐみから温泉旅行に誘ったらと言われてましたよね? 誘ってみましたか?

No title * by なっつ
これが、まさやの日常なのかぁ~ 羨ましいわ~ 毎度の事ながらしっかりと興奮させて貰いましたw 「いつもの」期待してますよ~ 宜しくお願いしますw

No title * by okeasta
今回も十分に興奮しました。 お母様の画でパンコキしたいと思います。

No title * by ダルライザー
めぐみにはもう構うな!! メールも来ないし、相手をしなければ自然といなくなる。 マサヤさんのブログのコメント欄を荒らすような事になって申し訳なく思っています。 今回もコーフンしました。 また、次回期待しています。

No title * by か~にゃん
こんなにエロい母親が存在するんですよね。 読みながら、ペニスを握りしめてました。 私も、自分の身体に射精しちゃいます。

No title * by 鼻くそ
あれ、しん君まだ居たの?

No title * by 神戸ちび太
毎日、更新ワクワクしながら楽しみにしています。もう、オヤジな年ですが母親がいれば、母親を女性として見ていたんだろうなぁって思いながら日記を読ませて頂いています。最近は、更新まだかなって思いながらサイト覗いていますのでよろしくです^^羨ましい限りです。