個別記事の管理2010-12-10 (Fri)
20101210


こんにちは、マサヤです。

日記の続きです・・・・

「マサヤっ、もっと激しく突いてあげなさい。」
僕は、ヒロミ叔母さんの脚を肩に乗せると、思いっきりマンコを突き始めます。
「あぁぁ、イヤらしいわ~。。ヒロ姉ちゃん、、甥っ子に犯されてるっ。

ヒロミ伯母さんは、目を閉じ必死で快感と戦っているように見えます。
「ヒロ姉ちゃん、こんな若いチンポは初めてじゃないの? 硬くて奥までガンガン来るでしょ。」
「あ、、ぁぁぁ。。。」

しばらくして、ヒロミ叔母さんは、我慢の限界がきたのか、
「あ、ぁぁぁ、、ぃ、ぃぃ、、っ、、気持ちイイ~~っっっ。。
ヒロミ叔母さんの口から、初めて気持ちイイと本音が出ます。
「ふっ。。ふふふっ。」
母は、なぜか勝ち誇ったような顔をしています。

「お姉ちゃん、マサヤの肉棒、気持ちイイでしょ?」
「え、、ええ。。き、気持ちイイィ~っっ。。」
「若い肉棒で、黒マンコを掻き混ぜられてヨガってるなんて、、イヤらしいお姉ちゃんねっ。。」
「あ、、ぁぁ、さ、サトミっ。」
「ふふふっ。。イイのよっ。私も、一緒なんだから・・・。お姉ちゃん。

母は、ヒロミ伯母さんの胸を揉みながらキスをします。
僕は、レズ?というか、姉妹のキスを目の前で初めて見ます。
母とヒロミ伯母さんが舌を絡め合ってるのを見て、僕は異常に興奮します。
あまりにも、イヤらしい姿だからです。

「う、わぁぁ、、2人共イヤらし過ぎるよっ。」
僕は、腰を動かしながら2人の絡みを見続けます。
母もヒロミ伯母さんも舌を突き出し、イヤらしく舌を絡ませ続けます。

しばらくして、ヒロミ伯母さんがイヤらしい顔で僕に言います。
「あぁ、、マサヤく、ん。。もっと、、もっと突いてっ。。私の渇いたマンコを潤してっ。。。
「ひ、ヒロミ伯母さん~っっ。」
ヒロミ伯母さんのマンコは、容赦なく僕の肉棒をグイグイと締め付けてきます。
「あ、あぁぁ、、し、締まる~っ。。ひ、ヒロミ伯母さ~んっ。」

「ああ、、ま、マサヤっ。。私のマンコにも突っ込んでっ。」
母が、ヒロミ伯母さんの横で、お尻を突き出します。
母もヒロミ伯母さんに負けじと、おねだりをします。
「あ~ん。。早くっ、、早く~っ。。マサヤ、私にも頂戴っっっ。

僕は、ヒロミ伯母さんのマンコから肉棒を抜くと、ヒロミ伯母さんの愛汁でベトベトの肉棒を母のマンコに突っ込みます。
母のマンコに、ヌルリと肉棒が吸い込まれます。

「あ~ぁ、、き、きた~っ。
「うっ、、うぅぅぅ。お、お母さんっ。」
「あぁ~~~っ、、イイ~~っ。。突いてっ、、ガンガン突いて~~っ。。マサヤっ。」
僕は、母のお尻を掴むと、腰を激しく打ち付けます。
「さ、、サトミっ。。あなた達、、お、母子で・・・。ぁぁ。」
ヒロミ伯母さんは、驚いた振りをします。

「お姉ちゃん。。そうよっ。私達、母子でセックスしてるのっ。。」
「ああ・・・・、なんて事。。。サトミ・・・。」
「ふふっ、別に良いじゃない。。母子でセックスしても。」
「・・・・・さ、サトミっ。」

「私が童貞だったマサヤを男にしてあげたのよっ。。肉棒の張り出したカリも、黒ずんだ陰茎も、、全部私のマンコで擦って成長したのよっ。ねっ、マサヤ。そうよね?」
「えっ、、あ、、ぁ、、う、うん。」
母は、自慢げにヒロミ伯母さんを見ます。
ヒロミ伯母さんは、何も言わず僕と母の交わりを眺めています。

母のマンコからは、愛汁が溢れ出し、太ももを伝って滴り落ちます。
「あぁぁ、、イイっ。。マサヤの肉棒、最高よっ。。掻き混ぜてっ。。マンコをグチャグチャにしてっ。。」
母は、横でヒロミ叔母さんが見ている為か、いつも以上にイヤらしい言葉を発します。
僕も釣られて、イヤらしい言葉を返します。
「おぉ、お母さんのマンコ、いつも以上にグチャグチャだよ。。アナルもヒクヒクしてるよ。
「あぁぁ、、突いてっ。。突いて、、突いて~っ。。マサヤ~っ。」
母のマンコからは、ズポッズポッ、ブリュブリュと、肉棒が出入りする度にイヤらしい音がします。

「ねぇ、お姉ちゃん。。どう? 私とマサヤのセックス・・・、母子のセックス見てどう? 興奮するっ?」
「え、ええ。興奮するってより、信じられないわ。
「あぁ、、そうよね。信じられないわよね。でも毎晩、こうして繋がってるのよっ。」
「サトミ・・・。ぁぁ・・・。」

母は、お尻を突き出したまま、僕の方を振り向き言います。
「ねぇ、、マサヤ。。気持ちイイでしょ? お母さんのマンコ、気持ちイイでしょ?」
「あ、ああ。。気持ちイイよっっ。」
「ぁぁ、もっと言ってっ。。ヒロ姉ちゃんに教えてあげてよっ。お母さんのマンコが気持ちイイって、言ってっっ。」
「あ、、う、うん。 ヒロちゃん、、お母さんのマンコ、気持ち良いんだよ。いつもグッチョグチョだよ。」
「ま、マサヤくん・・・っ。」
母は、突っ伏したまま痙攣しながら快感に浸っています。

しばらく、母のマンコを堪能した後、またヒロミ伯母さんのマンコに挿入します。
母とヒロミ伯母さんを交互に犯す。
この状況、この時は夢中で、よく分かりませんでしたが、後々冷静に考えれば凄い事をしたなぁ~と思います。

僕は、ヒロミ伯母さんのマンコを突きまくります。
「あぁぁ、、マサヤ君、奥まで、奥まで突いてっ。。」
「う、ぅぅぅ、、ヒロちゃん。。。」
ヒロミ伯母さんは、昔を思い出したような顔で僕を見ます。
僕は、ヒロミ伯母さんにキスをしたかったのですが、母が居るのでしませんでした。

「あ、、も、、もう、い、逝きそうになってきたよ。」
母とヒロミ伯母さんの2人を犯す。
この異常な状況に僕の肉棒は、暴発寸前です。

「あぁ、マサヤっ。逝くの? ヒロ姉ちゃんのマンコで逝くのね?」
母が、僕を見ながら言います。
「う、うん。お母さん。。逝きそうだっ。今日は、ヒロちゃんのマンコで逝っても良いだろ?」
「良いわよ。。逝きなさい。ヒロ姉ちゃんのマンコで逝かせてもらいなさい。」
ヒロミ伯母さんも、
「あぁぁ、マサヤ君。。。逝ってっ。私のマンコで、逝って頂戴っ。
「うぅ、ぅ、ヒロミ伯母さんっ。」

僕は、無我夢中で腰を振り続けます。
「マサヤ、ヒロ姉ちゃんの顔に掛けてあげなさいっ。 良いわよね、お姉ちゃん。」
「え、、ええ。掛けてっ。マサヤ君の精子を、私の顔に掛けて頂戴っっ。」
「う、うん。」
僕は、さらに激しく腰を動かします。

「あ、、あぁぁぁぁぁ、、、ぁぁ、、ぃぃぃぃぃっ。」
ヒロミ伯母さんは、身体を反らしながら感じています。
「ヒロ姉ちゃん、さぁ、口を開けてっ。。マサヤの濃くて臭い精子を飲むのよっ。」
母は、ヒロミ伯母さんの顔を両手で固定します。
「さぁ、マサヤっ。。精子をヒロ姉ちゃんの口に出してっ。

「あ、、あぁぁ、い、逝くよっ!!  逝くっ!!」
僕は、素早くマンコから肉棒を引き抜くと、身体をヒロミ伯母さんの顔の方に移動します。
そして、大きく開いた口めがけて、射精します。

ドピュ、ドピュ、ドピュ、と、真っ白な精子が飛び散ります。
精子は、舌の上、鼻、目元に掛かります。
「わぁ~、凄いっ。。凄い量じゃないの、マサヤ。」
母は、ヒロミ伯母さんの顔に飛び散った精子を見て、大喜びです。
ヒロミ伯母さんの顔は、僕の精子で真っ白で、ベタベタです。

「ヒロちゃん。。綺麗にして・・・。」
僕は、ヒロミ伯母さんの口に肉棒を突っ込みます。
ヒロミ伯母さんは、何も言わず丁寧に肉棒を掃除してくれます。

僕は、ヘトヘトになり、床に寝転がります。


その夜、母とヒロミ伯母さんは、母の寝室で一緒に寝ました。
僕は、自分の部屋で寝ます。

2人が、寝室でどんな会話をしたのかは、知りません。

ナゼ、こんな事になったのか分かりませんが、僕は内心喜んでいました。
これでヒロミ伯母さんと、また、セックス出来るようになったと思ったからです。

* Category : 未分類
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

No title * by ゆう
父親は混ぜないでほしいです マサヤさんだけでお願いします 家族の女性はマサヤさんが独り占めにしてください

No title * by ニータン
子どもだった頃、よく従兄弟や親戚の人が結婚していくのを見て 自分もいずれは、そのうち結婚出来るんだろうな  って思っていましたが 今、同じ歳に なって、そうではないんだって事を、 身をもって感じます みんなに、ちゃんと平等に幸せってあればいいのになぁ・・・

No title * by 為五郎
凄く興奮しました。これで二人とも妊娠したら最高ですね。頑張って下さい。

No title * by セブン
久しぶりにコメントします 妹と父親も入れて家族乱交だ!是非実現してください。次回の更新楽しみにしています。

No title * by imajin
更新お疲れさまです。美人熟女姉妹との3Pとは羨ましいですねw しかも、一人は母でもう一人は叔母という100%身内での性交に興奮を隠せません。 また、今回のブログで分かったことだけど、お母さんは女性に対してはSになるみたいですね(笑) でも、これで伯母さんとも時々はHできるようになりそうで、今後の展開も期待しています。 そして、今度はいよいよ妹さんとのその後の話になるのかな? あの後、マサヤ君が妹さんをどのように教育ないし調教したのか気になっています^^

No title * by メガネ
鬼畜だよ、マサヤ君! でも、そんなマサヤ君を応援したい!

個別記事の管理2010-12-03 (Fri)
20101203


こんにちは、マサヤです。

日記の続きです。
少し間が空いてしまいましたので、前回から続けて読んで下さい。


続きです・・・・

「う、、うぅぅん。。。」
僕と母の身体が、一瞬固まります。
ヒロミ叔母さんが、呻きながら身体をモゾモゾしたのです。

「・・・起きた?」
僕は、小さな声で母に聞きます。
「・・・んっ。。。大丈夫みたい。」

僕は、一旦、ヒロミ伯母さんから離れます。
僕の肉棒は、お腹にくっつくぐらい勃起しています。
亀頭の先端からは、我慢汁が溢れています。

母が、キスしてきます。
「あんっ、、マサヤの口、ヒロ姉ちゃんのマンコの匂いがするわっ。」
「えっ・・・。」
「ふふっ、マサヤ、ヒロ姉ちゃんのマンコの味はどうだった?」
「う、うん。。美味しかったよ。」

母は、僕の肉棒を握りしめます。
「すご~ぃ。我慢汁が溢れてるじゃないのっ。。ベトベトよっ。
「う、、うぅぅ。だ、、だって・・・。」
「ふふ、ヒロ姉ちゃんのマンコを舐めて興奮したのねっ。」
「う、、うんっ。」
「マサヤ・・・。挿れたいのね。ヒロ姉ちゃんのマンコにこの勃起した肉棒を挿れたいんでしょ。」
「ぉ、お母さん。」
母は、イヤらしい目で僕を見つめます。

「じゃあ、、挿れてみる? ヒロ姉ちゃんのマンコに・・・。このビンビンの肉棒。
母は、突然に信じられない言葉を発します。
僕は、戸惑います。

酔っていたとはいえ、自分の姉のマンコに挿れても良いなんて・・・。
母が、何を思って言い出したのか分かりません。
が、僕にとっては願ってもない言葉です。

「い、、挿れたぃっ。。お母さんっ。。ヒロちゃんのマンコに肉棒を突っ込みたいよ。」
「あぁ、マサヤ。。やっぱり貴方は、変態ねっ。お母さんだけでなく伯母さんともセックスしたいなんてっ。」
「あ、、うぅ、、。
「・・・イイわっ。挿れてみなさい。」
母は、僕の肉棒を離すと、僕をヒロミ伯母さんの方に押しやります。
「ヒロ姉ちゃんを犯しなさい。さぁ。」

「で、でも、、、本当にイイの?」
僕は、母に問いただします。
「イイわよっ。お姉ちゃん、寝てるから。(微笑)」
「ええっ。。で、でも、もし、起きたら・・・。」
「その時は、私が上手くやるから、大丈夫よっ。ヤリたいんでしょ、マサヤっ。」
母は、興奮しながら言います。

僕は戸惑いながらも、母の前でヒロミ叔母さんとセックスする状況に大興奮です。
僕は、ヒロミ伯母さんの脚の間に身体を入れます。
ヒロミ伯母さんのマンコは、パックリと口を開き、テカテカと愛汁で濡れてます。

チラリと、ヒロミ伯母さんの顔を見ると、何となく薄目を開けている様にも見えます。
母は、自分でマンコをイジリながら、僕の行為を見ています。

僕は、亀頭をヒロミ伯母さんのマンコに宛がいます。
ヌチャっと、マンコのビラビラが、亀頭に吸い付いてきます。
マンコの熱さが、亀頭から全身に伝わってきます。
僕が、母の方を見ると、母は興奮しながら、うなずきます。

「ほ、、本当に良いの? 突っ込んじゃうよ。」
「ああ、突っ込みたいんでしょ。ヒロ姉ちゃんの黒マンコに突っ込みたいんでしょ。」
「う、うん。」
「イイわよっ。 早くっ。。早くお姉ちゃんのマンコに突っ込みなさいっ。」

僕は、腰を前に突き出しながら、肉棒をヒロミ伯母さんのマンコに押し込みます。
「うあ、、、ぁぁぁ、ぁ、、ひ、ヒロちゃん。
あまりの気持ち良さに声が出てしまいます。
ヒロミ伯母さんもかなり酔っていたので、マンコの中は熱々です。

僕は、ヒロミ伯母さんのマンコの感触を味わいながらゆっくりと肉棒を沈めます。
久しぶりのヒロミ伯母さんのマンコは、キツイです。

あと少しで、肉棒の根元までマンコに収まろうとした時・・・、、、
「あ、、やっ!! えっ、、な、何っ。 な、、なっ。」
ヒロミ伯母さんが目を覚ましました。

「おわっ。。」
僕も母もビックリします。
ヒロミ伯母さんは、本能的に身体をクネらせ、僕から離れようとします。
「ちょ、、ちょっと!! ま、マサヤ、く、ん。 何してるのっ。」
ヒロミ伯母さんは、僕を突き放そうとします。
僕は、ヒロミ伯母さんの脚を掴んで、離れないようにします。

ヒロミ伯母さんは、激しく動き抵抗します。
すると母が、ヒロミ伯母さんを押さえ付けたのです。
母は、ヒロミ伯母さんの手と上半身を押さえ付けながら、
「お姉ちゃん。大きな声出すと、お母さんが起きて来るわよっ。」
と、ヒロミ伯母さんに言い聞かせます。

「さ、サトミっっ。。あんた、何を・・・。自分のしてる事が分かってるの?」
ヒロミ伯母さんは、もがきながら母の方を見ます。
「お姉ちゃん。。。分かってるわよ。でもマサヤが、お姉ちゃんとセックスしたいんだって。」
「なっ、、、ば、バカな事言わないでっ。」

ヒロミ伯母さんの抵抗が、僕には演技だと分かっています。
が、僕も少しビビルぐらい迫真の演技です。(笑)

「止めなさいっ。。サトミっっ。。マサヤもっっ。」
「少しぐらい良いじゃない。ヒロ姉ちゃんも、最近はご無沙汰なんでしょ。。」
「ちょっと、、バカ言ってないで・・・、止めなさいっ。。サトミっ、酔ってるのっ。」
ヒロミ伯母さんは、母の手を振り解こうと必死です。

「マサヤっ、、早くヤリなさい。お姉ちゃんを犯しなさいよっ。」
僕は、母とヒロミ伯母さんのやり取りにボーッと見入ってしまってました。
肉棒は、マンコから抜けてます。

僕は、ヒロミ伯母さんの脚を掴み広げると、肉棒をマンコに突き刺します。
「あぅっ。。」
ブチョっと音を立てながら、肉棒がマンコに沈みます。
「あ、、ああ、、ぁぁ、ま、マサヤっ。。や、止めなさい。」
「ヒロちゃん・・・。
「い、イヤっ。。イヤっっ。。やめてっ。」
ヒロミ伯母さんは、頭を左右に振りながら抵抗します。
ヒロミ伯母さんの大きな胸が揺れます。

「ぼ、僕、、ヒロちゃんとヤリたいんだっ。ヒロちゃんのマンコで射精したいんだっ。」
「あぁ、、や、ヤメテッ。。お願いっ。」
僕は、ヒロミ伯母さんを本当に犯してるようで、興奮します。
ヒロミ伯母さんは、嫌がってはいますが、身体は違います。
熱い膣壁が、僕の肉棒を奥へ奥へとウネリながら引っ張り込むのです。

僕は、夢中で肉棒を激しくマンコに出し入れします。
その内、僕とヒロミ伯母さんの結合部から、グチョグチョ、ズボッズボッとイヤらしい音がし始めます。
「あ~~っ、、ヒロ姉ちゃん、イヤイヤ言いながらも感じてるんだっ。イヤらしい音がしてるわよ。」
母が、ヒロミ伯母さんの耳元でつぶやきます。

「ち、、違うっ。。違うわっっ。。」
ヒロミ伯母さんは、あくまでも抵抗します。
「ヒロ姉ちゃん、、マサヤの肉棒、前の旦那より大きいでしょ。気持ち良いんでしょ。我慢せずに素直になったら・・・。」
母は、ヒロミ伯母さんの胸を揉みながら言います。

「あ、、ぁぁ、、ち、、ちが、、。。ぅぅ。」
「そ~ぉ、でも乳首もビンビンに立ってるし。」
「ぅぅ、、ち、違うっ、、ぃぃ、イヤっ。。 や、止めて、サトミぃぃ。」
「お姉ちゃん、マサヤの肉棒、硬くてビンビン来るでしょ。。マサヤの肉棒を味わったら癖になるわよ。。。ねっ、、気持ち良いんでしょ?」
「ひ、ヒロちゃん。。どぅ?? 僕の肉棒? 気持ちイイっ??
僕は、マンコの奥深くを突くべく、肉棒を根元まで押し込みます。
「あ、、あぁぁ、、ぁぁぁぁぁ、、ぃぃぃぃ。」
ヒロミ伯母さんは、感じるのを拒否するかのように我慢しています。

「マサヤ、、どう? ヒロ姉ちゃんのマンコは?」
「う、うん。。凄く気持ちイイよ。 お母さんのマンコと違って、肉棒に絡んでくるよ。」
「あぁ、マサヤは、悪い子ね。実の母親だけでなく、伯母さんまで犯すなんて・・・。」
母は、そう言いながら、僕とヒロミ伯母さんの結合部を覗き込みます。

「あぁ~~、凄いっ。。マサヤのデカ肉棒をしっかり咥えてるじゃない。お姉ちゃんのマンコ、イヤらしいっ。黒いビラビラが、肉棒に絡み付いて・・・、しかも愛汁を垂れ流しじゃないっ。ねぇ、ヒロ姉ちゃん。」
「あ・・・、ぁぁ、、い、言わないでっ。」
「じゃあ、素直になったら。ヒロ姉ちゃんっ。」
「・・・・・・・。」
ヒロミ伯母さんは、もう抵抗しなくなってます。

「マサヤっ、もっと激しく突いてあげなさい。」
僕は、ヒロミ伯母さんの脚を肩に乗せると、思いっきりマンコを突き始めます。
「あぁぁ、イヤらしいわ~。。ヒロ姉ちゃん、、甥っ子に犯されてるっ。


続きます・・・・



PS:
12月に入って人妻が多くなりました。
理由は・・・、年末は何かとお金がいるからです。

ワクワクメール

バーチャルで母子相姦を楽しむなら

マダムとおしゃべり館

会員登録後、下記の宛先まで「母子相姦日記」と
ご連絡頂ければ24時間以内に無料ポイント2000円分を追加してくれます。
support@madamu.tv
※初めての登録の方限定です。(先着20名まで)
* Category : 未分類
* Comment : (9) * Trackback : (0) * |

No title * by ケツ毛饅頭
最近コメントが少なくて寂しいなぁ。 一時期、何十というコメントで炎上していた頃が懐かしいわ。

No title * by 山ちゃん
待ってました。とうとうヒロミさんと3Pだな。 俺もヒロミさんに挿入してみたい(#^.^#) ヒロミさんのファンだから裸の写真か動画見たいな♪ この後の展開が楽しみ

No title * by マサヤ
imajinさん コメありがとうございます。 この後の展開・・・どうなるのでしょう。 ニーダンさん コメありがとうございます。 母は、いつも暴走気味です。 写真は、拾いです。 「母子相姦日記」のロゴ入りは、オリジナルですよ。 バカボンさん コメありがとうございます。 ヒロミ叔母さんの後姿、近いうちに。 鼻毛ボーイさん コメありがとうございます。 まぁまぁ、喧嘩はしないで下さいね。 値氏獄中陣さん コメありがとうございます。 為五郎さん コメありがとうございます。 明日か、明後日には更新予定です。

No title * by 為五郎
久しぶりに興奮しました。続きが早く見たくなりました。

No title * by 値氏獄中陣
これが事実ならレイプで有罪。

No title * by 鼻毛ボーイ
まったく!写真は拾い物だというのをまさやさんが何度言えばわかるのだろう。 himajinは何故いつも偉そうなのかな。 何様だろう。 暴走女さとみ最高!

No title * by バカボン
バカボンはひろみオバサンとセックスしたいのだ マサヤが羨ましい ひろみオバサンの後ろ姿写真で頼むでこれでい~のだ

No title * by ニータン
またまた来ました サトミ かなり暴走して ますね!! ちなみに、今回の写真は サトミさんかな? また 楽しみにしてます

No title * by imajin
ここまではマサヤ君の実体験の紹介としては及第点ですね。この後の展開に期待大ですw