個別記事の管理2010-06-16 (Wed)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
* Category : 未分類
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-06-13 (Sun)
20100613-2



こんにちは、マサヤです。
携帯画像倉庫に、母の画像を1枚UPしました。
母の雰囲気を感じて下さいね。

携帯画像倉庫の画像も更新しましたよ。
http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/bosikan/



続きです。・・・・

ガタッ、、と、浴室のドアの音が聞こえます。
僕が肉棒を引き抜くと同時に、母も腰を引きます。
母は、慌ててパンティを履きます。
僕は、ベトベトのままの肉棒をパンツに仕舞います。

そして、急いでテレビの前に戻ります。
「あ~~、気持ち良かった。。 お兄ちゃんもお風呂、入ってきたら?」
「あ、ああ。。」
クミは、頭にバスタオルを巻いて、ジャージ(ズボン)に、キャミ?姿で、部屋に入ってきました。

僕も、言われるまま、お風呂に入ります。
先ほどの母との交わりで、ベトベトになった肉棒をしっかり洗います。(笑)

お風呂から出てくると、晩御飯の用意が出来ていました。
今日は、僕の好きな、から揚げ&カレー&etc.です。
僕は、から揚げをツマミに、ビールを飲みます。
お風呂上りのビールは、美味いです。

3人で、ゆっくりと晩御飯を食べます。
晩御飯を食べた後も、テレビを見ながらビールを飲み続けます。
ずーっと、クミと2人で飲んでいましたが、母がお風呂上りから参加します。
クミは、途中でチュウハイに変更です。

父は居ませんが、久しぶりに楽しい時間を家族で過ごします。

最初に母が、ダウンしました。
ソファーにもたれ掛かって寝てしまいます。
それからは、クミと2人で飲んでいましたが、クミも「眠たい。」と言って、ソファーの上で横になって寝てしまいます。
僕1人になってしまいました。
僕は、酔い覚ましに温かいお茶を飲みながら、テレビを見ていましたが、フト、悪戯心が湧いてきました。
モワモワとした、イヤらしい気持ちです。

先ほど、母との行為が途中だったので、ムラムラしたのが残っていたのかもしれません。
「お母さん。。」
母に呼び掛けますが、返事はありません。
「おい、クミ。」
クミも返事がありません。

僕は、クミに近づきます。
急に、心臓がバクバクしてます。
(ちょっとだけなら、良いだろう。。)
酔いが僕を大胆にさせます。

クミが着ているキャミ(ユニクロ製のようなブラと一体になった物)の肩紐の部分をソ~ッと下げます。
クミは、起きません。
続いて、僕は、胸(ブラのカップ)の部分をめくります。(下げる)

クミの右乳が、露わになります。
(おぉ~~~っ。。出た~~っっ。。クミの乳首は、ピンク色か~。キレイじゃないか。)
クミの乳房は白く、そして結構大きく、乳輪と乳首はピンク色です。
若いだけあって、ハリがあります。

僕は、興奮して、呼吸が荒くなり、肉棒は、痛いぐらいにギンギンに勃起してます。
最初は、見るだけにしようとしたのですが・・・、、乳首を舐めたくなってきました。
これは、男の本能ですよね。
(あぁ~~、舐めてみたい。。でも、起きたら困るし・・・。あぁ~~、どうしよう。)
心の中で葛藤が生じます。
(少しだけなら良いか・・・。。でも、妹の乳首を吸うなんて・・・。でも、吸ってみたい。あぁ~~。)

・・・・・・。

(まぁ、良いか。 別に乳首を舐めるぐらい。)
僕は、ソ~~~ッと、クミの乳首に唇を近づけます。
舌先で、乳首をチロチロと、舐めます。
「・・・・・・。」
クミは、寝たままです。

でも、ピンク色の乳首が立ってきました。
僕は、乳首に吸い付き、舌で転がしてみます。
(あぁ、興奮する。。でも、、、でも、、もう止めた方が良いな。。これ以上は、危険だ。)
僕は、クミの乳首から口を離すと、お茶を飲んで気を落ち着かせます。
(あぁ、お母さんだけじゃなく、妹の乳首まで吸ってしまった。やっぱり、変態だな、、僕。

ところが、気持ちは、落ち着くどころかますます高ぶってきます。
片乳を出して寝ている妹を見ながら、肉棒をシゴイてしまいます。
肉棒の先からは、我慢汁が出てきてます。

僕は、立ち上がると肉棒をクミの唇に近づけます。
「ハァ、ァァ、ハァ、、クミ・・・。ハァ、ハァ。。」
僕は、かなり興奮しながら、肉棒をクミの唇にくっ付けます。

(おぉぉ~~、、柔らかい。。クミの唇、柔らかいぞ。あぁ~~~っ。)
すぐに離します。
我慢汁が、クミの唇から亀頭に糸を引きます。
(うわ~っ、、クミが僕の肉棒にキスした。。ハァ、ハァ、、俺って変態だなぁ~。)
僕は、クミの目の前で、肉棒をシゴキます。

もう僕は、我慢の限界です。
肉棒は限界まで勃起し、我慢汁が溢れます。
肉棒を手では無く、マンコでシゴキたくて仕方がありません。

僕は、クミの全身を見下ろしながら考えます。。
(このまま、クミのパンツを下げて、肉棒を挿れるか・・・。クミとも、ヤッてみたいしな・・・。)
クミの唇に、僕の我慢汁が付いて、テカってます。
(このまま、クミに顔射するか・・・。 クミの可愛い顔を精子で汚してやるか・・・。)
僕は、悩みます。

結局、、、、床に座って、ソファーにもたれ掛かっている母に、襲い掛かります。
母は、パジャマを着てます。
僕は、母のパジャマを捲くり上げて乳首に吸い付きます。
クミよりも大きく、吸い応えのある乳首です。

右乳を揉みながら、左乳を吸います。
クミと同じように、スグに乳首は勃起します。
僕は、乳首に噛み付きます。
「ぁ、ぁぁ、ん、、、ま、マサヤ・・・・?」
母が、気が付きます。
「お母さん、ヤラせてよ。。良いだろ。。もう、我慢できないよ。」
「あぁ、、マサヤ。。シタイのね。 お母さんとセックスしたいのね。良いわよ、キテっ。。」
僕は、もう夢中で乳首を吸い、乳房を揉みます。
「あんっ、マサヤ。。優しくしてっ。」
僕は、お構い無しに、少々乱暴に母の乳房を貪ります。

僕は、起き上がると、ズボンとパンツを脱ぎます。
そして、母の口に勃起した肉棒を押し込みながら、母のズボンとパンティを脱がします。
相変わらず、イヤらしい黒色のレースのパンティです。

僕と母は、横向き69の格好になり、お互いの性器を舐め合います。
「あぁ~ん。。マサヤの肉棒、久しぶり~っ。あぁぁ、、おいひぃ~っ。
母は、酔うと甘える癖は、相変わらずです。

ジュルジュル、、ジュボジュボ、、ジュプジュボ、、と大きな音を立てて肉棒を吸います。
「あぁ、カチカチ。。。マサヤの肉棒、硬過ぎる~~っ。」
「お母さん、固い肉棒は、嫌いなの?」
「好き~っ。大好きよっ。。ガチガチにそそり勃った肉棒が好き~っ。」

僕は、母のマンコにしゃぶり付きます。
マンコを両手で、思いっきり開き、舌を膣の中に突っ込みます。。
クリを噛んだり、指を突っ込んだり・・・・。
マンコをイジればイジるほど、愛汁が溢れてきます。
もちろん僕の口の周りは、愛汁だらけです。

僕は、ビールを口に含むと、そのままマン舐めをします。
こうするとマンコの粘膜からアルコールが吸収され、マンコがより敏感になるのです。(都市伝説)

すぐ横にクミが寝て居るのに、僕も母も、夢中で求め合います。
「あぁぁぁ、熱いっ。。マンコが熱い。。マサヤ~っ、、注射して~っ。マサヤの肉棒をお母さんのマンコに注射して~~っ。」
「ああ、良いよ。僕の肉棒をブッ刺してあげるよ。」
「刺してっ。太い針を刺して~~っ。 白い栄養を注入して~っ。」
僕も母も酔っているので、変な会話です。

「ねぇ、早く~っ。。もう舐めるのは止めて・・・。マサヤと繋がりたい~っ。。来てっ。
母が、甘えた声で言います。
僕は、身体を起こすと、母のマンコに肉棒をあてがいます。
そして、ピタピタと、肉棒でマンコを叩きます。
「も~~ぅ。。焦らさないで、早く~っ。2ヶ月も待ってたのよ。ねぇ~~ってば~。」
「お母さん、僕、、この穴から出てきたんだよね。その穴へ、肉棒を突っ込むって、、、興奮するよね。」
「あぁ、私だって、息子に肉棒を突っ込まれてると、思うだけで身体が痺れるくらい興奮するわ。」
「お母さんとセックスする事ほど、興奮する事は無いね。」
僕は、肉棒をグチョグチョのマンコに沈めます。

「あ~ん。。マサヤ~っ。。。ぶっとい肉棒、気持ちイイわ~っ。」
「お母さんのマンコも、イイよっ。前より、キツくなった感じだよ。」
「だって~~、、ず~っと挿れて無いんだもん。。少し、狭くなってるかも。」
母は、僕に抱きついて来ます。

横を見ると、クミが寝ています。
クミは、ソファーの上、そのソファーの下の床の上で、僕と母は交わっているのです。
母は、気が付いて無いらしく、大きな声でアエギます。
「あ~ん、マサヤっ。 今日は、お母さんをイッパイ愛してね。 肉棒でマンコをイッパイ擦ってねっ。」
「う、、うん。」
僕は、クミが起きないか気になり始めます。

僕は、母の耳元で、
「お母さん、横のソファーにクミが寝ているよ。あまり声出すと起きちゃうよ。」
「えっ。」
母は、ビックリした顔で、ソファーの上を見ます。
母は、声を出さずに、僕の肩口を叩きます。
「バカっ。何やってるの。
声が聞こえるか聞こえないかぐらい小さな声で、怒ります。
「ダメよ。マサヤ。。ダメ。。
僕は、母の口をキスして塞ぎ、腰を激しく動かします。
「う、ぅぅ、、ぅぅぅっ。。」

「もう止めちゃう?? マンコから肉棒を抜こうか? ねぇ、お母さん。」
「ああぁ、、ぁぁ、、止めちゃ、、イヤっ。。でも、、く、クミに、、ぁぁぁ、、バレちゃ、、。。」
僕は、母の耳元で、
「別にバレても良いじゃん。。僕とお母さんは、子作りしてる仲なんだし。。」
「あぁ、、で、でも・・・。クミには、、し、知られたく、、ない、、の。ぁぁぁ。。」
「ふふっ、、息子の肉棒を突っ込まれて喜んでる、淫乱な姿を見せたくないの?」
母は、黙ってうなずきます。
「クミもビックリするだろうね。。お母さんの上に乗ってるのが、お父さんじゃなく、兄なんだから。」
「ば、、バカっ。。」

僕は、母の乳房を揉みしだきながら腰を打ち付けます。
「ぅぅ、、ぅぅ、、ぁぅ、ぁぅ、、ぅぐっ、、ぅぅぅぅぅ。」
母は、口を手で押さえて、声を我慢しています。
顔が、真っ赤になってます。

母のマンコからは、ダラダラと愛汁が溢れ続けます。
「お母さん、口ではダメって言ってるのに、、、クミの横でハメられてるから興奮してるんだね。今までに無い濡れ具合だよ。やっぱり、僕もお母さんも変態なんだよ。」
「あ、ぁ、、そ、、そんな・・・。ぁぁぁっ。。」
母は、口では何だかんだ言ってますが、マンコは正直です。

僕は、クミを見ながら腰を振ります。
(あぁ、クミのマンコにも挿れてみたいなぁ。。さっき、お母さんを起こさずに、クミを襲っておけば今頃、ヤレたかも・・・。)
などと、ちょっと後悔しながら母のマンコを突き続けます。

「マサヤ、、クミコのマンコに挿れたいの??」
「えっ!」
「クミコの若いマンコに挿れたいんでしょ。。」
「な、何で?」
「だって、そんな目でクミコを見てるからよ。。」
さすが母親。
僕の考えてる事が、分かるなんて・・・。(笑)

「でも、ダメよ。。それだけはダメっ。。クミコを変な関係に引きづり込んだらダメ。絶対ダメっっ。」
「わ、分かってるよ。」
確かに、、、クミにまで、手を出すわけにはいきません。
僕は、少し冷静になります。

「僕は、お母さんで充分だよ。クミには、手を出さないよ。ちょっとイタズラしてみただけだよ。」
「マサヤ・・・。約束よ。」
僕と母は、舌を激しく絡め合います。

僕は、母を抱きしめながら腰を動かします。
「お母さん、僕、ず~っと、お母さんのマンコに挿れたかったよ。」
「あぁ、私もよ。マサヤに抱かれたくて、抱かれたくて・・・。」

母は、僕の目をジッと見て、
「私、、、、まだ、諦めてないの。。。」
「ん? 何を?」
「マサヤの赤ちゃんよ。。 一時は、諦めようとしたんだけど、、、やっぱり無理。。マサヤの子種で赤ちゃんを孕みたいの。」
「お、お母さん。・・・・・うん。。僕も、諦めてないよ。。お母さんを妊娠させたい。」
「マサヤ。。。」
「妊娠させて、お父さんとクミに報告するんだ。」
「あぁ、マサヤ。」
「頑張って、子作りしよう。」
「・・・・マサヤ。。うぅ。。」
母は、目を潤ませながら僕にキスしてきます。

僕は、母の脚を掴むと、一層激しく腰を打ち付けます。
「お母さん、そろそろ逝くよ。。」
「ええ、来てっ。」
「クミの前で、種付けするよ。。お母さん。」
「あぁ、シテっ、シテっ。。クミコの前で、種付けして~っ。」

僕は、クミを見ながら、
「クミ、、お兄ちゃんは、これからお母さんに種付けするよ。。ホントは、その目で実際に、お兄ちゃんがお母さんに、精子を流し込む所を見て欲しいんだけど・・・。それは、無理だね。」
「マサヤ~っ。」
「クミ、、、クミに弟か妹を、、、お兄ちゃんが作ってやるからな。
その時、クミの目がピクッと動いた気がしました。

「お母さん、クミに弟か妹を産んでやってよ。ねっ。」
「ええ、産むわっ。産むっ。。だから早く、早く種付けしてっ。」
僕は、腰をガンガン打ちつけます。

「お、お母さん~~っ、、、出るっっ。」
母の中で、、、奥の方で射精しました。
「あぁ、マサヤ・・・、熱い、、熱いわっ。。」
久しぶりの母の中での射精は、最高です。

僕が逝った後、膣壁がキュッキュッと肉棒を絞ります。
「マサヤ・・・・。」
「お母さん・・・。」
僕と母は、優しく舌を絡めます。


しばらくして、クミを起こします。が、起きません。
仕方が無いので、クミを抱き上げ、部屋に連れて行き、ベッドに寝かせます。
その時、もう一度、乳首を吸ってみました。(笑)

僕は、母の寝室に行き、もう一度、母と交わります。
今度は、ネットリと時間を掛けて交わりました。
朝方、僕は自分の部屋に戻りました。

* Category : 未分類
* Comment : (16) * Trackback : (0) * |

No title * by 為五郎
是非叔母さんとの近況を読みたいですね。妹さんとの展開も気になります。

No title * by 岩田さん
おいマサヤ!お前はやっぱり いやこれ以上はやめておく!この~ いや言いたい事は山ほどあるがこれ以上はやめておく!明って~のよ 色々言う奴がいるが俺は基本的にお前のコメント好きだぜ!追い込みのかけ方 俺はなかなかいいと思うぜ!なぁデタラ おーヤバいヤバい 言ってしまうとこだったぜ!

No title * by T.M
う~んみんなの期待に応えてか、無理して妹出した感がある 展開も早いし、妹に関してはもっとゆっくりでよかったと思う

No title * by 明
加西純子って誰ですか?オボコイってどんな意味ですか?あとチンポにほくろはりますか?

No title * by バカボン
妹に変なことしたな オカンとオマンコしてる時妹は起きていたと思う。 えらいことしてもたな 俺は ヘタレなオボコイ男やから 加西純子に何もようせんけどな くわらばくわらば

No title * by りつき
2日程かけて全文読ませて頂きました。 私は自分の母親を性の対象にして見たことが無い為に、こういった内容には衝撃を覚えました これが実体験なのだと思うと、なお興奮してしまいますね 今後の展開を楽しみにしています

No title * by 帝王
母上の画像を見て、日記を読むと一層興奮しますな。 フル勃起

No title * by チュウバッカ
ついに手出始めたね 妹クミ この展開待ってたよ 本当の親子丼ができるね もうちょいセクシーな母は難しいよね

No title * by クライド
ボニー改めクライドです。隣に誰かが居るとかなり興奮するよね、オレの場合、ボニーの友達かな?

No title * by 明
母の胸に精子がかかった画像はないですか?あとひろみ伯母様には顔射はした事ありますか?

個別記事の管理2010-06-09 (Wed)
20100609



6月5日・・・・

6月から愛知県のアパートに戻ってきました。
この日は、昼まで寝てから実家に帰りました。
久しぶりに母とH出来る事に、胸躍らせてます。

夕方5時頃に家に着きました。
母は、台所で夕飯を作っていました。
ふと見ると、クミがソファーでくつろいで居ます。
(えっ、何でクミが帰ってきている?? 想定外じゃないか・・・。

「あっ、お兄ちゃん。 お久さ。 もう、こっちに帰ってきたんでしょ?」
「あぁ、1日からこっちだよ。 クミは何で、居るんだ?」
「ひど~い。。居たって良いじゃない。。久しぶりに、お兄ちゃんと飲もうかと思って、帰ってきたのに・・・。」
「ははっ、そうか。。ありがとう。。」
「お父さんは、出張だから、飲み相手が居ないと寂しいでしょ。・・・って、ホントは暇だったからなんだけど。(笑)」
何だかんだ言っても、可愛い妹です。
でも、クミが居なければ、母と2人きりで楽しめたのに・・・。

母が食事の準備の間、僕とクミは、テレビを見ています。
「あ~~、今日は、先にお風呂に入ってこ。
クミが、立ち上がりお風呂に行きました。

クミがリビングから出ると、僕は台所に行きます。
母の後ろに立ちます。
僕は、後ろから母を抱きしめながら、お尻に股間を擦り付けます。
「お母さん・・・。」
「あぁん、、ダメっ。クミが居るじゃない。」
「大丈夫だよ。クミのお風呂は長いから。」
僕は、後ろから母の胸を揉みます。
そして、母のうなじ辺りにキスをします。
「あぁ、久しぶりのお母さんの匂い、、、良い匂いと、イヤラしい匂いがするっ。
母は、手を止め、ジッとしています。

僕は、母のスカートを捲くり上げ、パンティを下ろします。
「あぁ、マサヤっ。」
「したいんだよ。ねぇ。。 お母さんと交わりたいっ。。もう、スグにお母さんの中に入りたいんだ。」
僕は、母のお尻を掴むと、引っ張ります。
母は、流し台に手を付いて、お尻を突き出した格好になります。

僕は、母のマンコを手でイジリながら、ズボンとパンツを下げます。
マンコは、ぐっしょりと濡れていて、もうイジル必要が無いほどです。
母のマンコから女の匂いが、漂ってきます。

「ふふっ。。お母さんも欲しかったんだね。。そうでしょ?」
「あぁ、そうよっ。マサヤの顔を見ただけで、マンコが熱くなってたの。。愛汁が溢れてくるのが分かったの。
僕は、右手で肉棒を掴み、左手でマンコを開きます。
パックリと口を開いたマンコに、肉棒を突き刺します。
「おぉぉ、ぅぅ、、、お、お母さん。。」
「あぅっ。。ま、マサヤ、、や、、。あぁぁ、、ぁぅぅ。。ぁぁぁぁ。」
肉棒を根元まで、押し込みます。
久しぶりの母のマンコ、、熱くて、キツくて、柔らかくて、、、、言葉にならないぐらい最高です。
膣壁がうごめいて、グイグイと肉棒を締め付けます。

「き、気持ち、良い、、、よっ。お母さんっ。」
「あぁ、わ、私もよ。。イイ、、っっ。。マサヤ・・・。」
僕は、母のお尻を掴むと、腰を振り始めます。
「うぅ、、ぅぅっ、、うぅぅぅ、、ぁぅぅ。。。うっ、うっ、、ぅぅぅぅぅぁぁ。。」
母は、声が出ないように自分の手で口を塞いでいます。
ズリュ、ズリュ、ヌチャ、ヌチャ、、と、肉棒がマンコを擦る音だけが響きます。
僕は、あまりの気持ち良さに、腰を激しく振ります。
パンパン、パンパンと、腰を叩きつける音に変わります。

僕は、母の顔を後ろに向けさせ、キスをします。
僕と母は、舌をお互いに吸い合います。
「ま、マサヤ、、、く、クミが、、、クミが出てくるわ。」
「う、うんっ。。でも、腰が止まらないんだっ。」

僕は、母の腰を掴み、肉棒を打ちつけ続けます。
「あ、あぁ、マサヤ、、、ば、バレちゃ、う、、わっ。。」
「もう、少しっっ。。もう少しだけ。」
すでに結合部は、白く泡立ち、母の太ももには、溢れ出た愛汁が垂れてきています。

「あぅぅぅぅ、、ぅぅ、ぁぅ、、、く、クミ、、ぅぅ、、クミが、出てきちゃ、ぅぅぅ。。」
「わ、分かってるっ。。。お母さんのマンコが、、吸い付いて離れない、、んだっ。」
母の膣は、僕の肉棒を中へ、中へと、吸い込みます。

ガタッ、、と、浴室のドアの音が聞こえます。
僕が肉棒を引き抜くと同時に、母も腰を引きます。
母は、慌ててパンティを履きます。
僕は、ベトベトのままの肉棒をパンツに仕舞います。


続きます・・・・
* Category : 未分類
* Comment : (12) * Trackback : (0) * |

No title * by 荒木明
本物の岩田さんを知りたい人は、記事を遡ってコメントを読んでいきましょう。 文章の書き方で判るはずです。

No title * by 岩田さん
おいマサヤ!また俺の偽物が出現してるじゃねぇか!このデタラメだらけのフニャチン野郎のくされ外道が!俺は明っていう野郎は好きだぜ!だから俺の名前を語って人を批判するんじゃねぇ!このフニャフニャチンポの嘘つきデタラメだらけのまや!

No title * by コンボイ
お初です 毎回、楽しみで見てます 僕はマサヤさんみたいに度胸がないので 新鮮さを感じます。また会社ネタも書いて下さいね

No title * by みかん
更新を楽しいにしています ずっとずっと続けてくださいね あと、またお母様と交わり中の画像が見たいです?

No title * by 明
岩田さんて誰ですか?

No title * by 明
妹が風呂入ってる時使ってたリンスは何ですか?あと母と久しぶりに会ってちゃんとお姫様だっこしてあけましたか

No title * by 岩田
明、おまえ目の付けどころがおかしいぞ。 作ってた料理とか見てた番組とかどうでもいいだろ? きもいから消えてくれ。

No title * by えい
こんにちは。 久々のお母様との交わり想像しちゃいました。

No title * by セイイチ
早いかもしれないけど、 そのまま中に出してたら・・・ って妄想に入っちゃいます!!!

No title * by 明
お母さんが台所で作っていたのは何ですか? その間クミさんと見ていたテレビ番組は何ですか?