個別記事の管理2009-04-24 (Fri)
35575083.jpg2月15日・・・・

前日のコンパで飲み過ぎたので、昼頃まで寝てました。
(ピンポ~ン)と、玄関でチャイムが鳴ったので、出てみるとヒロミおばさんが立っていました。
近くまで買い物に来たので、寄ってみたとの事。
前日が、バレンタインデーだったので、チョコも持ってきてくれました。

「あらっ? まだ寝てたの?」
「うん・・。昨日、飲み会だったから・・・」
ヒロミおばさんを部屋に上げ、コーヒーを出しました。

「あ、ヒロミおばさん、この前は、ありがとうね。お陰で、すぐ良くなったよ。」
「良いわよ。まだ若いから、治るのも早いわね。」
しばらく、コーヒーを飲みながら世間話をしてました。

30分ぐらいして、ヒロミおばさんが急に真剣な顔をして、
「あのさ~、マサヤ君。。もしかして悪い事してない・・・?
「ん?・・・・悪い事?? ハハハ、悪い事なんて何にもしてないですよ。」
「ホント~? 間違ってたらゴメンね。 ・・・・マサヤ君、サトミ(僕の母)と、Hしてない?」
「!!!! ハ??。。。な、何言ってんの。。そんな事・・・・」
「私、知ってるのよ。。。・・・・・」
「えっ・・・・・・・・・・。

ヒロミおばさんの話によると、正月に僕がヒロミおばさんを見ながら、母にシゴかれてるのを見たらしい。
その時は、凄くビックリしたけど、寝たふりを続けた。
さらに、インフルエンザの看病に来た時、肉棒を拭いてくれたが、その時、肉棒に口紅が付いていた。
それで、確信したとの事。。。

僕は、どう返事して良いか分からず、下を向いて黙っていた。
父にもバレるかな。と、、、、心臓は、バクバクです。

ヒロミおばさんは、僕の横に来て、
「ねぇ、、どんな気分なの? 母子でHするのって・・?」
「・・・・・・・・うぅ。。」
「黙ってて、あげようか?」
「は、はぃ。。。誰にも言わないで。。。お願いします。

ヒロミおばさんは、僕の股間に手を伸ばし、ズボンの上から触りだした。
「あっ!  そ、そこは。。。」
ヒロミおばさんは、僕の耳に息を吹きかけながら、
「ふふふっ。。。私、マサヤ君が小さい頃から好きだったのよ・・・・・。
なんか、サトミ(母)に取られた気分・・・・。

ヒロミおばさんは、ズボンの上から触り続けます。。
「あぁぁ、、凄い。。。昔は小さかったチンチンがこんなに大きくなって。。。。」
「そ、そんな。。。」
「マサヤ君、昔から、私の下着でオナニーしてたでしょ。。。」
「・・・・あ、うぅ。。す、少しだけ・・・。」
「私、知ってたけど、、、嬉しかったの。。。私の身体を想像して、オナニーしてくれてるなんて。。。」
「あ、、、、い、今も、ヒロおばさんの事、想像してオナニーしています。
「あら、ホント? 今は、お母さんじゃないの~。」
「うぅ、違うよ。。ヒロおばさんの方が好きです。」

僕は、我慢できなくなり、一か八か、ヒロミおばさんに襲い掛かりました。
「あぁぁっ、マサヤ君。。
ヒロミおばさんがキスをしてきました。
思いっきり舌を絡めながら、胸を揉み、タイトスカートを巻くし上げました。
ヒロミおばさんは、スケスケの黒の下着にフトモモまでのストッキングを履いていました。
その色っぽさに、僕は大興奮です。

「あぁ、、ヒロおばさん、、、ヒロおばさん。。。我慢できないよ。」
「あぁぅぅ、、良いのよ。。イイの。。好きにして良いよ。」
僕は、下着を脱がし、足を大きく広げました。
そこには、正月に見た時と同じマンコが・・・。

毛は薄いが、ビラビラが大きく、黒ずんでいます。
「おぉ、ヒロおばさん。。。マンコ舐めるよ。。」
「うん。。舐めて。。。イッパイ舐めて~。」
僕は、マンコにムシャぶり付きました。
母のマンコと味が違います。

「あぁぁ~、マサヤ君。。気持ちイイわ~。お母さんにも、こんな風に舐めてあげてるの?」
「うん。。そうだよ。。。僕、マンコ舐めるの大好きなんだ。」
ビラビラを噛んだり、舌を突っ込んだりしてマンコを舐めます。

「私にも・・・、、おばさんにもマサヤ君のデカマラ舐めさせて。。」
そう言うと、ヒロミおばさんは、ズボンとパンツを下げて、肉棒を咥えました。
2人共、下半身だけ丸出しで、舐め合います。
ヒロミおばさんの舐め方は凄く、玉からアナルまで舐めてくれます。
「マサヤ君のデカマラ、イッパイ我慢汁が溢れてくる。。この汁、美味しいわ。

「ねぇ、ヒロおばさん、、そろそろ・・・・」
「挿れたいの? 私のオマンコにデカマラを挿れたいのね。。」
「うん。。。早くっ。。」
僕達は、急いで服を脱ぎました。
「じゃあ、挿れて! マサヤ君のデカマラを、おばさんのオマンコに挿れて~~。」
僕は、ヒロミおばさんの黒マンコに肉棒を突き立てました。

「おぉ、こ、これが、ヒロおばさんのマンコ・・・・。熱くてヌルヌルしてるよっ。。」
「あぁぁ~っ。。ま、マサヤ、く、、、君。。。」
「す、凄いっ。。。とにかく、凄いよ、ヒロおばさん。。。」
ヒロミおばさんの膣は、凄く熱くて、ヌルヌルしてて、肉棒に吸い付いてくる感じです。

「僕、中学の時から、ヒロおばさんとHがしたかったんだ。」
「あぁ、、そ、そんな。。。は、早く言ってくれれば・・・。私、マサヤ君の童貞欲しかったわ・・・。
「えっ。。でも、、でも、僕の初オナニーは、ヒロおばさんのパンティだよ。マンコの当たる部分に精子を出したんだ。」
「あぁぁぁ~、知ってるわ。。いつも濃い精子を私の下着に出してたね。。」

「私、、正直言って、、その下着を履いた事もあったの。。。マサヤ君の若い精子を舐めながら自分でした事もあったわ。」
「ホント?  僕の精子、舐めてくれてたんだ。。」
僕は、ヒロミおばさんを見つめながら、腰をゆっくり動かします。
「うん。。。美味しかったわ。。。私、変態みたいでしょ。。」
「それを言ったら、僕だって変態だよ。」
「ふふっ。。2人して、変態ね、その頃からお互い、オナペットだったのね。。」
「うん。。僕は、ヒロおばさんで、何回オナニーした事か・・・。

「でも、私。。。マサヤ君が大きくなったら・・。。。いつか、、、いつか、こうして・・・・・」
ヒロミおばさんが、抱きついてきます。
ヒロミおばさんのマンコは気持ちよく、腰が止まりません。


明日に続く・・・

* Category : 未分類
* Comment : (7) * Trackback : (0) * |

No title * by 日記ファン
ヒロ叔母さんメッチャスケベなんですね。

No title * by 纐纈電化ショップ有松駅前店
 ついにバレましたね(笑)。  しかし、怒らないのは、ある意味、不思議です。

No title * by マサヤ
カミナさん。 いつもコメ、ありがとうございます。 励まされます。 ママこんさん。 お互いに熟女マニアですね。 これからも応援よろしくです。 誠一さん。 ありがとうございます。 写真は、拾いモノもありますが、僕が撮ったのもあります。 どれが僕の母のか、捜してみて下さい。 タケシさん。 いつもありがとうございます。 これからも応援よろしくです。

No title * by タケシ
頑張って見つけて皆でやりたいです!

No title * by 誠一
初めまして☆ミ 初コメです★ 毎回楽しみにしています。 読んだら必ず、 興奮してます☆彡 続きが楽しみで、しかたありません!!!!★★ あと、いつも気になってるんですが、 あの写真は、マサヤさんたち本人ですか?

No title * by ママこん
まさやさん 今晩です。久しぶりのブログめっちゃいいです。熟女ファンのママこんにはたまりません。ほんと熟女さんは癒されます。ママこんはほとんど風俗でしか熟女さんと相手できませんが(*^_^*)

No title * by カミナ
返事ありがとうです(__) 頑張ってみます!