個別記事の管理2008-10-21 (Tue)
df2205ae.JPG母と久しぶりに、交わってから数日後。。。。

母、妹と、食事をすませた後、リビングでテレビを見ていた。
相変わらず、父は仕事から帰ってくるのが遅い。
妹は、テレビが面白くなかったのか、自分の部屋に行ってしまった。
母は、どこだ・・・・?

「あれっ・・・」、キッチンにも母の姿は無い。
どこに行ったのか、母を捜していると・・・・。

お風呂に誰か入っている事に気が付いた。
脱衣所に、そーっと入る。
脱いだ下着を見ると、母のだ。妹のブラは、こんなに大きくない。
なんか無性に興奮してきた僕は、母の下着を肉棒に巻きつけシゴキだしてしまった。

その時。
「コラッ!!マサヤ。何してるの?」
風呂場の扉が開いて、ビックリした顔の母が立っていた。
僕は、少しビックリしたが、シゴクのを止めずに母を見た。

母の全裸を見るのは、久しぶりだった。
ムッチリとした身体。メリハリがきいてる身体。
少し垂れているが大きくて柔らかそうな胸。
アソコの毛は、薄めだ。

「お母さんの身体を見ながらオナニーしていい?」
母は、少し戸惑っていたが、
「・・・・イイけど・・・。」
そう言いながら、お風呂場の椅子に腰掛けた。
僕は、脱衣所に立ったまま、肉棒をシゴイてる。

「マサヤの凄いよ。先っぽが、パンパンになってる。
先っぽから、汁も出てきているよ。
お母さん、我慢出来なくなっちゃう。
私も、オナニーしてイイ????」
母も、興奮したのか、足を広げアソコをイジりだした。

僕は、母を見下ろし、母は、僕を見上げながら、オナニーを見せ合った。
異常な状況に、僕も母も、興奮していた。

「お母さん、自分でアソコを拡げて・・・。
僕がいない間、いつもそうしてたのかい?」
「ああん、そうよ。そう。お父さんのじゃ満足できないから。
いつも1人で、イジってるの。」

「マサヤもでしょ?マサヤも、私の事思い出して1人で、してたんでしょ。」
「そうだよ!いつもお母さんの子宮に精子をぶちまける事を想像して、
1人でオナニーしてるんだよ。」
「あぁぁ~、そんな・・・・。中に出すなんて・・・・。
そんな事、想像して・・・・。いゃ・・らしぃ・・・

「あぁ~あ、もう出そうだよ、お母さん。」
「私も、逝っちゃいそう。」

「お母さんのマンコにぶっかけてイイ?
「えっ・・・。私のアソコに・・・・」

「お願い。・・・・もう出ちゃう。マンコ拡げて!」
「イイわ。かけて。お母さんのアソコに、マサヤの精子をぶっかけて!!」

僕は、しゃがんで肉棒をマンコの近くに持っていった。

「出るよ。ぶっかけるよ!」
「イイよ。出して。出して。いっぱい出して。」

母のマンコめがけて、精子をぶちまけた。

「あ~あ~ぁ~。凄い。凄い。マサヤの精子がイッパイ出てる。
お母さんのアソコが、マサヤの精子で、真っ白・・・・。
あ~、熱い。マサヤの精子、熱いわよ。

僕は、あまりの気持ちよさに、しばらく身体がしびれて動けなかった。

・・・・・・。

「あ~、気持ちよかった。
お母さんのアソコ、僕の精子でベトベトになっちゃったね。」
「私も気持ちよかった・・・。もう少しお風呂に入るから、マサヤは出て行ってね」
そう言うと、母は風呂場の扉を閉めた。
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

No title * by ちんこまん
この頃のブログ いいね

No title * by 纐纈電化ショップ有松駅前店
 親子で自慰行為ですか?  (*_*):-O(゜ロ゜)

個別記事の管理2008-10-19 (Sun)
c674fa7f.jpg家に帰省してから、1週間が経ったある日。。。

帰省した日に、母の口に出してから1週間。。
あれから、妹が家に居る事が多く、なかなか母と関係できない。
僕も、溜まってきたので、自分で処理しようかと思ってた時、母が部屋にやって来た。

「マサヤ、何してるの?
母は、何か良い事があったのか、ニヤニヤしてる。
「別に・・・。何もしてないよ。」

「今、クミコ寝てるのよ。テレビ見てたら寝ちゃったみたい。」
僕は、その一言で、すべてを察した。
母に、机に手をつかせ、僕は後ろに回り込んだ。
スカートを巻くりあげ、下着の上からアソコを触った。
「あっ・・・、んん」
下着の横から指を入れ、アソコに直接触れた。
「うわっ。スゲー。ベトベトじゃん
「もぅ~、イイじゃない。私も我慢してたのよ。」

母のアソコに指を突っ込んだ。
ヌルヌルしてて、暖かい。時々、ヒクヒクっと指を締めてくる。
僕は、指を1本、2本と入れながら、指マンをする。
「あ~っ。う・う・う・っっ。ダメ・・・ダ・・メ・・・」
母は、必死で声を堪えてる。

あまり時間をかけてると、いつ妹が起きるかもしれない。
僕は、急いでズボンを下げると、
「もう挿れるよ。
と、言うのと同時に母のアソコに、肉棒を突き刺した。
「うぐぐ・・・。あっ、い・・・・い・・・。熱い。マサヤの肉棒、熱い。」
久しぶりに味わう母のアソコ。
若い子と違って、僕の肉棒に絡みついてくる感じが好きだ。

「突いて、突いて・・・。奥まで突いて。」
「うぅ、やっぱりお母さん、サイコーだよ。」
「ホント? 私も、マサヤの固いのが一番好き。」
僕は、たまらずピッチをあげて、突きまくった。

「あ、出そう。
「イイわよ。出して。」
「中に出して良い???」
「ダメよ。それは、ダメ。飲んであげるから、口に出して。」
母は、腰をずらして抜くと、僕の前にしゃがみ込み、肉棒を咥え込んだ。
と、同時に、1週間分の精子が大量に出た。

ゴクゴクと喉を鳴らしながら、飲み干した母。
飲み終わると、肉棒をしごき、残りの分まで搾り出して啜った。
「いつもイッパイ出すから、飲むのに大変。
「どう、マサヤ。気持ちよかった?」
「うん。サイコー」
僕は、ティシュで拭きながら答えた。

「でも、今日は、早く出ちゃったね。もっとして欲しかったのに・・・」
「だって、溜まってたからしょうがないだろ。クミコも、いつ起きてくるかわからないし。」
母は、少々不満げで、部屋を出て行った。
* Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

No title * by 纐纈電化ショップ有松駅前店
 私も、口でやって欲しい!