個別記事の管理2008-10-30 (Thu)
9f13120d.JPG夏休みも終わり、また自分のアパートに戻り、1人暮らしが始まった。
実家と、アパートは、そんなに離れてはいない。
車で、30~40分って所です。
でも、1人暮らしのほうが気楽で良いですよ。

9月の中旬の日曜日・・・。

夕方、晩飯を作っていると、チャイムがなった。
「ん??こんな時間に誰だろう?」
と、思ってドアを開けると、母が立っていた。

「あれっ!何・何! どうしたの?」
「こんばんは、マサヤ。ちょっとイイ。。」
って、言うや否や、勝手に上がりこんで来た。

「ちょっ。。。どうしたの?いきなり来るなんて?」
「マサヤ、しばらく置いてくれない。」
「え~っ!!! 何で。何かあったの?」
母は、バツが悪そうに、
「今日の昼、お父さんとケンカしちゃったの・・・」
「え~っ。マジ? 何でケンカなんかしたの?」
「大した事ないのよ。良いでしょ。」
と、言いながら部屋の中をキョロキョロと見回してる。

結局、晩飯を母と食べた。
その後、1人外に出て、父に電話をした。
父に理由を聞いても、
「大した事無い。しばらく頼む。」って、言われただけだった。

まあ、僕としては、食事の用意を頼めるからラッキーなんだけど・・・。
Hだって、出来るし・・・(笑)。

僕のアパートは、2DK。
寝床にしている部屋は、6畳しかなく、布団も1つしか無い。
母に布団で寝させ、僕は、その横でごろ寝しました。
でも、その日の夜は、Hしないで寝ました。
なんか、そんな気分になれなくて・・・。

母とは、Hをするけど、実際に2人で寝るなんて事ないですから。
とても、恥ずかしいような、何とも言えない変な感じがしました。
* Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

No title * by 纐纈電化ショップ有松駅前店
 御父様や妹さんに気兼ねせずに、マサヤさんと御母様とセックス出来ますね。