個別記事の管理2008-11-14 (Fri)
6d8e3d28.JPG10月の第3週は、マキさんや母と充実した時間を過ごせた週でした。
でも、その次の週(4週)は、マキさんとメールはするものの、コレと言ったお誘いも無く、寂しい週でした。
実家にも帰らず、母との関係もありませんでした。


10月28日・・・・

マキさんからお誘いがあり、買い物に付き合って欲しいとのこと。
僕は、ワクワクしながら出かけました。
待ち合わせは、前回と同じく、名古屋市内でした。

今回のマキさんは、タイトスカートに白のブラウスに上着を羽織ってました。
白のブラウスが薄いので、黒色のブラが透けて見えます。
相変わらず、セクシーでした。

大手デパートに買い物に行きました。
僕は、マキさんの後を付いて回るだけ。
金魚のフンのようなものです。(笑)

何軒か回った後、マキさんは下着店へ入りました。
僕は、恥ずかしかったので、外で待っていたのですが、マキさんが呼ぶので中に入って行きました。
「ねぇ、マサヤ君、どの下着が良い?」
「え、えぇ!そんな事を聞かれても・・・」
「そんな事言わないで、今度、履いてきてあげるから選んでよ~
しかたないので、エロい下着を指差しました。
紫色のレースの下着です。すごくスケスケです。

「ふぅ~ん。こういうのが趣味なんだね。」
「い、いや、似合うかな~って、思って・・・」
マキさんは、僕の選んだ下着を買いました。

「さて、もう買い物は、終わりね。」
マキさんは、駐車場に戻ろうと言い出しました。
僕は、マキさんの荷物を持って、駐車場に付いて行きました。

「じゃあ、マサヤ君、家まで送っていってあげるわ」
「あ、ありがとうございます。」
僕は、マキさんの意外な言葉に戸惑ってしまいました。
(あれっ、ホテルに行くんじゃないのかな?)
マキさんは、僕の心を見透かしたように、
「今日は、もう家に帰らないとダメなのよ。ゴメンね。」

僕は、ガックリ。。。。
結局、荷物持ちの為に呼ばれたのか・・・。
Hできると思ってただけに、一気に元気が無くなってしまいました。

「・・・どうしたの? マサヤ君、急に元気が無くなっちゃって。。。。」
「いえ、別に・・・。」
マキさんは、僕の顔を覗き込むと、
「しょうがないわね~。ズボンを下ろしなさいよ。」
と、言いながら、僕のベルトを外し始めた。
「あれっ。。ちょ、ちょっと・・・」
僕は、焦ってしまった。
駐車場だから、人気は少ないけど、外から見えなくは無い。。。

マキさんは、僕の肉棒を引っ張り出すと、咥え始めた。
「あっ、、ちょっ、こんな所で、イイのか・・な。。」
「うん」
マキさんは、咥えたまま、うなずいた。

マキさんのフェラは、母のように口が大きくないのか、根元までは咥え込んでくれない。
でも、先っぽを思いっきり吸い上げたり、カリの部分をチロチロと舐めてくれて、とっても気持ちイイ。。
唾もイッパイ出して舐めるから、僕の肉棒は、ベトベトだ。

ジュボッ、ジュボッ、ジュボッと、音が響いた。
僕は、誰かに見られてないか気がかりで・・・・。
変にドキドキしたからか、いつもより早く出そうになった。

「あっ、カリが膨らんできた。そろそろ逝きそうなの?」
「は、はい。もう、出ちゃいます。」
「飲んであげるから、イッパイ出していいわよ。」

マキさんは、右手で根元をシゴキ、亀頭を思いっきり吸い上げ始めた。
「あ~、ダメ。出る。。。。
僕は、我慢できずに、発射した。
マキさんの頭の動きが、ピタリと止まった。

「ゴクリ」と、精子を飲み込む音が聞こえる。
しばらく、時間が止まったような感じ。。。
マキさんは、丁寧に舐めてくれた。

「すごくイッパイ出たわね。溜まってたの?」
「そ、そうですか。ま、溜まってたと言えば、溜まってたかな・・・」
僕は、恥ずかしくなった。

「少しは、スッキリした? Hは、また時間のある時ね。
今日は、もう帰りましょう。」
マキさんは、そう言うと、車を走らせた。

僕は、あんな場所で、フェラされたのは初めてで、何とも言えない快感でした。




* Category : 未分類
* Comment : (3) * Trackback : (0) * |

No title * by 纐纈電化ショップ有松駅前店
 今回はフェラだけですか、何とかの生殺しですね。

No title * by マサヤ
また、頑張って書き綴っていきます。ぜひ読んでください。

No title * by 通りすがり
もう書かないんですか

個別記事の管理2008-11-07 (Fri)
ceda1c9a.JPGマキさんとHしてから、僕はマキさんのことで頭がイッパイになってしまった。
メールもマメに来るし、ちょくちょく電話も掛かってくる。
毎日がウキウキしていた。

10月18日・・・・

昼頃まで忘れていたが、18日は、父の誕生日だった。
我が家では、家族の誕生日は、一応みんなで食事をする決まりがある。
今時、珍しいかもしれない。
僕は学校が終ってから、ケーキを買って実家に帰った。
母と妹が、料理を一生懸命作っていた。

夜8時ぐらいに父が帰宅してきた。
それから家族4人で、誕生会を兼ねた晩飯が始まった。
結構、豪華な食事が並んだ。

妹がシャンパンを買ってきてたので、父と僕、妹の3人で飲み始めた。
シャンパンが無くなると、ビールを飲んだ。
食事が終わった後、母も加わり、リビングで4人で飲んだ。
母との仲も良くなったみたいで、父は機嫌が良かった。

12時近くになると、かなり酔っ払った妹が、「寝る。」と、言って部屋に戻った。
僕も眠くなって、部屋に戻り横になった。



「マサヤ、マサヤ。。」
僕を呼ぶ声で、目が覚めた。
母が、ベッド脇に居た。
「ん? ど、どうしたの?今、何時?」
時計に目をやると、夜中の2時だった。

「マサヤ、寝ちゃうの?」
と、言いながらズボンを脱がせ始めた。
「ちょっ、な、何? どうしたのこんな夜中に・・・」

「し~っ! 大きな声出すと、クミコが起きちゃうよ。」
母は、僕の肉棒を手でしごき始めた。
「すぐ硬くなるわね。イイわぁ~。少しだけイイでしょ。」
「う、うん・・・。大丈夫かな・・・。」
「大丈夫よ。お父さん、私のをイジるだけイジって、寝ちゃったから。。
クミコもイビキかいて寝てたから。。。

母は、僕の肉棒がビンビンになったのを確認すると、上になり自分で挿入した。
最初は、ゆっくり、、、そのうち凄いスピードで、腰を上下に降り始めた。
「う~っ。う、う、うっ。。はっ、は、は。。あっ。」
声を押し殺して、母が感じてる。

母は、上になったまま、僕に覆いかぶさると、耳元で、
「やっぱり、マサヤのチンコが一番ね。お父さんと違って、硬いし、大きいわ。。。」
「僕も気持ちイイよ。。。お母さんのマンコ、気持ちイイ。」
「あぁ~マサヤ。嬉しいわ。。。好きなだけ、突いて。
お母さんのマンコで、マサヤのチンコしごいてあげる。

マキさんのマンコは、キツくて気持ち良かったけど、母のマンコも丁度良い締め加減で、柔らかくて、熱くて、ヌメヌメしてて気持ちイイ。。

2人、声を押し殺して我慢してるから、部屋には、グチュ、グチョ、ズボ、ブチュ・・・・と、肉棒を出し入れする音だけが響いた。
母のマン汁は、僕の金玉の方まで、滴っている。
母は、休むことなく腰を振り続けた。

今、隣の部屋には妹が寝てる。2階には、父が寝ている。
こんな危ない状況で、母とHするのは初めてだ。
それに興奮する僕は、変態なのだろうか・・・。

母が、耳元で、
「マサヤのが、一段と膨らんできた。出そうなの?」
「あ、、うん。そろそろ、逝きそうだよ。。」
「どうする?また、お母さんの中で出す??」
僕は、悩んだ。。ここで出すと、また、後から心配にならないか・・・。

「う、、うん。出したいけど、妊娠とか心配だし・・・・」
「・・・・・そうね。私もマサヤの精子、中に欲しいけど。。。
マサヤのは、濃いし、多いから、心配だモンね。(微笑)」
「じゃあ、ゴムして中でいこっか。。」

僕は、ゴムを取り出すと、自分で肉棒に被せた。
母が、またがって来て、腰を降り始める。

ゴムをしたからか、感度がイマイチになった。
母は、自分で腰を振ってるから、そうとう気持ちイイらしい。
僕にキスはしてくるは、乳首は舐め回すわ・・・。

「あ~っ、気持ちイイ。。マサヤ~っ。
もう、私が逝っちゃいそう。マサヤのチンコで、逝きそうなのっ~
「じゃあ、一緒にいこっ」
母の動きが一段と激しくなり、腰を叩きつけるような感じになってきた。
「あ~~っっっ。イク、イク。。。マサヤも逝って! 逝っちゃう~」
「出るよ。

母が、痙攣するのと同時に、僕も発射した。
マンコが肉棒を、ピクピクと締め付けてる。
僕もゴムの中に、大量に発射した。。

・・・・・・・・

次の日、昼頃に僕は、アパートに戻った。
家を出る時に母が、
「たまに、家に帰ってこないとダメだよ~。
と、笑いながら、見送ってくれた。
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

No title * by 纐纈電化ショップ有松駅前店
 やはり、安全牌でコンドーム装着でしたか。

No title * by ファントム
僕は、30歳のいとこの姉とセックスをする関係です。 何となく共感したので、コメントしました。 中だしは気をつけてくださいね。 僕は、毎回口内射精をしてます。

個別記事の管理2008-11-05 (Wed)
4665e5b0.jpg
・・・・・続き



「マサヤ君、そろそろ来て。。」
「あ、はい。。ゴムは・・・?」
「ん、マサヤ君、病気とかになった事ある?」
「無いです。そ、そんなに経験ないですから。。」
「そぅ。じゃあ、そのまま入れて良いわよ。ナマが良いでしょ。

僕は、肉棒をマキさんのマンコにあてがった。
「入れて。。。でも、ゆっくりね。ゆっくり入れて。。」
僕は、ゆっくりとマキさんのマンコに突っ込んだ。

「あうっ。。あ~あ~っっ。。マサヤ君、イイ。。裂けちゃう。キツイわ。。」
マキさんのマンコは小さいのか、キツく、すごい締め付けてくる。
暖かくて、ヌルヌルしてるが、入りにくいので押し込む感じだ。
「マキさん、すごいキツイです。でも、気持ちイイです。」
「あぁぁ、凄い。マサヤ君・・・。ゆっくり動かしてね。」
僕は、肉棒をゆっくり出し入れした。
結合部を見ていると、抜く時に中身まで引っ張られて出てくるような感じだ。

僕は、あまりの気持ちよさに腰を振るスピードが速くなった。
「う、、うぅうっ。あ~っ、、あ、あ~~!!奥まで当たるわ。。
鉄の棒で突付かれてるみたい。あ~、ダメ。。。」
「マサヤ君、凄いわよ。あ、あ、、そんな、、こんなのって・・・」
僕は、ひたすら腰を振る。

「マサヤ君のデカチンぶち込んで~!もっと、もっと、奥まで。。
オマンコ、壊して~~~!!」

「突いて、突いて。。。あ~っ、子宮に当たる~。キク、キク~」

買い物してる時のマキさんからは、想像できないようなHな言葉の連発に僕は、興奮した。

「マサヤ君は、どう?気持ちイイの?」
「は、はい。気持ちイイです。凄くキツくて・・。我慢するのが精一杯です。」
「我慢しなくていいわよ。出したい時に出して・・・」

「あ、ど、どこに出してもイイですか? 中でも??」
「中は、ダメよ!。外よ。。好きなところに出して。。」
「じゃぁ、顔にかけてもイイですか?
「ぶっかけたいの? 良いわよ。出して。」

マキさんの赤い唇。。。表情。。。マンコの締め付け具合。。。
僕は、もう我慢できなかった。

「い、いきますよ。マキさん~」
「良いわよ。イッパイかけて~~」
マキさんは、大きな口を開いて、舌を伸ばした。
僕は、必死で肉棒を顔の所まで持って行き、その舌にめがけて発射した。。

いつもの2倍くらい、ビクビクと精子が出てきた。
マキさんは、僕の肉棒を咥え、舐め回してくれ、
残りの精子もおもいっきり吸上げてくれた。
マキさんの唇の周りは、精子だらけだった。
「ふ~っ。。凄い量ね。濃いし。。。美味しいわよ、マサヤ君。。。」
「凄く気持ちよかったです。」

その後、2人、横になっておしゃべりをした。
マキさんは、ここ1年くらい、旦那さんとはHをしてないそうだ。
久しぶりのHで、興奮した。と、言ってた。

「ねぇ、マサヤ君、彼女いるの?」
「えっ、今は、居ないですけど・・・」
「ふ~ん。。。ねぇ、もっと色んなHしてみたくない?
私、マサヤ君のチンチン気に入っちゃった。
私がマサヤ君の性欲処理してあげよっか?」
「えっ。。ホント?」
「うん。だけど、友達とかには絶対内緒よ。

僕は、アパートに帰り、その夜、マキさんとのHを思い出してオナニーをした。
その時の僕は、母の事など思い出すことは無かった。

* Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

No title * by 纐纈電化ショップ有松駅前店
 流石に、膣内射精はさせませんね。  妊娠と性病の感染はヤバいですからね。

個別記事の管理2008-11-05 (Wed)
aa09e708.JPG10月7日・・・・。

いつものように学校に行っていると、お昼に携帯が鳴った。
マキさんからだった。
コンパの後、初めての電話だ。
もう電話は、かかってこないと思っていただけに嬉しかった。

それから、ちょくちょく電話で話したりメールをやり取りした。
そのうち、マキさんから、
「平日にランチでも食べに行かない。
って、誘ってきた。


10月16日・・・。

マキさんと、名古屋市内で待ち合わせ。
大手デパートの中のレストランへ、ランチを食べに行った。
マキさんは、タイトなスカートに、ニットのセーターを着ていた。
お尻のラインが、キレイで少しドキドキした。
ランチ後に、マキさんの買い物につきあって、デパート内を行ったり来たり。。。
こうしていると、35歳って年齢を感じさせないし、気さくで楽しい女性だ。

マキさんは、車で来てたので、僕をアパートまで送ってくれるという。
車が停めてある駐車場まで、荷物を持ちながら付いて行った。

車に乗り込むと、マキさんが、
「今日は、付き合ってくれてありがとうね。楽しかったわ。」
「あ、いえ。僕も楽しかったですよ。」
「そう、良かった。。。。
じゃあ、もう帰る? それとも、ホテルでも行く?」
「えっ・・・。あ、あ、そ、、、そうですねぇ。」
突然、そんな事言われたから、ちょいビックリして返事に困ってしまった。

「あ~っ、私みたいなオバサンは嫌なのかな。。。」
「えっ、そ、そんな事無いですよ。・・・し、したいです。」
マキさんは、車を走らせ、郊外のラブホに入った。

こんな事を言うのも恥ずかしいけど、僕は女性経験が少ない方なんです。
同年代の女性とHしたのは、2人だけ・・・、後は、母としたぐらいです。

僕は、突然の事に緊張して、ベットに腰をかけて座るとテレビを見ていた。
マキさんは、上着を脱いで、僕の横に座った。
「マサヤ君、どうしたの? 緊張してるの?」
そう言うと僕を押し倒し、キスをしてきた。
すごく甘い香りと、やわらかい唇・・・・。

マキさんは、キスをしながら僕のアソコをなで始めた。
「あらっ。。もう元気になってるわよ。。若いわね。」
あっという間に、ズボンとパンツを脱がされた。

「あっ、、、マサヤくん、すごいじゃない。すごく大きいのね。」
「えっ。。そ、そんな。」
僕は、他の人と比べた事ないし、母も特別何も言っては
なかったから普通だと思ってる。
マキさんは、僕の肉棒を咥え始めた。

「あっ、シャワー浴びてないですよ。臭いかも。」
「イイの、イイの。。」
マキさんの咥え方は、凄い。
下から舐めあげてみたり、カリの部分を舌でチロチロしてみたり・・・・。
すごく気持ちイイ。
「はぁぁ~、凄い大きいから、咥えきれないわ。
それに凄く硬い。。。。主人とは、大違いよぉぉ。。」
AVのようなセリフに、笑いそうだった。

「あらあら、凄く先っぽから汁が出てくるわよ。もしかして、逝きそうなの?」
「あ、い、、いえ。まだ、我慢できます。」
「そぅ。。逝きそうになったら言ってね。」

マキさんは、10分ぐらい舐めた後、自分で服を脱いだ。
黒の高そうな下着で、すごく色っぽい。
それよりも、スタイルが良いのにビックリ!!
お腹周りなんて、脂肪もなくしっかりクビれてる。
僕も、上着を脱いだ。

「じゃあ今度は、マサヤ君が私を気持ちよくしてくれるかな。。。」
そう言うと脚を開き、両手でマンコを拡げた。
どうも、舐めろ。と、言う事らしい・・・。

僕は、マンコを舐めた。
マン毛は、キレイに剃ってあって、真ん中に少し残してある程度。
マンコは、少し匂いがしたが、僕は舐め上げた。
「あぁぁ~、イイ感じよ。マサヤ君。噛んで、優しく噛んで。。。」
「は、、、は、はい。」
僕は、言われるように、ビラビラを噛んでみたり、クリを噛んでみた。
「うぅぅ、気持ちイイ~。もっと、もっと。。。」
そのうち、マンコからは、大量のマン汁が出てきた。


・・・・・・続く
* Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

No title * by 纐纈電化ショップ有松駅前店
 この写真の女性がマキさんですか?  私的にドストライクです。  この女性とHですかあー!   羨まし過ぎるぞ!

個別記事の管理2008-11-03 (Mon)
d7239d47.jpg母と気が狂ったように交わった、次の日・・・。

冷静になって考えて、すごく後悔した。
それは、Hの時に中で出してしまった事にだ。
いくら我を忘れる程、興奮していたと言ってもそれは絶対してはいけない事だった。

もし、妊娠してしまったら・・・。
そう考えると、冷や汗が出そうだった。
これが彼女なら、まだ結婚して責任を取れば良い。
でも、自分の母親を妊娠させてしまったら、家族はバラバラになってしまうだろう。
「あんな事しなければ良かった・・・」
しばらく自己嫌悪に陥ってしまった。

その逆で、母は朝から元気だった。
僕は、母に聞いた。
「妊娠してたらどうするの?」
「あらっ。マサヤ、気にしてるの。。。あんなに中に出したいって言ってたくせに。。。ハハハ。。。たぶん、大丈夫よ。一応、昨日は安全日だと思うから・・・」
「あ、、、そうなの・・・?」
「うん。たぶんだけどね。」
母は、ケロッとしていた。

それから2日後、父が母を迎えに来た。
僕は結局、妊娠の事が心配で、あの夜以来、母とはHしなかった。
そんな気分にならなかったのだ。

後から聞いたのだが、母と父のケンカの原因は、母の浮気疑惑だったそうだ。

母が、実家に戻ってからまた僕は、いつもの変わらない生活に戻った。


10月。。。

友達が、コンパに行かないかと誘ってきた。
「今度のは、いつものコンパとは違うぞ。。。5対5だ。楽しいぞ。。」
なんて言いながら、ニヤニヤしていた。
僕は、どうせ暇だし、そのコンパに行く事にした。

10月最初の土曜日。。。。
そのコンパに行って、ビックリ!!
女性達が、若作りして着飾ってはいるものの、どうみても同年代ではないのだ。
聞いてみると、自称 28~35歳の女性達だった。
ほとんどが、結婚してるそうだ。

友達の話によると、今は、結婚している年上の女性、人妻とのコンパが流行らしい。
子育てや、旦那への不満が多く、ストレス発散に気軽に来るらしい。

コンパは、すごく楽しかった。
話し易かったし、あまり気を使わなくて良かったからかも。
僕は、その5人のなかで、ちょっとセクシー系の女性と意気投合した。
名前は、「マキ」さん。年は35歳、スレンダーな体型、子供は1人。

居酒屋を出ると、みんなでカラオケに行った。
マキさんとは、隣同士。
結構身体を密着してくるし、触ってくる。
「この後、もしかしたらマキさんと・・・。
などと、僕は、少しHな事を考えたが、
結局、終電がなくなるから・・・と、女性陣はみんな帰っていった。
マキさんとは、電話番号交換をしただけだった。

「そんなに美味しい話は、無いよな。」
僕と、友達達は、少しガッカリ。。
「でも、楽しかったよな。」と、話しながら寂しく帰った。
* Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

No title * by 纐纈電化ショップ有松駅前店
 見ず知らず同士がいきなり居酒屋で出会って、意気投合して、ラブホへgoとは行かないでしょう?  最近まで、職場に気の会う大阪出身のおばちゃんが居て、よく話をしたが、それを見てクレームつけられ、上司から叱責された。  彼女も私に気が有ったかも知れないが、今の恵まれた生活を壊してまで、旦那以外の♂とは付き合いたくはないでしょう。  彼女が家の都合で退職した時は携帯の電話番号を交換したくらいです。  一回でいいからお茶しようと、お互いに言ってました。  顔もスタイルも服飾のセンスもそこそこ良いし、裸にしたら凄いかなって、Hな妄想に耽ってました。