個別記事の管理2008-10-31 (Fri)
5278af51.JPG母が尋ねてきた次の日、母にアパートの鍵を渡し僕は学校へ行った。
夕方4時頃に、アパートに帰ると、母は晩飯の用意をしてくれていた。
「あっ、お帰り。。どうだった学校。」
「うん、特別変わった事無し。普段通りだよ。」
「今日は、マサヤの好きなカレーにしといたわよ。」
「おっ。。イイねぇ~」
母が居れば、食事の心配は要らない。

夜には、2人でビールを飲みながらテレビを見た。
ビールを2本ほど空けたところで、母が、トロンとした目で、
「ねぇ。。。マサヤ・・・。今日は、する??」
と言いながら、僕の股間を触ってきた。
「昨日は、マサヤも我慢してたんでしょ。ねぇ。。」

僕も少し酔っていたのもあって、Hしたくなってきた。
母のブラウスを脱がして、ビックリ!
赤色の透けた、レースのブラをしていた。
「おおっ。何コレ?凄い下着つけてるね。」
「うふっ。色っぽいでしょ。下もお揃いなのよ。」
と、言いながらスカートを脱いだ。
確かに、色っぽい。。

その時、棚に置いてあった、ガムテープが目に入った。
僕は、ガムテープを取ると、母の両手をガムテープで縛った。
縛った両手を頭の上に持っていき、僕は母の前に立った。
ズボンを脱いで、肉棒を母の目の前に持っていった。
「舐めて。」
「あぁぁ、マサヤ。。臭いわよ。」
「風呂に入ってないんだもん、臭いよ。
でも、お母さんは、臭いチンコ好きでしょ。」
「いゃ・・・んぐ」

僕は、無理やり母の口に肉棒を突っ込んだ。
「ん。。。い・・・・ゃ。。あぁ~。臭い。・・・でも、美味しい。」
母は、喉の奥まで、咥え込んだ。
僕は、母の頭を持つと、腰を振った。
「あぁ、、んふ。。あぉぉ。。」
母は、苦しそうだったが、僕は気持ちイイので、そのまま続けた。
ジュボジュボ、音が響いた。
僕が、肉棒を口から引き抜くと、
「ハァ、ハァ・・・・うぅぅ。。。」
母は、よだれを垂れて、呻いてた。
母の口の周り、胸も、ヨダレまみれになっていた。
「ハァ、、ハァ・・・マ、サヤ・・・」

僕は、母を寝かせると、下着の横から母のマンコを触った。
「うわっ。凄いベトベト。。。一気に指が3本入っちゃったよ。
「あぁぁ。。。だって・・・。凄く感じるの。」
僕は、指マンをしながら、
「お母さんのアソコも匂うよ。イヤらしい匂いがプンプンする。」
「そ、そんな、、、言わないで。。。」

片手で、指マンをしながら、もう片手で、乳首をイジリまわした。
「あぁ、もっと!!もっと強くつねって。」
「痛くないの?」
「いいの。。。もっと、もっと、いじめて。メチャメチャにして。」
母も、酔っているせいか、いつもより感じ易く、かなり昂ぶっている。

僕は、母の下着を脱がすと、足首とふとももをガムテープで縛った。
ちょうど、M字になるような感じだ。
さらに、縛ってあった両手を頭の上に持っていき、床に貼り付けた。
「あぁぁ、こんな格好・・・・。恥ずかしい。」
「ホントだ。恥ずかしい格好だね。脇の毛もちゃんと剃らないと。。」
「あん。。。。そ、そ、そんんなぁ~」
ちょっと伸びてきている脇の毛が妙に、イヤらしい。


・・・・続きは、明日。。。

* Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

No title * by 纐纈電化ショップ有松駅前店
 このバストの大きな女性が御母様ですか?  本当にエロい身体をしてますね(笑)。  私も、職場でよく言葉を交わしたパートの奥さんに声掛けしてましたが、その方は辞めてしまわれました。  彼女はナイスバディで、脚も締まっていて、私の好みの中年madamでしたが………、

個別記事の管理2008-10-30 (Thu)
9f13120d.JPG夏休みも終わり、また自分のアパートに戻り、1人暮らしが始まった。
実家と、アパートは、そんなに離れてはいない。
車で、30~40分って所です。
でも、1人暮らしのほうが気楽で良いですよ。

9月の中旬の日曜日・・・。

夕方、晩飯を作っていると、チャイムがなった。
「ん??こんな時間に誰だろう?」
と、思ってドアを開けると、母が立っていた。

「あれっ!何・何! どうしたの?」
「こんばんは、マサヤ。ちょっとイイ。。」
って、言うや否や、勝手に上がりこんで来た。

「ちょっ。。。どうしたの?いきなり来るなんて?」
「マサヤ、しばらく置いてくれない。」
「え~っ!!! 何で。何かあったの?」
母は、バツが悪そうに、
「今日の昼、お父さんとケンカしちゃったの・・・」
「え~っ。マジ? 何でケンカなんかしたの?」
「大した事ないのよ。良いでしょ。」
と、言いながら部屋の中をキョロキョロと見回してる。

結局、晩飯を母と食べた。
その後、1人外に出て、父に電話をした。
父に理由を聞いても、
「大した事無い。しばらく頼む。」って、言われただけだった。

まあ、僕としては、食事の用意を頼めるからラッキーなんだけど・・・。
Hだって、出来るし・・・(笑)。

僕のアパートは、2DK。
寝床にしている部屋は、6畳しかなく、布団も1つしか無い。
母に布団で寝させ、僕は、その横でごろ寝しました。
でも、その日の夜は、Hしないで寝ました。
なんか、そんな気分になれなくて・・・。

母とは、Hをするけど、実際に2人で寝るなんて事ないですから。
とても、恥ずかしいような、何とも言えない変な感じがしました。
* Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

No title * by 纐纈電化ショップ有松駅前店
 御父様や妹さんに気兼ねせずに、マサヤさんと御母様とセックス出来ますね。

個別記事の管理2008-10-29 (Wed)
3323bf87.JPG僕は、69の体勢になった。
「あぁ~、今日は一段と、硬いわよ。
と、言うや否や、根元の方まで一気に咥え込んだ。

「うわっ、凄い。気持ち良いよ。お母さん。」
「うぐうぐ、、、凄い先汁。。イッパイ先汁が出てくるよ。
母も、ジュボジュボ音をたてながら、僕の肉棒を舐めた。

僕は、枕の下に隠しておいたバイブを出し、母のクリにあてた。
「ああ!!な・何?何なのマサヤ!」
母は、咥えていた肉棒を吐き出し、ビクビクしてる。
「おもちゃだよ。使ってみたかったんだ。 どう?」
「も・・う・・。凄い。痺れるわマサヤ。でも、やっぱりマサヤの舌がイイ!!」
「な~んだ。イマイチなのか・・・」
その後、お互い夢中になって、舐め合った。

「あぁ、もうダメ。。。我慢できない。入れてもイイ?」
母は、咥えるのを止めると、僕の上になり肉棒を自分のマンコに導いた。
「あぁぁぁぁ、、、、うぅ、、、。すごっ。。。イイ。。」
搾り出すような声で、母は腰を落とした。
と、同時に凄い勢いで、腰を振り出した。

「あぁ~っ、やっぱりマサヤのが一番イイ!奥まで、当たる。」
「僕のが一番良いって、誰と比べてるの?」
「えっ・・・。ぁ、あ、・・・も・もちろん、お・お父さんよ。」
僕は、何気なく言っただけなのに、母は、ちょっと動揺しながら答えた。
何かおかしいなと感じた僕は、カマを掛けてみた。
「そんな事言って、ホントはお父さん以外の男とHしてるんじゃないの??」
「・・・・・・・・・

僕は、母の腰を両手で押さえ、動きを止めた。
「あれっ、何か隠してる。言わなきゃ、もう抜くよ。」
「そ・そんな・・・。そんな意地悪言わないで。」
「じゃあ、正直に言ってよ。お父さんには黙っててあげるから。」
母は、腰を動かそうとモジモジしてたが、諦めたようで、
「少しだけ浮気しちゃったの。・・・

母の話によると、僕が1人暮らしをするようになってから、
父だけでは満足できず、出会い系サイトで知り合った男性とHした。
17歳、35歳、40歳の3人とHしたらしい。
そんな事を聞いてたら、腹が立ってきた。
ヤキモチなのかな・・・・。

僕は、母を上から降ろすと、ワンワンスタイルにさせ、後ろから突っ込んだ。
「あぁぁ~、でも、い・い、一番イイのは、マサヤよ。」
「そんな事言って、他の男のチンコも舐めたのか」
「う、ぅぅ、す、少しだけ・・・よ。」

僕は、おもいっきり腰を振りながら、母のお尻を叩いた。
「ウソ言うな。。。じゃあ、他の男達にもナマで、突っ込まれたのか」
「うぅぅん、違うわよ。ちゃんと、ゴム付けたわよ。」
「奥まで、その男達のチンコを突っ込まれたんだろ」
「だ、だって、しょうがないの・・・。あ、ぁぁ、イイ。。気持ちイイ。。。」

「このスケベ!!今度、他の男とHしたら、もうしないからな!」
ムカついてたから、ピシャ、ピシャ叩きながら、腰を振った。
「い、痛い。痛いわ、マサヤ。。。。あ、で、でも、き、気持ちイイ!!」

急に、マンコ汁が溢れてきて、ジュボジュボ音が出始めた。
僕は、お尻が赤くなるまで、おもいっきり叩いた。
その度に、マンコが、「キュッ、キュッ」と、締まる。
「あぁぁぁぁ、凄い。気持ちイイわマサヤ。もっともっと叩きながら突いて!!」
母は、マゾの気があるのかな、と思いつつ結合部を見ながら、
腰を振っていると、マンコ汁は、フトモモのを伝って滴り始めた。

僕は、後ろから突きながら、両手で乳首をつねってみた。
「うぅぅ、凄い。凄い。痺れる。気持ちイイ。。マ・マサヤあぁぁ~
もうダメ。気が変になりそう・・・・。」

母のマンコの熱さと、キュッキュッと締めてくる快感に、
「ぼ、僕もそろそろ、逝きそう。」
「逝って、逝って。。。出して!!」
「このまま中に出して良い?」
「ダメ!それはダメよ。絶対ダメ。。。外に出して!」
「・・・・・う、うぅぅ」
僕は、このまま母の中に出したかったが、
マンコから肉棒を引き抜くと、母のお尻にぶっかけた。。

母は、気絶はしてないが、ボーっと放心状態。。
僕も最高に気持ち良かったので、母の横に寝転がった。
「あ~~、気持ちよかった。」
「凄かったわよ。私も、最高。。」

時間が無かったので、1回戦で家に帰った。
家に帰る途中、あまり話さず、母は余韻に浸ってる感じだった。

そんな母とのHで、僕の夏休みは終った・・・。
* Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

No title * by 纐纈電化ショップ有松駅前店
 sixnine、良いですね!   私も昼間に嫁と性行為をした時期がありました。   その時は必ずsixnineをしました。  嫁はめちゃくちゃ感じて、大きな喘ぎ声を出し捲り、いってしまいました。  二人の恥ずかしい性行為の場面を携帯に録画し、二人で見た事もありました。

個別記事の管理2008-10-25 (Sat)
d2f30438.JPG夏休みを利用して、実家に帰省したが、1ヶ月なんて「あっ」と、いうまに過ぎようとしてました。
このブログを読んでくれてる方の中には、僕が、いつでも気軽に母とHできる。
そう思われてる方が、多いのではないかと思います。
が、実際の所、なかなかHできるチャンスなんてあまり無いんです。
僕が家に居る時は、妹も居る時が多いですし、なかなか母と2人きりになれません。
もちろん夜には、父も帰ってきますしね。

8月も終ろうとしているある日・・・。
昼ご飯を、3人(妹、僕、母)で食べていると、母が、
「今日、これから買い物に行くんだけど、クミコ一緒に行く?
と、言い出した。
「え~っ。私、昼から友達が来るから行かないよ。」
妹が、面度臭そうに答えた。
「じゃあ、マサヤは? どうせ暇でしょ、付き合ってよ。」
「う~ん。まぁ、良いけどね。」
母が何を考えているかは、スグに分った。

妹を家に残し、母と市内まで買い物に出かけた。
必要なモノを、買って車に戻ると母が、
「マサヤも、もうすぐアパートに帰っちゃうし、最後にホテルでも行く??」
「うん。イイねぇ。って、何となく分ってたけどね。」

僕の住む名古屋市内には、ラブホは少ない方です。
でも、ちょっと郊外に行くと、綺麗系のラブホが多くあるんです。
その1軒に、入りました。
「マサヤと、こんな所に来るのは初めてだね。」
「そうだね。いつもは、ハラハラしながらHしてるけど、今日はゆっくり出来るね。」

部屋に入ると、母が先にシャワーを浴びた。
待っている間、テレビを見ていたが、あるモノが目に入った。
大人のおもちゃ自販機。
僕は、「大人のおもちゃ」を一度使ってみたかったので、小さな丸いバイブ式を買いました。
それが一番安かったのもありますが・・・。
それを枕の下に隠すと、僕もシャワーを浴びに行きました。

僕がシャワーから出ると、母はベットに居ました。
「わぁ!凄い! マサヤ、もうビンビンじゃなぃ。
そう母から言われて、照れ臭くなった僕は、母に襲い掛かりました。

柔らかい胸を揉みながら、乳首を吸いました。
母の乳首は、大きめで、舐め応えがあります。
「あ・・・、あっ。。。んっ。。。イイ。。」
母のアエギ声は、とても色っぽいのです。
僕は、夢中で乳首を吸いながら、右手で、母のアソコをイジリます。
「あれっ。。。お母さんも、もう濡れてるじゃん。
「う・・・ん。 だって~、マサヤの見たから・・・・」

濡れたクリをイジリながら、時々、指を入れてピストンします。
母のアソコは、熱く、指を入れると、締め付けてきます。
僕は、無性にマンコを舐めたくなり、下に移動しました。
そして、両手で母の足を広げると、マンコにしゃぶりつきました。
母のマンコは、ビラビラが小さいです。

僕は、下から上へ舐めあげながら、舌を中に突っ込みます。
「あ、あ~、イイ。。マサヤ、そこ!!気持ちイイ~~。。。
もっと、もっと、舐めて~~~ぇ」
僕は、わざと音を出して、舐めてやりました。
ジュル、ジュル~、ジュパジュパ。。。。
「あ~、イヤらしい。マサヤの舐め方、いやらしい。。
・・・私も、マサヤの舐めたい・・・。


・・・・・・・ 続く。
* Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

No title * by 纐纈電化ショップ有松駅前店
 南区の国1の呼続大橋の側にラブホがありますよ。

個別記事の管理2008-10-21 (Tue)
df2205ae.JPG母と久しぶりに、交わってから数日後。。。。

母、妹と、食事をすませた後、リビングでテレビを見ていた。
相変わらず、父は仕事から帰ってくるのが遅い。
妹は、テレビが面白くなかったのか、自分の部屋に行ってしまった。
母は、どこだ・・・・?

「あれっ・・・」、キッチンにも母の姿は無い。
どこに行ったのか、母を捜していると・・・・。

お風呂に誰か入っている事に気が付いた。
脱衣所に、そーっと入る。
脱いだ下着を見ると、母のだ。妹のブラは、こんなに大きくない。
なんか無性に興奮してきた僕は、母の下着を肉棒に巻きつけシゴキだしてしまった。

その時。
「コラッ!!マサヤ。何してるの?」
風呂場の扉が開いて、ビックリした顔の母が立っていた。
僕は、少しビックリしたが、シゴクのを止めずに母を見た。

母の全裸を見るのは、久しぶりだった。
ムッチリとした身体。メリハリがきいてる身体。
少し垂れているが大きくて柔らかそうな胸。
アソコの毛は、薄めだ。

「お母さんの身体を見ながらオナニーしていい?」
母は、少し戸惑っていたが、
「・・・・イイけど・・・。」
そう言いながら、お風呂場の椅子に腰掛けた。
僕は、脱衣所に立ったまま、肉棒をシゴイてる。

「マサヤの凄いよ。先っぽが、パンパンになってる。
先っぽから、汁も出てきているよ。
お母さん、我慢出来なくなっちゃう。
私も、オナニーしてイイ????」
母も、興奮したのか、足を広げアソコをイジりだした。

僕は、母を見下ろし、母は、僕を見上げながら、オナニーを見せ合った。
異常な状況に、僕も母も、興奮していた。

「お母さん、自分でアソコを拡げて・・・。
僕がいない間、いつもそうしてたのかい?」
「ああん、そうよ。そう。お父さんのじゃ満足できないから。
いつも1人で、イジってるの。」

「マサヤもでしょ?マサヤも、私の事思い出して1人で、してたんでしょ。」
「そうだよ!いつもお母さんの子宮に精子をぶちまける事を想像して、
1人でオナニーしてるんだよ。」
「あぁぁ~、そんな・・・・。中に出すなんて・・・・。
そんな事、想像して・・・・。いゃ・・らしぃ・・・

「あぁ~あ、もう出そうだよ、お母さん。」
「私も、逝っちゃいそう。」

「お母さんのマンコにぶっかけてイイ?
「えっ・・・。私のアソコに・・・・」

「お願い。・・・・もう出ちゃう。マンコ拡げて!」
「イイわ。かけて。お母さんのアソコに、マサヤの精子をぶっかけて!!」

僕は、しゃがんで肉棒をマンコの近くに持っていった。

「出るよ。ぶっかけるよ!」
「イイよ。出して。出して。いっぱい出して。」

母のマンコめがけて、精子をぶちまけた。

「あ~あ~ぁ~。凄い。凄い。マサヤの精子がイッパイ出てる。
お母さんのアソコが、マサヤの精子で、真っ白・・・・。
あ~、熱い。マサヤの精子、熱いわよ。

僕は、あまりの気持ちよさに、しばらく身体がしびれて動けなかった。

・・・・・・。

「あ~、気持ちよかった。
お母さんのアソコ、僕の精子でベトベトになっちゃったね。」
「私も気持ちよかった・・・。もう少しお風呂に入るから、マサヤは出て行ってね」
そう言うと、母は風呂場の扉を閉めた。
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

No title * by ちんこまん
この頃のブログ いいね

No title * by 纐纈電化ショップ有松駅前店
 親子で自慰行為ですか?  (*_*):-O(゜ロ゜)