個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-01-10 (Mon)

こんにちは、マサヤですっ。

日記です。


ヒロミ伯母さんと、3Pをしてから色々とあり、日記に書きたい事はイッパイあるのですが、今回は母との今年の初Hを書きます。

その前に、最近の父との関係を話しておきます。

父は、母と僕との関係を知っています。
父もその腹いせか、若い愛人を作っていたようですが、海外出張が決まった時に別れたようでした。
父が、海外出張に行ってからは、母に頻繁に電話をして来るようになりました。
僕と2人で暮らしている事に、何か思う所があったのか・・・、それとも寂しかっただけなのかは分かりません。
内容は、普通の夫婦の会話だったようです。

父が海外に行って、1ヶ月ぐらいした時、父から僕に電話がありました。
最初は、世間話?のような感じでしたが、しばらくすると母との事に話が移りました。

「ところで、マサヤ。 お、、お母さんとは、その~、、ま、まだ続いているのか?」
「えっ? な、何が?
「ほら、その~、、男と女の、、か、関係だよ。」
「あっ、、。。い、いや。。。もう、別れたって言うと変だけど・・・、もうHしてないよ。」
僕は、父にこう答えてしまいました。
なぜ、僕が、このように答えたのか自分でも良く分かりません。
海外で頑張ってる父に心配を掛けたくなかったのか・・・。

「ん?? そうなのか?」
父の声が明るくなります。
「う、、うん。。 もう、、飽きたっていうか、、やっぱりお母さんは、お母さんだし・・・。もう、したくないよ。」
「ははは、、そうか、そうか。。マサヤには、もっと若い子が良いよな。 若い頃は、だれでも母親に憧れる時期もあるからな。」
父は、僕が母と別れたと聞いて、喜んでいます。
それ以来、父は、ウェブカメラを使って、母と良く会話をするようになりました。

そして、そんな父が、年末の26日に正月休みで、家に帰ってきました。
久しぶりに見た父は、少し太っていました。(笑)
父は、僕と母が普通の親子の関係に戻ったと信じています。
母には、上機嫌で優しく接しています。
母も、僕の話に合わせ、父に普通に接してくれています。


1月2日・・・・

この日から、僕たち家族(父、母、クミ、僕)は、父の実家に遊びに行きます。
しかし、母にどうしても外せない用事が夕方にあるという事で、父とクミが先(昼過ぎ)に出発しました。
残った僕と母は、3日の朝に公共交通機関で実家に向かう事になりました。

その日の夜
母は、夕方の用事を済ませ、晩御飯の用意をしてます。と、言っても雑煮を作ってるだけですが・・・。
僕は、テレビを見ながらのんびりしています。

しばらくして、雑煮が出来たので母と2人で食べます。
その後は、お正月らしく日本酒を飲みながら、グダグダとテレビを見ます。
年末には、クミも帰ってきてましたし、父も居て、2人で過ごすのは久しぶりです。

1時間ぐらいすると、母は酔って顔を赤くしています。
「お母さん、酔ったの?」
「ふふふっ、、少しねっ。」
そう言うと母は突然、僕の股間に手を伸ばし、肉棒をナデナデし始めます。
「あっ、、ちょっと、、お母さん。。何?」
「うふふっ。。。良いでしょ。欲しくなっちゃった。」
母は、目がトロンとして、エロモードに入ってます。

「うふっ、、マ・サ・ヤっ。」
母は、僕に近づくと、僕の股間に顔を擦り付けてきます。

以前にも言いましたが、母は酔うとエロさが増し、甘えたり、女王様のようになったりと色々と変化します。(笑)

母は、ジャージの上から僕の肉棒をコスります。
「あ~ん。。マサヤの肉棒ちゃん。 久しぶりだね。」
母は、僕を押し倒し、ジャージとトランクスを強引に脱がせます。
「もぅ~、お母さん。。。」
「あらっ、マサヤ~っ。半勃ちじゃないの~っ。どうして~。

母は、僕の肉棒を握ると、手でシゴキます。
「お、お母さん。。僕、まだ風呂に入ってないよ。」
「ふふふ、、別に良いわよ~ん。マサヤのだもん、汚くないわ。」

母は、僕の肉棒をパクッと、口に含みます。
そして、舌を回転させ、亀頭をクチュクチュと舐め回します。
「あぁ、マサヤ。。しょっぱいわ~っ。」
「だ、だから言ったじゃん。ぅぅ。」
「でも美味しいっ。。若いオスの味がするわっ。」

母は、酔っているので、口の中も熱く、亀頭がトロけそうなほど気持ちが良いです。
「あぁ、、お母さん。」
「うふ。。気持ちイイ? もうビンビンになったわよ。

そう言うと母は、肉棒を喉奥まで咥え、頭を上下に振り始めます。
「おぉぉ、、ぁ、ぁぁ、すご、、、お母さんっ。」
「んふ。んんんん、、んふ、んふっ。。」
母は、鼻を鳴らしながら、ジュボジュボ、ジュルジュルと大きな音を立てて肉棒を咥えます。

「あはっ、、やっぱりマサヤの、、凄いっ。お口の中が、マサヤの肉の塊でイッパイっっ。。お父さんとは違うわっ。」
「うぅ、、そうか・・・。昨夜はお父さんの肉棒を咥えたよね。」
実は、昨夜の元日、母は父とセックスしたのです。
僕は、それを覗き見ていました。(詳細は、後日書きます)

「お母さん、美味しそうにお父さんの肉棒舐めてたじゃん。」
「あぁぁ、しょうがないじゃない。マサヤが見てると思ったら興奮しちゃったのよ。」
「お父さんの肉棒も根元まで、咥えてたからな・・・。
「ふふっ、だって、お父さんのは、簡単に咥えれるもん。小さいから。」

母は、喉の奥まで肉棒を咥えた後、今度は頬っぺたが凹む程、肉棒を吸い上げていきます。
「お母さん、イヤらしい舐め方するねぇ。。」
「だって、マサヤの肉棒、好きだもん。お父さんのは、普通に咥えれるけど、マサヤのは、お口をイッパイに開けないと咥えられないでしょ。」
「だから?」
「だから・・・、、お口イッパイ感というか、頬張ってるっていうか・・・、口を犯されているようで、興奮するのよっ。
「そうなんだ。だからいつも肉棒を咥えただけで、マンコがグショ濡れになるんだ。」

僕は、母の頭を押さえつけます。
「うぅ、、うぐぐっっ、、んんぅ。。。うぐうぐ。。」
母は、苦しそうです。

母の唾液が僕の金玉まで、滴ります。
手を離すと、母は勢い良く肉棒を口から離します。
「ぷはぁ~、、ぁぁ、、美味しいっ。。マサヤの肉棒美味しいっっ。。」
母は、口の周りがヨダレでベトベトです。
そして、凄くイヤらしい顔をしています。

その後も母は、僕の肉棒を美味しそうに舐め続けます。
部屋の中に、ジュブジュボと、肉棒を啜る音と、母のフンフンと鼻を鳴らす音が響きます。

しばらく母のフェラを堪能しますが、僕も母のマンコが舐めたくなります。
僕は、身体をズラしながら横向き69の体勢になります。

僕は、母のスカートを捲り上げます。
そして、片足を持ち上げ、脚を広げます。
母は、薄紫のパンティを履いています。
マンコの部分は、大きなシミが出来ています。

「うわっ、お母さん。。パンティにグチョグチョに染みが出来てるじゃん。
「あぁぁ~ん。。だってぇ~。」
僕は、母のパンティを横にズラすと、トロトロになったマンコにしゃぶり付きます。
母もお風呂に入っていないので、女の匂いがします。

僕は、クリの皮をめくり、唇を細めてクリに吸い付きます。
そして、音を立てながら吸います。
ズズズズズ~~ッッ、、ズズ、、ズズ、ッッッ。。

母は、肉棒を握ったまま、喘ぎます。
「あぁわゎゎゎ~~っ、、イイ~~っ。。マサヤ、、それ、、イイ~っっっ。。
母は酔っているので、いつも以上に感度が良いようです。
僕と母は、お互いに夢中で舐め合います。

すると突然、家の電話が鳴ります。
僕と母は、一瞬止まります。
「わっ。ビックリした~。
僕は、そのままの体勢で、テーブルの上にある子機に手を伸ばします。

続きます・・・・

* Category : 未分類
* Comment : (38) * Trackback : (0) * |

No title * by snafkin
おばんで~す

No title * by あれれ
ありゃありゃ、いくらしつこく聞いたからと云って何の関係がアンタにあるわけ? 別にアンタに聞いてるわけじゃ無いでしょ? アンタがいくらそう思ったからと云ってわざわざコメントする必要がある? マサヤ君のブログなのに全然関係無い話しをしてマサヤ君には申し訳無いけど。 第三者であるアンタがいちいちでしゃばる必要は無い!

No title * by ありゃりゃ
だって…、やたらと細かいことを訊いたり、真っ先に教えてくれ、…とか…、あまりにしつこいしキモいから、ついつい…。 思い込みも激しいみたいだし…。

No title * by あれれ
あらら、誰? 勝手にひいていたら? 別にあんたにひかれたってこっちは何とも思わないし…。 それよりも、何で僕とセブンさんとの会話に何の関係も無いアンタが頼みもしないのに勝手に首を突っ込んでコメするわけ? アンタは関心持たなくて良いから。

No title * by あらら
あれれ、そこまで執着するのはおかしくね? ひく…。

No title * by セブン
あれれさんへ 分かりました。多分2~3年ぐらいだと思います。ここのサイトがあればコメント欄を借りて教えますよ。 まだ飲ませたいとは思いませんね。あれれさんも娘つくってくださいね。もしできたら教えて下さいね。

No title * by あれれ
セブンさんへ…。 口に出した事が無いのですか!? 意外でした。てっきり飲ませているとばかり思ってました…。 飲ませたいとは思わないのですか? それとも娘さんが飲みたがらないのでしょうか? どちらにせよ娘とそんな事が出来るセブンさんが羨ましいです。 ブログや画像の件は残念です。 セブンさんのモノをフ〇ラしてる娘さんを見せて貰えると勝手ながら思ってましたので…。 いつか、娘さんに挿入したら真っ先に教えて貰えますか?

No title * by セブン
あれれさんへ 今行ったらサイト(ハード)消されてました。すいません。

No title * by セブン
あれれさんへ 画像や動画は難しいですね。ブログはやってませんしこれからもやる事はないですね。それと娘の口には出したことはないですよ。 もしよければJS画像館ハードを探してみてください。モロッコスレは消されたみたいですがぶっかけ画像などはまだありますから。 画像などは見せれなくてすみません。(方法がないから)

No title * by あれれ
セブンさんへ…。 結婚したいのは山々ですが、相手が居ない事にはどうにも…。 ところで、娘さんは口の中に出したモノは飲んでくれるのですか? セブンさん、ブログはしてないのでしょうか? もし、ブログをしているのでしたら是非お邪魔して娘さんとの行為を動画や画像のどちらでも良いのでいろいろ僕に見せて欲しいです。 ブログをされてないのでしたらどうしたら行為を見せて貰えますか?

個別記事の管理2011-01-03 (Mon)
20110102


あけましておめでとうございます。m(_ _)m

昨年は、多くの方からの応援を頂き感謝の一年でした。
後半は、更新が滞ったりしてご迷惑をお掛け致し反省しています。
社会人って、厳しいものだと感じた一年でもありました。

今年は、母との関係がどうなっていくかは分かりませんが、少しでも頑張って日記を書いていきます。
どうぞ、今年も応援よろしくお願い致します。

豆たんくさん、名無しさん、博多大介さん、imajinさん、純也さん、新年の挨拶ありがとうございます。
皆さんにとって良い年になりますように・・・。
* Category : 未分類
* Comment : (14) * Trackback : (0) * |

No title * by 吉岡明
留学中外国人のオメコは存分に楽しみましたか?

No title * by 吉岡明
セイウチさん!もちろん覚えてますよー

No title * by セイイチ
明けましておめでとうございます お久しぶりです 覚えていますでしょうか?? 二回目の留学から帰国しました 本年もよろしくお願いします ぁの、写真はもしかして・・・ 三人の内の誰かですか??

No title * by チュウバッカ
明けましておめでとう 今年も楽しみにしてます 写メは 妹くみちゃん? なわけないか?

No title * by ݦݨ
まさやさん、こんにちは☆ お初に書き込みさせていただきます、檸檬と申します♪ 年末からライブドアで過激な体験を綴るブログをはじめて、他の方はどんなことを書いてるのかなぁって、いろいろ見ていました。 まさやさんのブログは、描写が丁寧なのか、リアルに目に浮かんできました。 とっても興奮します(笑) また、お邪魔させていただきますm(__)m

No title * by バカボン
明けましておめでとう年末大好きな加西純子が、退社してしまいましたなにか良い方法なあかな?家は知ってるけど・・・

No title * by シュンスケ
はじめまして、そして明けましておめでとうございます。最近拝見させて頂くようになりましたが、とても興奮させてもらってます。これからもヨロシクお願いします。

No title * by 吉岡 明
旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。本年も相変わらずご愛顧のほどお願い申し上げます。ところで写メの方はどちら様?

No title * by ヒデヲ
明けましておめでとうございます。今年も楽しみにしてます。

No title * by か~にゃん
まさやさん、明けましておめでとうございます。 今年も、刺激的なエントリーを期待しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。